金銭感覚

浪費癖を直す
30の方法

読んだ お気に入り3
24

浪費にもかかわらず、
消費や投資だと思い込んでいないか。

浪費にもかかわらず、消費や投資だと思い込んでいないか。 | 浪費癖を直す30の方法

浪費癖で一番怖いことがあります。

浪費にもかかわらず、浪費に気づいていないパターンです。

「これは浪費だ」と自覚があるなら、まだ救いがあります。

「この使い方はよくないね。次から気をつけよう」と思えます。

浪費の認識があるなら、きちんと反省して、改善することができます。

 

しかし、浪費にもかかわらず、浪費だと気づいていないなら問題です。

浪費に気づかなければ、反省のしようがなく、改善もありません。

いつまでも浪費が続いてしまい、お金が出ていくことになります。

「そんなことがあるのか」と思いますが、あるのです。

よくあるのが「浪費にもかかわらず、消費や投資だと思い込んでいる」というパターンです。

 

たとえば、食材です。

食材を買うお金といえば「消費」という認識が一般的ですが、ここに落とし穴があります。

食べるつもりで買ったものの、腐ったり賞味期限が切れたりして、食べることなく破棄することがあるでしょう。

食材を買っても、食べることがなければ、単なる無駄遣いです。

「これは消費だよね」と思っていても、結果として浪費になっています。

 

本代も油断できません。

本を買うお金といえば「投資」という認識が一般的ですが、ここにも落とし穴があります。

本を買っても、読むことがなければ、単なる無駄遣いです。

本は、きちんと読んで知識や知恵を吸収してこそ、意味があります。

本を買っただけで読まなければ、無駄遣いをしたことと同じであり、浪費になります。

 

スポーツジムの利用料金も注意が必要です。

スポーツジムは、利用してこそ意味があります。

きちんとスポーツジムに通い、体を鍛えるなら投資に当たりますが、まったく通わずサボってばかりなら浪費です。

利用しなければ、お金の無駄遣いをしていることになるため、投資ではなく浪費になります。

 

表向きの消費・投資にだまされないことです。

往々にして浪費は、目立たないところで、知らず知らずのうちに起こります。

自分では消費や投資のつもりであっても、結果を見れば、浪費になっていることが少なくありません。

いま一度、自分のお金の使い方を振り返ってみましょう。

きちんとお金が生かされているかチェックしてみてください。

表向きは消費や投資であっても、お金が生かされず無駄になっているなら、浪費です。

そのまま放置するのではなく、今すぐ改善に取り組みましょう。

まとめ

浪費癖を直す方法 その24
  • 消費や投資が、実際は浪費になっていないか、自分のお金の使い方を振り返ってみる。
酔った状態で、買い物をするな。

もくじ
浪費癖を直す30の方法
浪費にもかかわらず、消費や投資だと思い込んでいないか。 | 浪費癖を直す30の方法

  1. 浪費癖とは、人生をおとしめる邪悪な癖。
    一刻も早く直すことが大切。
  2. 浪費癖を直す第一歩は、決意から始まる。
  3. 浪費癖を直す方法は、2つだけ。
    お金のルールを作ること、金銭感覚を身につけること。
  4. 家計簿は、浪費癖を直す基本習慣。
  5. 現金払いは、金銭感覚を養う基本。
  6. 電子マネーやクレジットカードの使用には十分注意する。
  7. 目的の商品以外は、買わないようにする。
  8. 買い物リストは、なくて困ることはあっても、あって困ることはない。
  9. 暗い時間帯に買い物をすると、浪費癖が直らない。
    明るい時間帯に買い物をするから、浪費癖が直る。
  10. 1カ月に使う生活費の上限を決めておこう。
  11. 財布に入れる現金を制限しよう。
    持ち歩く現金を少額にすれば、自然と無駄遣いが減る。
  12. 買い物がストレス解消のメインになっているかぎり、浪費癖は直らない。
  13. どうすれば衝動買いを防げるのか。
  14. 優越感を求めるから、浪費癖になる。
  15. 将来の計画を立てると、お金のコントロールがうまくなる。
  16. 貯金用口座を作ると、お金の管理がスマートになる。
  17. 我慢は前頭葉のトレーニング。
    我慢する力を鍛えて、浪費癖を直していこう。
  18. 相場を無視した贈り物や祝い金は、浪費癖のもと。
  19. 何でも新品でないと気が済まない考え方は、浪費癖につながる。
  20. あなたの浪費癖は、ポイントカードが原因ではないか。
  21. 面倒くさいことを排除するのではない。
    少しだけ面倒くさいことを受け入れよう。
  22. 安物は、かえって高くつく。
  23. 余計な浪費は、大きな買い物をした直後に起こりやすい。
  24. 浪費にもかかわらず、消費や投資だと思い込んでいないか。
  25. 酔った状態で、買い物をするな。
  26. 仲間がいれば、苦しい浪費癖も楽しくなる。
  27. 浪費癖と買い物依存症の違いとは。
  28. 買い物が、心の隙間を埋める手段になっていないか。
  29. まったく浪費をしないより、たまには浪費したほうが、浪費癖は直る。
  30. 浪費癖を直す方法を知って満足しない。
    きちんと行動に移してこそ、意味がある。

同じカテゴリーの作品