公開日:2021年12月11日
執筆者:水口貴博

大人の気遣いができる人になる
30の方法

  • 大人の場所には、
    子どもを連れていないのがマナー。
大人の気遣いができる人になる30の方法

「今話しかけても大丈夫かな」と考えることが、大人の気遣い。

「今話しかけても大丈夫かな」と考える習慣を持つことです。
話しかけるタイミングとはいえ、気遣いを心がけたいポイントの1つです。
タイミングによっては、思わぬ事故やトラブルを招くことがあるからです。

「今話しかけても大丈夫かな」と考えることが、大人の気遣い。

相手の荷物になるプレゼントは、もはやダンベルと同じ。
プレゼントが上手な人は、相手の荷物にならないか考える。

プレゼントをいただいて、困る状況があります。
普通はプレゼントをいただくと嬉しいものですが、贈り方を誤ると、相手の迷惑になることがあります。
たとえば、出張先でプレゼントをいただくときです。

相手の荷物になるプレゼントは、もはやダンベルと同じ。プレゼントが上手な人は、相手の荷物にならないか考える。

フォローが下手な人は、話が否定で終了する。
フォローが上手な人は、否定の後に代替案を提示する。

フォローが上手な人と下手の違いはどこに出るのでしょうか。
その1つが「否定の回答をするとき」にあります。
「NO」という返事をするとき、否定の言葉だけで終わらせるのはよくありません。

フォローが下手な人は、話が否定で終了する。フォローが上手な人は、否定の後に代替案を提示する。

人が何かを楽しんでいるとき、わざわざ否定することを言わない。

人が何かを楽しんでいるとき、わざわざ否定することを言う人がいます。
テレビを見ているとき「この芸能人、嫌い」と言う人がいます。
料理を味わっているとき「その料理、まずいから嫌い」と言う人がいます。

人が何かを楽しんでいるとき、わざわざ否定することを言わない。

傘の巻き方に、その人の品性が現れる。

品性を高めるポイントの1つは「傘の巻き方」です。
雨の日には傘を使います。
使い終わった傘はくるくる巻いて傘置きに立てますが、このときどんな巻き方をするかです。

傘の巻き方に、その人の品性が現れる。

町なかで有名人を見かけても、安易に声をかけない。
プライベートを尊重して、声をかけないのが粋なマナー。

町なかを歩いていると、ときどき有名人を見かけることはありませんか。
芸能人、アイドル、スポーツ選手などなど。
水族館・博物館・テーマパークなど、意外な場所で見かけることもあるでしょう。

町なかで有名人を見かけても、安易に声をかけない。プライベートを尊重して、声をかけないのが粋なマナー。

ため息をつく人を悪く言ってはいけない。
優しくいたわる人になろう。

「はぁ~」
あなたの周囲にため息をつく人はいませんか。
そばでため息を聞かされるのは気分がよくありません。

ため息をつく人を悪く言ってはいけない。優しくいたわる人になろう。

痛いところを突かれて逆ギレすることほど、かっこ悪い姿はない。

ときどき痛いところを突かれたとき、逆ギレをする人がいます。
ひるんではかっこ悪いと思っているのか、真っ赤に顔を赤らめて、大きな声で激しく怒りをまき散らします。
「あなたは失礼だ!」

痛いところを突かれて逆ギレすることほど、かっこ悪い姿はない。

大人の場所には、子どもを連れていないのがマナー。

大人の場所に子どもを連れて行くのは要注意です。
家族連れで飲食を楽しみたいとき、大人の場所が選択肢に入ることがあるでしょう。
たとえば、大人のカフェやレストランです。

大人の場所には、子どもを連れていないのがマナー。

だるいからといって、ごみをごみ箱に投げてはいけない。

ときどき席に座ったまま、ごみをごみ箱に投げる人がいます。
ちょっと離れたところから、バスケのプレイのように、ごみをぽいっとシュートするのです。
気持ちはわかるのです。

だるいからといって、ごみをごみ箱に投げてはいけない。

「3分だけよろしいでしょうか」と話しかけて、長話になるのはマナー違反。

職場で人に話しかけるとき、まず相手に許可を求めます。
「3分だけよろしいでしょうか」
「5分だけよろしいでしょうか」

「3分だけよろしいでしょうか」と話しかけて、長話になるのはマナー違反。

違和感に気づけることがセンス。
素晴らしい感性がある証拠。

日常ではあるとき「違和感」に気づくことがあるでしょう。
どことなくいつもと違う様子があって落ち着きません。
しっくりしない感覚があって、気持ち悪さを感じることがあるでしょう。

違和感に気づけることがセンス。素晴らしい感性がある証拠。

窓の外をぼんやり眺めている人にも「話しかけて大丈夫かな」という気遣いは必要。

仕事中に窓の外をぼんやり眺めている人がいます。
じっとしていて、仕事をしている様子はありません。
動きがなく、ぼうっとしていて、暇そうに見えるでしょう。

窓の外をぼんやり眺めている人にも「話しかけて大丈夫かな」という気遣いは必要。

頑張っている人に「頑張れ」と声をかけてはいけない。

頑張っている人に「頑張れ」と声をかけてはいけません。
頑張っている人は、すでに頑張っています。
頑張っている人に「頑張れ」と声をかけても「もう頑張っているよ」と思われるだけです。

頑張っている人に「頑張れ」と声をかけてはいけない。

直接相手に協力できなくても、話を聞くくらいならできるはずだ。

困っている人がいて助けたくても、直接手を貸せないときがあります。
できる範囲で助けたいところですが、難しい状況があるでしょう。
仕事に悩んでいる人がいるからといって、相手の職場まで行って仕事を手伝うのは無理があります。

直接相手に協力できなくても、話を聞くくらいならできるはずだ。

ハイヒールを履いてみると、女性の気持ちが理解できる。
もっと女性に優しくなれる。

男性が女性の気持ちを理解するなら、一度ハイヒールを履いてみることをおすすめします。
「女装をしろ」と言っているわけではありません。
女性の気持ちを理解するなら、実際にハイヒールを履いて歩いてみるのが手っ取り早いのです。

ハイヒールを履いてみると、女性の気持ちが理解できる。もっと女性に優しくなれる。

ネガティブな話題で雰囲気が暗くなったときは「話題を変えましょう」の一言が役立つ。

人と会話をしているとき、ネガティブな話題になってしまうことがあります。
愚痴、悪口、噂話など、ネガティブな話題になることがあるでしょう。
社会の混乱や経済状況の悪化など、未来への不安の話題になることもあるはずです。

ネガティブな話題で雰囲気が暗くなったときは「話題を変えましょう」の一言が役立つ。

当事者意識のない人は、理解のない言葉を発する。
当事者意識のある人は、理解のある言葉を発する。

理解のない言葉を発するのは、当事者意識がないからです。
当事者意識がない人は自己中心的な見方をするようになります。
見たまま・感じたままの印象で率直に判断するため、少しでも気に入らないことがあればすぐ感情的になります。

当事者意識のない人は、理解のない言葉を発する。当事者意識のある人は、理解のある言葉を発する。

配慮の一言があれば、相手の話を遮っても失礼にならない。
「話の腰を折るようですみません」と言えばいいだけ。

相手の話を遮るのは注意が必要です。
話の腰を折られて嬉しい人はいません。
会話は、できるだけ流れを大切にしながら進めていくのが良いでしょう。

配慮の一言があれば、相手の話を遮っても失礼にならない。「話の腰を折るようですみません」と言えばいいだけ。

同じところで何枚も写真を撮らない。
限度を超えると、品位を損なう。

同じところで何枚も写真を撮る人がいます。
写真を撮っては確認して削除して、また撮っては確認して削除することを、繰り返しています。
「これはアングルがよくない」

同じところで何枚も写真を撮らない。限度を超えると、品位を損なう。

写真を撮ってもらったら「お撮りしましょうか」と声をかけるのがマナー。

旅先で誰かに写真撮影を手伝ってもらいたいときがあります。
シャッタータイマーを使おうにも、カメラを立てるようなところがなくて困ることがあるでしょう。
自撮り棒があったとしても限界があります。

写真を撮ってもらったら「お撮りしましょうか」と声をかけるのがマナー。

「お撮りしましょうか」という気遣いを断るとき、大切にしたいマナー。

旅先でほかの観光客から「お撮りしましょうか」と声をかけられることがあるでしょう。
絶妙のタイミングで親切に声をかけてくれる人がいるものです。
誰かに撮ってもらいたいと思っていたところであればベストタイミング。

「お撮りしましょうか」という気遣いを断るとき、大切にしたいマナー。

結論から話す癖をつけるだけで、伝え方のスキルが劇的に向上する。

入社したら、まず結論から話す癖をつけてください。
これはビジネスコミュニケーションの基本であり、新人にとって欠かすことのできないポイントです。
上司や先輩に仕事の報告をする際は、まず結論から話し始めましょう。

結論から話す癖をつけるだけで、伝え方のスキルが劇的に向上する。

「言わなくてもわかる」と考える人ほど、ぼける。
言わなくてもわかることであってもきちんと口に出して伝える人は、ぼけない。

ぼける人に目立つのは「言わなくてもわかる」という考え方です。
いわゆる、以心伝心です。
たしかに長い付き合いであれば「言わなくてもわかる」という状況はあるでしょう。

「言わなくてもわかる」と考える人ほど、ぼける。言わなくてもわかることであってもきちんと口に出して伝える人は、ぼけない。

久々に友人と会ったとき「太った?」と言ってはいけない。

人間関係で注意したい一言があります。
久々に友人と会ったとき「太った?」と言わないことです。
もちろん明らかに太っているなら、まだいいのです。

久々に友人と会ったとき「太った?」と言ってはいけない。

うっかり相手の話の腰を折ってしまったら、すぐ元の話題に戻す。

会話の途中で、うっかり相手の話の腰を折ってしまうことはありませんか。
相手の話を聞いているうちに思い出したことがあって、相手から会話のバトンを奪って自分の話を始めます。
つい自分のことばかり話してしまい、気づくと相手の話の腰を折っているのです。

うっかり相手の話の腰を折ってしまったら、すぐ元の話題に戻す。

話が長くなりそうなときは、配慮の一言を添える。
「話が長くなってもいいですか」

どうしても話が長くなってしまうことがあるでしょう。
基本的に長話は嫌われます。
会話はキャッチボールです。

話が長くなりそうなときは、配慮の一言を添える。「話が長くなってもいいですか」

サインに自分の名前を添えてもらいたいときのマナーとは。

アイドル、芸能人、プロスポーツ選手など、サイン会に参加することがあるでしょう。
憧れの人のサインをもらえるのは貴重な機会です。
色紙を持って順番待ちをしながら、今か今かとわくわくどきどきしますね。

サインに自分の名前を添えてもらいたいときのマナーとは。

「それ何の役に立つの?」という質問はデリケート。

「それ何の役に立つの?」と質問する人がいます。
自分から見て、相手のしていることが理解できないと「それ何の役に立つの?」と質問したくなるかもしれません。
そこに悪気も悪意もないのかもしれませんが、軽々しく質問するのは注意したほうがいいでしょう。

「それ何の役に立つの?」という質問はデリケート。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION