大人の気遣いができる人になる
30の方法

  • なぜアパレル店員は、
    積極的な接客を仕掛けてくるのか。
大人の気遣いができる人になる30の方法

お店の出入り口で立ち止まるのはよくない。

ときどきお店の出入り口で立ち止まっている人がいます。
スマホを操作していたり友人とおしゃべりを楽しんでいたりです。
順番待ちときならいいのです。

お店の出入り口で立ち止まるのはよくない。

お見舞いが遅い人に文句を言ってはいけない。
遅かったのではなく、わざと遅らせたのだ。

大きなけがや病気をして、治療のため入院することがあります。
入院してすぐお見舞いに来てくれる人がいる一方、そうでない人もいます。
入院直後ではなく、何週間もたってからお見舞いに来てくれる人がいるでしょう。

お見舞いが遅い人に文句を言ってはいけない。遅かったのではなく、わざと遅らせたのだ。

すぐ顔に出る人を悪く言ってはいけない。
相手の感情を一目で確認できることほど、楽でありがたいことはない。

世の中にはすぐ顔に出る人がいるものです。
不快なことがあると、すぐむっとした表情になります。
ちょっとでも気分を害すると、すぐ眉をひそめ、口角が下がります。

すぐ顔に出る人を悪く言ってはいけない。相手の感情を一目で確認できることほど、楽でありがたいことはない。

あなたの今週の目標。
「買ったまま読んでいない本を読む」。

今週のあなたの目標を申し上げます。
「買ったまま読んでいない本を読む」です。
あなたの部屋の本棚には、買ったまま読んでいない本があることでしょう。

あなたの今週の目標。「買ったまま読んでいない本を読む」。

サボテンは、私たちに大切なことを教えてくれる先生。

砂漠で育つ多肉植物の代表といえば、サボテンです。
砂漠地帯は、降水量が非常に少なく、何日も雨の降らない日が続きます。
昼間は突き刺さるような強烈な日光が降り注ぎます。

サボテンは、私たちに大切なことを教えてくれる先生。

元気になれる歌を歌えるようになっておこう。
いざというとき、心の救いとなる。

「遭難したときは、歌を歌って過ごしました」
そんな生還者の体験談を耳にしたことはありませんか。
遭難したとき、悲観に暮れることを防ごうと歌を口ずさみます。

元気になれる歌を歌えるようになっておこう。いざというとき、心の救いとなる。

スーパースターが自分と同じ年齢のときに何をしていたのか知っても、動揺しない。

世の中には「スーパースター」と言われる人物がいます。
各界には、スーパースターと呼ばれる人物がいるでしょう。
過去のスーパースターもいれば、現在活躍中のスーパースターもいます。

スーパースターが自分と同じ年齢のときに何をしていたのか知っても、動揺しない。

「死ぬほど頑張っている」は、人から言われることはあっても、自分から言うセリフではない。

「死ぬほど頑張っています!」
声高らかに主張する人がいます。
全身全霊で取り組み、すべてを出し切るつもりで頑張っているのでしょう。

「死ぬほど頑張っている」は、人から言われることはあっても、自分から言うセリフではない。

大人の場所には、子供を連れていないのがマナー。

大人の場所に子供を連れていくのは要注意です。
家族連れで飲食を楽しみたいとき、大人の場所が選択肢に入ることがあるでしょう。
たとえば、大人のカフェやレストランです。

大人の場所には、子供を連れていないのがマナー。

運命を感じることがあれば、ほうっておかない。

日常では「運命」を感じることはありませんか。
出会い、出来事、シチュエーションなど、不思議な巡り合わせがあったり、あり得ないことが起こったりです。
心にびびっと衝撃が走って、不思議な感覚に包まれることがあるでしょう。

運命を感じることがあれば、ほうっておかない。

気合が入るから早歩きをするのではない。
早歩きをするから気合が入るのだ。

気合を入れたいなら、早歩きをしましょう。
「早歩きをするだけ?」と思いますが、早歩きをするだけです。
普段の1.5倍~2倍くらいのスピードで、きびきび歩いてみてください。

気合が入るから早歩きをするのではない。早歩きをするから気合が入るのだ。

違和感に気づけることがセンス。
素晴らしい感性がある証拠。

日常ではあるとき「違和感」に気づくことがあるでしょう。
どことなくいつもと違う様子があって落ち着きません。
しっくりしない感覚があって、気持ち悪さを感じることがあるでしょう。

違和感に気づけることがセンス。素晴らしい感性がある証拠。

大失態は、大爆笑のネタ。

大爆笑のネタを作りたいなら、大失態を経験してください。
大失態は、大爆笑のネタになるからです。
どんな大失態も、生命に関わるものを除き、最後は笑いのネタになります。

大失態は、大爆笑のネタ。

性格を変えられない一番の原因は「性格を変えられない」と思っていること。

「性格は変えられない」という声が聞かれます。
「三つ子の魂百まで」ということわざがあるように、幼いときに形成された性格は年齢を重ねても変わらないと言われています。
人の遺伝子にも性格に関する配列パターンが見つかっていて、先天的な要素があるのも事実です。

性格を変えられない一番の原因は「性格を変えられない」と思っていること。

人生は長いようで短いもの。
あっという間の連続だ。

私たちの人生は、どの年代もあっという間に終わるのが特徴です。
あっという間の10代。
あっという間の20代。

人生は長いようで短いもの。あっという間の連続だ。

ハイヒールを履いてみると、女性の気持ちが理解できる。
もっと女性に優しくなれる。

男性が女性の気持ちを理解するなら、一度ハイヒールを履いてみることをおすすめします。
「女装をしろ」と言っているわけではありません。
女性の気持ちを理解するなら、実際にハイヒールを履いて歩いてみるのが手っ取り早いのです。

ハイヒールを履いてみると、女性の気持ちが理解できる。もっと女性に優しくなれる。

負けたときにかっこいいのは、笑顔で相手の勝利をたたえること。

勝負には勝敗があります。
どうすればかっこいい負け方ができるでしょうか。
負けるとかっこ悪い姿を見せることになると思われがちですが、誤解です。

負けたときにかっこいいのは、笑顔で相手の勝利をたたえること。

ボージョレ・ヌーボーに不作は関係ない。
大切なのは、絶妙なキャッチコピー。

ボージョレ・ヌーボーといえば、絶妙なキャッチコピーで有名です。
ワインの出来栄えは天候によって左右されます。
好天に恵まれて豊作の年もあれば、悪天に悩まされて不作の年もあります。

ボージョレ・ヌーボーに不作は関係ない。大切なのは、絶妙なキャッチコピー。

無理に落ち着こうとするからうまくいかない。
「今の状況は動揺して当たり前」と思えば、落ち着ける。

災害には2種類あります。
(1)台風・地震・火山爆発などの自然災害
(2)火災・交通事故・公害などの人為災害

無理に落ち着こうとするからうまくいかない。「今の状況は動揺して当たり前」と思えば、落ち着ける。

ドアや引き戸を「ばんっ」と閉めない。
クローザーが付いていても、頼りすぎないこと。

ドアや引き戸を「ばんっ」と閉めないことです。
私たちの日常生活には至るところにドアや引き戸があり、触れない日はないでしょう。
部屋やトイレにはドアがあり、台所や押し入れには引き戸が一般的です。

ドアや引き戸を「ばんっ」と閉めない。クローザーが付いていても、頼りすぎないこと。

人が何かを楽しんでいるとき、わざわざ否定することを言わない。

人が何かを楽しんでいるとき、わざわざ否定することを言う人がいます。
テレビを見ているとき「この芸能人、嫌い」と言う人がいます。
料理を味わっているとき「その料理、まずいから嫌い」と言う人がいます。

人が何かを楽しんでいるとき、わざわざ否定することを言わない。

ボランティア活動をするなら「ごみ拾い」が手っ取り早い。

ボランティア活動をするにはどうすればいいのでしょうか。
ちょっと堅苦しい響きがあるためでしょうか。
大きな活動や立派な活動をしなければいけないと思うかもしれません。

ボランティア活動をするなら「ごみ拾い」が手っ取り早い。

勇ましく立ち向かうことだけが勇気ではない。
しっぽを巻いて逃げることも勇気。

「勇気」と言えば、どんなイメージを浮かべるでしょうか。
やはり思い浮かべるのは「勇ましく立ち向かう姿」ではないでしょうか。
勇気とは、物おじしないで向かっていく気力のことをいいます。

勇ましく立ち向かうことだけが勇気ではない。しっぽを巻いて逃げることも勇気。

なぜアパレル店員は、積極的な接客を仕掛けてくるのか。

アパレルショップに行くと、店内に入るやいなや店員が近づいてきて、接客が始まります。
「いらっしゃいませ。お仕事の帰りですか。そちらは出たばかりの新作です」
お願いしてもないのに詳しい案内が始まったり勝手におすすめされたりして、買い物のペースが乱されます。

なぜアパレル店員は、積極的な接客を仕掛けてくるのか。

久々に友人と会ったとき「太った?」と言ってはいけない。

人間関係で注意したい一言があります。
久々に友人と会ったとき「太った?」と言わないことです。
もちろん明らかに太っているなら、まだいいのです。

久々に友人と会ったとき「太った?」と言ってはいけない。

集中している人には、できるだけ声をかけない。
声をかけるなら、細心の注意を払う。

集中している人には、できるだけ声をかけないことです。
仕事中や勉強中など「今この人は集中モードだな」とわかることがあるでしょう。
表情や態度に真剣な雰囲気が漂っていると、一目で集中していることが読み取れます。

集中している人には、できるだけ声をかけない。声をかけるなら、細心の注意を払う。

疲れるのはいい。
疲れをためるのがいけない。

疲れるのはいいのです。
一生懸命頑張った証拠です。
しっかり頭や体を働かせた証拠です。

疲れるのはいい。疲れをためるのがいけない。

嬉しいときには「嬉しい」と伝えよう。
嬉しさを伝えるのに余計な装飾はいらない。

嬉しいことがあったときは、にこにこして明るい表情を浮かべるでしょう。
「ありがとうございます」とお礼を言うこともあるでしょう。
もちろん笑顔やお礼も大切ですが、その限りではありません。

嬉しいときには「嬉しい」と伝えよう。嬉しさを伝えるのに余計な装飾はいらない。

床を掃除することはあっても、天井を掃除することは少ない。
最後に天井を掃除したのはいつですか。

突然ですが質問です。
最後に天井を掃除したのはいつですか。
「天井の掃除なんて必要なの?」と思う人もいるかもしれません。

床を掃除することはあっても、天井を掃除することは少ない。最後に天井を掃除したのはいつですか。

「それ何の役に立つの?」という質問はデリケート。

「それ何の役に立つの?」と質問する人がいます。
自分から見て、相手のしていることが理解できないと「それ何の役に立つの?」と質問したくなるかもしれません。
そこに悪気も悪意もないのかもしれませんが、軽々しく質問するのは注意したほうがいいでしょう。

「それ何の役に立つの?」という質問はデリケート。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION