人付き合い

人付き合いが上手な人と下手な人の
30の違い

  • 人付き合いが下手な人は、
    自分に優しく、
    他人に厳しい。
    人付き合いが上手な人は、
    自分に厳しく、
    他人に優しい。
人付き合いが上手な人と下手な人の30の違い

もくじ

人付き合いが下手な人は、自分に優しく、他人に厳しい。
人付き合いが上手な人は、自分に厳しく、他人に優しい。

人付き合いが下手な人は、自分に優しく、他人に厳しい。人付き合いが上手な人は、自分に厳しく、他人に優しい。

自分に厳しくするか、優しくするか。
他人に厳しくするか、優しくするか。
これらの違いは、人付き合いの善しあしに影響するポイントです。

人付き合いが下手な人は、すべての人に好かれようとする。
人付き合いが上手な人は、大切な人に好かれようとする。

人付き合いが下手な人は、すべての人に好かれようとする。人付き合いが上手な人は、大切な人に好かれようとする。

「誰に好かれたいですか」
そう聞かれたとき「すべての人に好かれたい」と考える人が多いでしょう。
嫌われるのは誰にとっても嫌なこと。

人付き合いが下手な人は、挨拶に消極的。
人付き合いが上手な人は、常に自分から挨拶をしようとする。

人付き合いが下手な人は、挨拶に消極的。人付き合いが上手な人は、常に自分から挨拶をしようとする。

人付き合いが下手な人は、挨拶に消極的です。
挨拶の重要性を軽視していて、傲慢な考えがあります。
「挨拶が面倒なので省きたい」

人付き合いが下手な人は、平気で悪口・陰口を言う。
人付き合いが上手な人は、悪口・陰口を言わず、賛同もしない。

人付き合いが下手な人は、平気で悪口・陰口を言う。人付き合いが上手な人は、悪口・陰口を言わず、賛同もしない。

嫌いな人がいると、悪口・陰口を言いたくなるかもしれません。
本人のいないところで、その人を悪くののしりたいかもしれませんが、人付き合いでは注意したい行動です。
人付き合いが下手な人は、平気で悪口・陰口を言います。

人付き合いが下手な人は、感謝の言葉が1日10回未満。
人付き合いが上手な人は、感謝の言葉が1日10回以上。

人付き合いが下手な人は、感謝の言葉が1日10回未満。人付き合いが上手な人は、感謝の言葉が1日10回以上。

人付き合いが下手な人は、感謝の言葉をあまり言いません。
「ありがとうございます」を言う回数が少ない。
もちろん素直にお礼を言うときもありますが、全体的に少ない。

人付き合いが下手な人は、相手の欠点を探す癖がある。
人付き合いが上手な人は、相手の美点を探す習慣がある。

人付き合いが下手な人は、相手の欠点を探す癖がある。人付き合いが上手な人は、相手の美点を探す習慣がある。

どんな人にも美点と欠点があります。
欠点だけの人はいません。
美点だけの人もいません。

人付き合いが下手な人は、絶対嘘をつかない。
人付き合いが上手な人は、上手に嘘をつく。

人付き合いが下手な人は、絶対嘘をつかない。人付き合いが上手な人は、上手に嘘をつく。

人付き合いが下手な人は、絶対嘘をつこうとしません。
「嘘は絶対ダメ」
「嘘をつく人は不誠実」

人付き合いが下手な人は、守れない約束でも、簡単にうなずく。
人付き合いが上手な人は、守れない約束なら、勇気を持って断る。

人付き合いが下手な人は、守れない約束でも、簡単にうなずく。人付き合いが上手な人は、守れない約束なら、勇気を持って断る。

人付き合いが下手な人は、守れない約束でも、簡単にうなずきます。
「仕事ができる人間と思われたい」という虚栄心。
「断ると、相手に嫌われるのではないか」という不安。

人付き合いが下手な人は、感情的になれば、その場で発言する。
人付き合いが上手な人は、一度頭を冷やしてから発言する。

人付き合いが下手な人は、感情的になれば、その場で発言する。人付き合いが上手な人は、一度頭を冷やしてから発言する。

人との会話中、感情的になってしまう瞬間があります。
たとえば、傷つく一言を言われると、感情が乱れて、誰でも気分が悪くなるでしょう。
特に名誉やプライドに関することは、たった一言の失言でも、むっとされます。

人付き合いが下手な人は、話の流れに押され、他人のプライバシーをぺらぺら話す。
人付き合いが上手な人は、話の流れがあっても、他人のプライバシーをしっかり守る。

人付き合いが下手な人は、話の流れに押され、他人のプライバシーをぺらぺら話す。人付き合いが上手な人は、話の流れがあっても、他人のプライバシーをしっかり守る。

ある日、相手のプライバシーを知ることがあります。
信頼関係が深まり、相手が心を許せば、大切なプライバシーを告白してくれることがあるでしょう。
もしくは、とある出来事がきっかけで、相手の秘密を知ることもあるはずです。

人付き合いが下手な人は、第一印象に無関心。
人付き合いが上手な人は、第一印象に力を入れる。

人付き合いが下手な人は、第一印象に無関心。人付き合いが上手な人は、第一印象に力を入れる。

初対面の直感的な印象を「第一印象」と呼びます。
第一印象は、知り合った後の印象より、印象深く残りやすい傾向があります。
初対面では、まだ相手のことをよく知りません。

人付き合いが下手な人は、いきなり用件を話し始める。
人付き合いが上手な人は、用件の前にクッション言葉を使う。

人付き合いが下手な人は、いきなり用件を話し始める。人付き合いが上手な人は、用件の前にクッション言葉を使う。

依頼や相談をしたいときがあります。
普通に依頼や相談をすることもできますが、人付き合いの差が出る場面です。
言い方しだいで、快く応じてもらえることもあれば、こじれることもあるため、配慮が必要です。

人付き合いが下手な人は、すぐ年齢を聞きたがる。
人付き合いが上手な人は、必要になるまで聞かない。

人付き合いが下手な人は、すぐ年齢を聞きたがる。人付き合いが上手な人は、必要になるまで聞かない。

すべての人との出会いは、まず初対面から始まります。
初対面で気になることの1つが、相手の年齢ではないでしょうか。
「相手は、自分より年上だろうか年下だろうか」

人付き合いが下手な人は、秘密主義を貫く。
人付き合いが上手な人は、少しずつ自己開示をする。

人付き合いが下手な人は、秘密主義を貫く。人付き合いが上手な人は、少しずつ自己開示をする。

人付き合いが下手な人は、徹底した秘密主義です。
相手のプライベートは知りたがる割に、自分のプライベートは話そうとしません。
本音を言わず、建前ばかり。

人付き合いが苦手な人は、楽しませてもらうのが好き。
人付き合いが上手な人は、楽しませるのが好き。

人付き合いが苦手な人は、楽しませてもらうのが好き。人付き合いが上手な人は、楽しませるのが好き。

人付き合いが苦手な人は、楽しませてもらうのが好きです。
もちろん楽しませてもらうのが嫌いな人はいないでしょう。
面白い話で笑わせてほしい。

人付き合いが下手な人は、とにかく友達を増やしたがる。
人付き合いの上手な人は、友達を選んで仲を深めたがる。

人付き合いが下手な人は、とにかく友達を増やしたがる。人付き合いの上手な人は、友達を選んで仲を深めたがる。

人付き合いが下手な人は、とにかく友達を増やしたがります。
「友達がいれば、毎日が明るくて楽しくなる」
「人脈が広いほど、困ったときに役立つ」

人付き合いが下手な人は、相手の幸せを憎む。
人付き合いが上手な人は、相手の幸せを一緒に喜ぶ。

人付き合いが下手な人は、相手の幸せを憎む。人付き合いが上手な人は、相手の幸せを一緒に喜ぶ。

人の幸せに対する反応はそれぞれです。
人の幸せを一緒に喜ぶ人もいれば、嫉妬して悔しがる人もいます。
「相手の幸せは自分に関係ない」と思いますが、受け止め方次第です。

人付き合いが下手な人は、お礼を後回しにする。
人付き合いが上手な人は、お礼は当日中にする。

人付き合いが下手な人は、お礼を後回しにする。人付き合いが上手な人は、お礼は当日中にする。

行為や親切を受けたときには、お礼です。
たとえば、忙しい人と会って打ち合わせをしたとしましょう。
相手は忙しい中、貴重な時間を割いてくれました。

人付き合いが下手な人は、メールで謝罪を済ませる。
人付き合いが上手な人は、対面か電話で謝罪する。

人付き合いが下手な人は、メールで謝罪を済ませる。人付き合いが上手な人は、対面か電話で謝罪する。

うっかり人に迷惑をかけてしまうことがあります。
相手に迷惑をかけたときは、謝罪です。
たとえ悪気がなくても、相手に迷惑をかけたときは、きちんと謝るのがマナーです。

人付き合いが下手な人は、合わない価値観は認めず、自分の価値観を押し付ける。
人付き合いが上手な人は、さまざまな価値観を認め、受け入れる。

人付き合いが下手な人は、合わない価値観は認めず、自分の価値観を押し付ける。人付き合いが上手な人は、さまざまな価値観を認め、受け入れる。

世の中には、さまざまな価値観が存在します。
読書・旅行・映画鑑賞が好きな人もいれば、嫌いな人もいます。
インドア派の人もいれば、アウトドア派の人もいます。

人付き合いが下手な人は「プレゼントをあげないといけない」と考えている。
人付き合いが上手な人は「プレゼントをあげたい」と考えている。

人付き合いが下手な人は「プレゼントをあげないといけない」と考えている。人付き合いが上手な人は「プレゼントをあげたい」と考えている。

年に数回ほど、プレゼントを贈るタイミングがあります。
最も代表的な日といえば、やはり誕生日でしょう。
相手が恋愛対象なら、バレンタインデー・ホワイトデー・クリスマスなどもプレゼントを贈りやすいタイミングです。

人付き合いが下手な人は、残る贈り物をする。
人付き合いが上手な人は、残らない贈り物をする。

人付き合いが下手な人は、残る贈り物をする。人付き合いが上手な人は、残らない贈り物をする。

人付き合いでは、贈り物をすることがあります。
お歳暮やお中元、記念や行事の贈答品、誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントなどです。
相手が喜んでもらえるものを贈ろうと思いますが、どんなものを贈るかが大切です。

人付き合いが下手な人は、1円単位の割り勘をする。
人付き合いが上手な人は、大まかな割り勘をする。

人付き合いが下手な人は、1円単位の割り勘をする。人付き合いが上手な人は、大まかな割り勘をする。

飲食店で人と食事をした際、食事代を割り勘にすることがあります。
上下関係があっておごることもありますが、特に理由がなければ、割り勘にすることも多いでしょう。
割り勘をするとき、金額の計算の仕方に、人付き合いのセンスが表れます。

人付き合いが下手な人は、イベントにいつも不参加。
人付き合いが上手な人は、社交としてできるだけ参加する。

人付き合いが下手な人は、イベントにいつも不参加。人付き合いが上手な人は、社交としてできるだけ参加する。

人付き合いでは、時にイベントが催されることがあります。
歓迎会や送別会。
新年会や忘年会。

人付き合いが下手な人は、親しくなって、態度が悪くなる。
人付き合いが上手な人は、どれだけ親しくなっても、最低限の礼儀は守る。

人付き合いが下手な人は、親しくなって、態度が悪くなる。人付き合いが上手な人は、どれだけ親しくなっても、最低限の礼儀は守る。

人付き合いは、親しくなるにつれて遠慮のない接し方が増えていきます。
初対面では堅苦しい雰囲気でも、コミュニケーションが増えると理解が深まり、打ち解けていきます。
ニックネームで呼び合うようになる。

人付き合いが下手な人は、相手を変えようとする。
人付き合いが上手な人は、自分を変えようとする。

人付き合いが下手な人は、相手を変えようとする。人付き合いが上手な人は、自分を変えようとする。

人間関係では摩擦がつきもの。
人付き合いでは「相手に変わってほしい」と思う瞬間があります。
たとえば、相手の言葉遣いや態度が角立っているので、直してほしいと思うことがあるとします。

人付き合いが下手な人は、次に会う予定を後日考える。
人付き合いが上手な人は、次に会う予定を決めてから別れる。

人付き合いが下手な人は、次に会う予定を後日考える。人付き合いが上手な人は、次に会う予定を決めてから別れる。

人と会って歓談を楽しみ、お別れをします。
別れ際に、人付き合いが上手な人と下手な人に違いがあります。
人付き合いが下手な人は、次に会う予定を後日考えます。

人付き合いが下手な人は、話しきってから解散する。
人付き合いが上手な人は、話が盛り上がっているうちに解散する。

人付き合いが下手な人は、話しきってから解散する。人付き合いが上手な人は、話が盛り上がっているうちに解散する。

人と雑談を楽しむとき、どのタイミングで終えるかが大切です。
もちろんビジネスの会議なら、まず用件を済ませることが第一です。
話し合って決めなければいけないことがあるなら、結論が出るまで議論を続けることも必要でしょう。

人付き合いが下手な人は、お金を貸して友達を失う。
人付き合いが上手な人は、お金を貸すくらいならあげてしまう。

人付き合いが下手な人は、お金を貸して友達を失う。人付き合いが上手な人は、お金を貸すくらいならあげてしまう。

ある日、大切な人からお金の悩みで相談されることがあります。
「お金がないから貸してほしい」と。
身近な人がお金に困っていれば、助けたくなるのが人情。

人付き合いが下手な人は、付き合い方を反省も改善もしない。
人付き合いが上手な人は、反省・改善・吸収の習慣がある。

人付き合いが下手な人は、付き合い方を反省も改善もしない。人付き合いが上手な人は、反省・改善・吸収の習慣がある。

最初から人付き合いが上手な人はいません。
どんな人でも、人付き合いが下手な状態からスタートします。
最初はどんなことが迷惑になるのかわかりません。

同じカテゴリーの作品