金銭感覚

浪費癖を直す
30の方法

4
1

浪費癖とは、
人生をおとしめる邪悪な癖。
一刻も早く直すことが大切。

浪費癖とは、人生をおとしめる邪悪な癖。一刻も早く直すことが大切。 | 浪費癖を直す30の方法

浪費癖とは何でしょうか。

浪費癖とは「無駄遣いする癖」のことをいいます。

無計画にお金をどんどん使ってしまう習性であり、一般的に「悪い癖」とされています。

浪費癖は、本人が自覚している場合もあれば、無自覚の場合もあります。

浪費癖は、悪い癖の1つであり、直すべき癖の代表です。

もちろんどんな癖を持とうと、個人の自由です。

癖に関する法律はありません。

「法を犯しているわけではない」

「人に迷惑をかけているわけではない」

「どんな癖であろうと、私の勝手でしょう」

そう思うかもしれませんが、だからとはいえ放置するのは危険です。

きちんとお金を支払っているなら、お店側にとっても「よいお客さん」として歓迎してもらえるでしょう。

なぜ危険なのか。

たとえ法を犯していなくても、人生への悪影響は甚大だからです。

浪費癖があると、知らず知らずのうちに無駄遣いが発生します。

いつまでも貧乏のままです。

なかなかお金も貯まりません。

無駄遣いが目立つと、お金に困るようになり、生活・仕事・人付き合いに支障を来すようになります。

お金がないと不自由なことが増え、夢を叶えることもできなくなります。

浪費癖が長期化すると、人生の崩壊につながる恐れがあります。

浪費癖がエスカレートすると、借金癖に発展する可能性もゼロではありません。

浪費癖による無駄遣いは、お金を捨てているのと同じこと。

これほどもったいないことはありません。

実用書を買って読むなら、知識や知恵が得られて投資になりますが、浪費は何の役にも立ちません。

「お金を捨てている」と思えば、いかに悪い癖なのか実感できるのではないでしょうか。

もちろんたまには浪費で気分転換やストレス発散をするのもいいですが、それでも限度があります。

限度を超えた浪費癖は、悪影響しかありません。

浪費癖とは、人生をおとしめる邪悪な癖。

したがって、浪費癖があるなら、一刻も早く直すことが大切です。

自分の生活を振り返ってみてください。

もし浪費癖に心当たりがあるなら、改善に向けた努力をおすすめします。

浪費癖を直したほうがいいのかと問われれば、間違いなく直したほうがいい。

浪費がゼロにできなくても、減らすことならできるはずです。

浪費癖を直すなら、明日からと言わず、今日から取り組みましょう。

1日でも早く着手したほうが、無駄遣いも減ります。

たとえ法を犯していなくても、結局は自分のためであり、人生のためなのです。

まとめ

浪費癖を直す方法 その1
  • 浪費癖があるなら、放置せず、今すぐ改善に取りかかる。
浪費癖を直す第一歩は、決意から始まる。

もくじ
浪費癖を直す30の方法
浪費癖とは、人生をおとしめる邪悪な癖。一刻も早く直すことが大切。 | 浪費癖を直す30の方法

  1. 浪費癖とは、人生をおとしめる邪悪な癖。
    一刻も早く直すことが大切。
  2. 浪費癖を直す第一歩は、決意から始まる。
  3. 浪費癖を直す方法は、2つだけ。
    お金のルールを作ること、金銭感覚を身につけること。
  4. 家計簿は、浪費癖を直す基本習慣。
  5. 現金払いは、金銭感覚を養う基本。
  6. 電子マネーやクレジットカードの使用には十分注意する。
  7. 目的の商品以外は、買わないようにする。
  8. 買い物リストは、なくて困ることはあっても、あって困ることはない。
  9. 暗い時間帯に買い物をすると、浪費癖が直らない。
    明るい時間帯に買い物をするから、浪費癖が直る。
  10. 1カ月に使う生活費の上限を決めておこう。
  11. 財布に入れる現金を制限しよう。
    持ち歩く現金を少額にすれば、自然と無駄遣いが減る。
  12. 買い物がストレス解消のメインになっているかぎり、浪費癖は直らない。
  13. どうすれば衝動買いを防げるのか。
  14. 優越感を求めるから、浪費癖になる。
  15. 将来の計画を立てると、お金のコントロールがうまくなる。
  16. 貯金用口座を作ると、お金の管理がスマートになる。
  17. 我慢は前頭葉のトレーニング。
    我慢する力を鍛えて、浪費癖を直していこう。
  18. 相場を無視した贈り物や祝い金は、浪費癖のもと。
  19. 何でも新品でないと気が済まない考え方は、浪費癖につながる。
  20. あなたの浪費癖は、ポイントカードが原因ではないか。
  21. 面倒くさいことを排除するのではない。
    少しだけ面倒くさいことを受け入れよう。
  22. 安物は、かえって高くつく。
  23. 余計な浪費は、大きな買い物をした直後に起こりやすい。
  24. 浪費にもかかわらず、消費や投資だと思い込んでいないか。
  25. 酔った状態で、買い物をするな。
  26. 仲間がいれば、苦しい浪費癖も楽しくなる。
  27. 浪費癖と買い物依存症の違いとは。
  28. 買い物が、心の隙間を埋める手段になっていないか。
  29. まったく浪費をしないより、たまには浪費したほうが、浪費癖は直る。
  30. 浪費癖を直す方法を知って満足しない。
    きちんと行動に移してこそ、意味がある。

同じカテゴリーの作品