人生の教科書



金銭感覚

浪費癖を直す
30の方法

お気に入り2 読んだ
24

浪費にもかかわらず、
消費や投資だと思い込んでいないか。

浪費にもかかわらず、消費や投資だと思い込んでいないか。 | 浪費癖を直す30の方法

浪費癖で一番怖いことがあります。

浪費にもかかわらず、浪費に気づいていないパターンです。

「これは浪費だ」と自覚があるなら、まだ救いがあります。

「この使い方はよくないね。次から気をつけよう」と思えます。

浪費の認識があるなら、きちんと反省して、改善することができます。

 

しかし、浪費にもかかわらず、浪費だと気づいていないなら問題です。

浪費に気づかなければ、反省のしようがなく、改善もありません。

いつまでも浪費が続いてしまい、お金が出ていくことになります。

「そんなことがあるのか」と思いますが、あるのです。

よくあるのが「浪費にもかかわらず、消費や投資だと思い込んでいる」というパターンです。

 

たとえば、食材です。

食材を買うお金といえば「消費」という認識が一般的ですが、ここに落とし穴があります。

食べるつもりで買ったものの、腐ったり賞味期限が切れたりして、食べることなく破棄することがあるでしょう。

食材を買っても、食べることがなければ、単なる無駄遣いです。

「これは消費だよね」と思っていても、結果として浪費になっています。

 

本代も油断できません。

本を買うお金といえば「投資」という認識が一般的ですが、ここにも落とし穴があります。

本を買っても、読むことがなければ、単なる無駄遣いです。

本は、きちんと読んで知識や知恵を吸収してこそ、意味があります。

本を買っただけで読まなければ、無駄遣いをしたことと同じであり、浪費になります。

 

スポーツジムの利用料金も注意が必要です。

スポーツジムは、利用してこそ意味があります。

きちんとスポーツジムに通い、体を鍛えるなら投資に当たりますが、まったく通わずサボってばかりなら浪費です。

利用しなければ、お金の無駄遣いをしていることになるため、投資ではなく浪費になります。

 

表向きの消費・投資にだまされないことです。

往々にして浪費は、目立たないところで、知らず知らずのうちに起こります。

自分では消費や投資のつもりであっても、結果を見れば、浪費になっていることが少なくありません。

いま一度、自分のお金の使い方を振り返ってみましょう。

きちんとお金が生かされているかチェックしてみてください。

表向きは消費や投資であっても、お金が生かされず無駄になっているなら、浪費です。

そのまま放置するのではなく、今すぐ改善に取り組みましょう。

まとめ

浪費癖を直す方法 その24
  • 消費や投資が、実際は浪費になっていないか、自分のお金の使い方を振り返ってみる。
次のページ >>
酔った状態で、買い物をするな。

もくじ
(浪費癖を直す30の方法)

同じカテゴリーの作品