人付き合い

人間関係に疲れたときの
30の言葉

  • 人間関係の最大のコツは、
    相手にも自分にも、
    完璧を求めないこと。
人間関係に疲れたときの30の言葉

もくじ
  1. 人間関係の最大のコツは、相手にも自分にも、完璧を求めないこと。

    人間関係がうまくいかない人は、ある傾向があります。
    自分や相手に完璧を求める傾向です。
    「自分はきちんとしなければならない」

  2. 足を踏まれたときの態度が大切。

    電車やバスの中で、足を踏まれることがあります。
    特につま先を踏まれると、かなり痛く感じます。
    踏まれたときの自分の態度を振り返ってみてください。

  3. 人間関係が嫌になれば、切るのではなく、距離を置く。

    人間関係が嫌になったからといって、すぐ縁を切るのはよくありません。
    もちろん反社会的な人や団体なら、縁を切るのも分かります。
    悪事に走る人と関わると、自分にも被害が及ぶかもしれませんから、縁を切る選択肢もあるでしょう。

  4. 感謝の理由は、後から考えればいい。

    再会したときは、こう言いましょう。
    「この前は、ありがとうございました」
    相手は「何かしたかな」と驚くかもしれません。

  5. 当たり前の話に、1つの無駄もない。

    本を読んでいると、当たり前のことが書かれていることがあります。
    ・人と会ったときは挨拶する
    ・疲れたときは休憩する

  6. 褒め言葉に対する最高の返事は、褒め言葉。

    仕事をしていると、上司から嬉しい言葉を言われることがあります。
    褒め言葉です。
    「仕事がよくできていますね」

  7. ストレスがあるのはかまわない。
    よくないのは、ため込むこと。

    ストレスがあるのは、かまいません。
    適度なストレスは、緊張感を生み、仕事や勉強を効率化させる効果があります。
    競争相手がいるおかげで、意気込みが強くなるでしょう。

  8. ストレス発散のコツは、月・週・日の3段階で定例化させること。

    ストレスがあるのは、かまわないのです。
    適度なストレスは、仕事や勉強を効率化させる働きがあります。
    悪いのは、ストレスではなく、ため込むことです。

  9. 守れる自信がない約束は、しない。

    自分の信頼を高める方法があります。
    守れる自信のない約束をしないことです。
    あなたが約束をするかどうかの基準は何でしょうか。

  10. 外国語が流暢に話す人を、妬んでいませんか。

    身近に外国語を流暢に話す人はいませんか。
     
    たとえば、帰国子女です。

  11. 親交を深めるお金に、無駄はない。

    友達と会うと、大なり小なり、お金がかかります。
    遠くへ出かけたり、買い物をしたり、食事をしたりなどです。
    一緒においしいお酒を飲みながら、深い会話を楽しむこともあるでしょう。

  12. 友達の数を自慢する人に限って、親友はゼロ。

    友達の数を自慢する人は、まもなく友達が減っていきます。
     
    たしかに友達は多いかもしれませんが、自慢をし始めると、だんだん減っていくのです。

  13. 困ったとき、どういう表情をするか。

    困ったとき、どういう表情をしますか。
    困った表情といえば、不機嫌な表情が一般的です。
    眉間にしわをよせたり、しかめ面をしていたりなどが多いのではないでしょうか。

  14. 突然もらうプレゼントも、意外に嬉しい。

    ある日のこと、友達が急にプレゼントをしてくれました。
    「これ、どうぞ」と言って差し出したのは、お菓子でした。
    「急にどうしたの」と尋ねると「いつもお世話になっているので」と照れた顔で言いました。

  15. 人を騙さない。
    昼の世界で生きられなくなる。

    人を騙さないことです。
    人を騙して得をしても、一時的です。
    騙した人との人間関係は切れます。

  16. ほほえみは競走。
    相手より、先にほほえむ。

    ほほえみと挨拶は、似ています。
    何が似ているかというと、先手を打つ重要性です。
    人間関係では、挨拶の早さが大切です。

  17. 愛は、探すものではなく、掘り出すもの。

    「愛を探す」と言いますが、ナンセンスです。
    愛は、探すものではなく、掘り出すものです。
    探しに行かなくても、すでに持っています。

  18. 相手の年齢を忘れるとき、人間関係の可能性が広がる。

    自分の可能性を広げたければ、自分の年齢を忘れることです。
    私たちは無意識にうちに、年齢による固定観念に縛られています。
    自分の年齢を忘れると、固定観念も消えるため、自由な行動や発想ができるようになるのです。

  19. スーパーマンでさえ、変身するときは、隠れる。

    隠れるのが悪いこととは限りません。
    公の場で変身している姿を見せると、驚かれたり白けたりするでしょう。
    失敗やミスではありませんが、見た目がかっこ悪いのです。

  20. 誰も愛さない人は、誰からも愛されない。

    誰からも愛されない人には、共通点があります。
    誰も愛していないのです。
    「好きな人はいますか」と聞くと「いません」と答えます。

  21. 人が美しくなるのは、愛されるときより、愛するとき。

    美しくなりたいですか。
    美しくなるためには、化粧品も大切ですが、もっと大切にしたいことがあります。
    誰かを愛する姿勢です。

  22. 「この人も大変なのだろう」と思えば、冷静に受け止めやすくなる。

    ときどきいらいらしている人を見かけます。
    態度が悪かったり、言葉遣いが汚かったりです。
    何があったかは知りませんが、何かにいらいらしている態度の人です。

  23. 嫌いな人は、子犬のようなもの。
    なだめるように接しよう。

    子犬は、なぜかわいいのでしょうか。
    子犬は落ち着きがなく、よく吠えます。
    突然お漏らしをしたり、飛びかかってきたりします。

  24. お金持ちになりたければ、喧嘩を避けるためにお金を使う。

    喧嘩は不毛です。
    喧嘩をしても得はありません。
    喧嘩という手間が増えるだけでなく、無駄な時間や体力も消耗します。

  25. 不謹慎な発言かどうかは、クッション言葉で決まる。

    不謹慎な発言かどうかは、クッション言葉で決まります。
     
    たとえば、急に「もし親が死んだとき」という話をすると「不謹慎だな」と思います。

  26. 幸せの連鎖を、意識していますか。

    嬉しいことがあったとき「やった」と思います。
    「嬉しいな」「楽しいな」「幸せだな」と思い、しばらくの間、感動に浸るでしょう。
    感動の余韻を楽しんでいるところで申し訳ないのですが、その時間にしてほしいことがあります。

  27. 部下と良好な人間関係を築くコツ。

    自分が初めて上司になったときに困るのが、部下への接し方です。
    「生まれて初めて上司になった」ということは「生まれて初めて部下を持った」ということです。
    やはり初めての仕事は、どうしていいのか分からず、戸惑うものです。

  28. 友達がいれば必ず幸せとは限らないが、幸せな人には必ず友達がいる。

    友達がいれば、必ず幸せとは限りません。
    友達とはいえ、話しかけられる頻度が多いと、勉強や仕事の邪魔になることがあります。
    深夜に突然電話がかかって、睡眠を妨げられることもあるでしょう。

  29. 偉くなっても偉そうにしない人が、本当に偉い人。

    偉そうにしていると、人から嫌われます。
    たとえ地位が高くても、偉そうにしていると、やはり印象がよくありません。
    陰で「偉い人なんだろうけど、態度がちょっとね」と言われるに違いありません。

  30. すべての人は家族。

    すべての人は、家族です。
    現在の戸籍法にのっとった考え方では、まだ狭いです。
    「人類」という大きな枠組みで考えましょう。

同じカテゴリーの作品