執筆者:水口貴博

恋愛センスを磨く
30の方法

12
1

たびたびほかの異性の話をする人は、
恋愛がうまくいかない。

たびたびほかの異性の話をする人は、恋愛がうまくいかない。 | 恋愛センスを磨く30の方法

恋愛がうまくいかない人は、好きな人の前でたびたびほかの異性の話をします。

もちろん絶対NGというわけではありません。

少しくらいならいいのです。

クラスや職場には少なからず異性がいるでしょう。

雑誌やテレビを見れば、自然と異性が目に飛び込んできます。

恋人の古い人間関係の中には、異性の友人もあるはずです。

話の流れから異性の話が出るのはよくあることです。

しかし、たびたびほかの異性の話をされたらどう感じるでしょうか。

雑誌を見ては「この人、魅力的だね」と言う。

テレビに映ったアイドルを見ては「この人、いいよね」と言う。

街で異性とすれ違ったとき「今の人、おしゃれだったね」と言う。

どれも何気ない一言かもしれませんが、あまりいいことではありません。

その人に好意があるような印象を与えるでしょう。

「ただの友人だよ」「会社の同僚だよ」「何でもない関係だよ」と言っても、すんなり納得してくれるとは限りません。

なかなか素直に信じてもらいにくい状況もあるでしょう。

丁寧な説明が必要になり、誤解を解くのに労力を要します。

相手の気を引くためにわざわざほかの異性の話を持ち出すの人もいますが、逆効果にしかなりません。

恋愛成就から遠のいてしまいます。

誤解が生まれ、うまくいく恋愛もうまくいかなくなるのです。

思いを寄せる人に振り向いてもらいたいなら、むやみにほかの異性の話を出さないことです。

異性の話は、兄弟姉妹などの家族だけにしておくのがいいでしょう。

たとえ幼なじみだとしても慎重になっておくことです。

誤解を招く話題は避けておくに越したことはありません。

禁止というわけではありませんが、たびたび話を持ち出すのは控えておくのが賢明です。

恋愛センスを磨く方法(12)
  • 好きな人の前で、たびたびほかの異性の話をしない。
嘘だとわかりつつ、信じているふりをしながら話を聞く人がモテる。

恋愛センスを磨く30の方法
恋愛センスを磨く30の方法

  1. 恋愛の特徴は、先に美点が見え、後から欠点が見えてくること。
    恋愛の特徴は、先に美点が見え、後から欠点が見えてくること。
  2. 初対面から深い話をしてもいい。
    初対面から深い話をしてもいい。
  3. 恋愛に完璧主義を持ち込まない。<br>60点主義でいこう。
    恋愛に完璧主義を持ち込まない。
    60点主義でいこう。
  4. ちょっと顎を引くだけで、あなたの印象は見違えるほど良くなる。
    ちょっと顎を引くだけで、あなたの印象は見違えるほど良くなる。
  5. 恋の勇気が出るファッションなら、迷わず買ってよし。
    恋の勇気が出るファッションなら、迷わず買ってよし。
  6. 恋のチャンスをつかむ人には、スピードがある。
    恋のチャンスをつかむ人には、スピードがある。
  7. ただモテることを目指すのではない。<br>好きな人に好かれ、結ばれることを目指す。
    ただモテることを目指すのではない。
    好きな人に好かれ、結ばれることを目指す。
  8. 空いた時間に会おうとすると、なかなか会えない。<br>会う予定は、先に立てよう。
    空いた時間に会おうとすると、なかなか会えない。
    会う予定は、先に立てよう。
  9. 「会うのが恥ずかしい」より「会うのが楽しみ」。
    「会うのが恥ずかしい」より「会うのが楽しみ」。
  10. 不器用な恋愛であってもいい。<br>誠実な恋愛であればうまくいく。
    不器用な恋愛であってもいい。
    誠実な恋愛であればうまくいく。
  11. デートの待ち合わせに遅刻するときでも、きちんと連絡を入れよう。
    デートの待ち合わせに遅刻するときでも、きちんと連絡を入れよう。
  12. たびたびほかの異性の話をする人は、恋愛がうまくいかない。
    たびたびほかの異性の話をする人は、恋愛がうまくいかない。
  13. 嘘だとわかりつつ、信じているふりをしながら話を聞く人がモテる。
    嘘だとわかりつつ、信じているふりをしながら話を聞く人がモテる。
  14. 感情のコントロールが未熟な人は、恋愛に恵まれない。
    感情のコントロールが未熟な人は、恋愛に恵まれない。
  15. 一緒にいて疲れる人とは、長く続かない。<br>一緒にいてリラックスできる人が、長く続く。
    一緒にいて疲れる人とは、長く続かない。
    一緒にいてリラックスできる人が、長く続く。
  16. 初デートは1次予選。<br>2回目のデートができれば「脈あり」と考えていい。
    初デートは1次予選。
    2回目のデートができれば「脈あり」と考えていい。
  17. 好きな人の前でかっこつけたいことも、立派なモチベーション。
    好きな人の前でかっこつけたいことも、立派なモチベーション。
  18. 嫌われまいとして言いたいことを我慢していると、結局嫌われる。
    嫌われまいとして言いたいことを我慢していると、結局嫌われる。
  19. 恋愛センスのない人は、相手の話を否定する。<br>恋愛センスのある人は、相手の話を肯定する。
    恋愛センスのない人は、相手の話を否定する。
    恋愛センスのある人は、相手の話を肯定する。
  20. 過去の恋愛失敗を反省しない人は、同じ過ちを繰り返す。
    過去の恋愛失敗を反省しない人は、同じ過ちを繰り返す。
  21. 恋愛センスがない人は、交際が成立しても、異性と遊びに出かける。<br>恋愛センスがある人は、交際が成立したら、軽率な行動を慎む。
    恋愛センスがない人は、交際が成立しても、異性と遊びに出かける。
    恋愛センスがある人は、交際が成立したら、軽率な行動を慎む。
  22. 片思いで終わっても、本気であれば、大恋愛をしたことになる。
    片思いで終わっても、本気であれば、大恋愛をしたことになる。
  23. 相手のミスやエラーに、むかむかするのではない。<br>笑顔で許して、元気に励まそう。
    相手のミスやエラーに、むかむかするのではない。
    笑顔で許して、元気に励まそう。
  24. 恋に苦しいときは、自分にエールの言葉を送ろう。<br>「いい恋をしているね!」
    恋に苦しいときは、自分にエールの言葉を送ろう。
    「いい恋をしているね!」
  25. 緊張のせいでデートの内容を思い出せなくてもいい。<br>緊張した記憶しかないことも、デートの良い思い出だ。
    緊張のせいでデートの内容を思い出せなくてもいい。
    緊張した記憶しかないことも、デートの良い思い出だ。
  26. 魔法の言葉「愛している」を唱えると、パートナーは愛の催眠術にかかる。
    魔法の言葉「愛している」を唱えると、パートナーは愛の催眠術にかかる。
  27. 交際関係であっても、恋人の秘密は口外しないこと。<br>たとえお酒が入っても、口外厳守を貫く。
    交際関係であっても、恋人の秘密は口外しないこと。
    たとえお酒が入っても、口外厳守を貫く。
  28. 恋人が欲しがっているプレゼントなら、少々高くても快くお金を出す。<br>余分に支払ったお金は、未来への投資だ。
    恋人が欲しがっているプレゼントなら、少々高くても快くお金を出す。
    余分に支払ったお金は、未来への投資だ。
  29. 交際前は、交際中の自分を想像しながら過ごそう。<br>交際中は、交際前の自分を思い出しながら過ごそう。
    交際前は、交際中の自分を想像しながら過ごそう。
    交際中は、交際前の自分を思い出しながら過ごそう。
  30. 多数の人に好かれるより、少数の人からとことん愛されるほうが幸せだ。
    多数の人に好かれるより、少数の人からとことん愛されるほうが幸せだ。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION