執筆者:水口貴博

まとめ
(浪費癖を直す30の方法)
浪費癖を直す30の方法

  • 浪費癖があるなら、放置せず、今すぐ改善に取りかかる。
  • 「浪費癖を直す!」と、決意を固める。
  • 浪費癖を直すための2大ルールを理解する。
  • 家計簿をつける。
  • 電子マネーやクレジットカードの使用を控え、できるだけ現金払いを心がける。
  • クレジットカードの使用は慎重になる。 普段からクレジットカードを持ち歩きたいなら「VISAデビットカード」を検討する。
  • 目的の商品以外は、買わないようにする。
  • 買い物リストを作る習慣をつける。
  • 買い物をするときは、できるだけ明るい時間帯に行う。
  • 1カ月に使う生活費の上限を決めておく。
  • 財布に入れる現金を制限しておく。
  • 買い物以外で、できるだけお金のかからないストレス解消法を見つける。
  • 欲しいものを見つけたとき、その場ですぐ買わず、時間を置く習慣をつける。
  • 優越感を得るために買い物をするのはやめる。
  • 将来の計画を立てて、長期的な展望を持つ。
  • 貯蓄用口座を作って、お金を貯める喜びを実感する機会を作る。
  • 普段から我慢する経験を繰り返し、我慢する力を鍛えていく。
  • 贈り物や祝い金は、特別な関係を除き、きちんと相場を意識する。
  • 何でも新品でないと気が済まない考え方を改める。
  • むやみにポイントカードを作らない。
  • 少しだけ面倒くさいことを受け入れ、浪費の抑止につなげる。
  • 安易に安物を選ぶのではなく、品質にも注意を向ける。 長く使いたいものなら、品質を重視する。
  • 大きな買い物をした直後は、財布のひもに注意する。
  • 消費や投資が、実際は浪費になっていないか、自分のお金の使い方を振り返ってみる。
  • 酔った状態で、買い物をしない。
  • 浪費癖を直す仲間を作る。
  • 浪費癖と買い物依存症を区別して考える。
  • 買い物が心の隙間を埋める手段になっているなら、人間関係の改善に努める。
  • まったく浪費をしないより、たまには浪費してもいいことにする。
  • 浪費癖を直す方法を知って満足するのではなく、きちんと実行に移す。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION