成功哲学

仕事の神様に愛される
30の方法

2
29

仕事がダメになるのが悪いのではない。
ふてくされて無気力になるのが悪いのだ。

仕事がダメになるのが悪いのではない。ふてくされて無気力になるのが悪いのだ。 | 仕事の神様に愛される30の方法

頑張った仕事がダメになってしまうことがあります。

不採用になる、失敗で終わる、発展しないまま話が流れる。

残念な結果で終われば、強いショックを受け、悔しい気持ちになるでしょう。

手間暇かけた仕事がダメになると、心底がっかりして、激しい脱力感を覚えます。

「もう何もやる気が起きない」

ふてくされて、無気力になってしまうかもしれません。

ダメになったら今までの努力が無駄になるように感じる。

 

しかし、仕事がダメになることは、悪いこととは限りません。

仕事がダメになるのはいいのです。

考え方によっては「うまくいかないことがわかった」という発見につながります。

「仕事ができない」と思ったら、それは自分に合っていない意味かもしれません。

より自分に合った仕事を選んだり、人生の方向転換に取り組んだりするといいでしょう。

 

では、何がいけないのか。

仕事がダメになるのが悪いのではありません。

仕事がダメになったことにふてくされて、何もしなくなるのが悪いのです。

仕事がダメになった直後には、大きな脱力感と倦怠感けんたいかんに襲われます。

「やる気がうせた」

「どうせ何をやっても無駄だ」

「自分はダメ人間だよね」

何もしなければ、何も起こりません。

再びダメになることを恐れ、何もしないのがよくない。

じっとしていると、何も結果を出せなくなります。

学校では「怠け者」と呼ばれ、会社では「給料泥棒」と呼ばれることになるでしょう。

ダメ人間になったら、せっかく得た教訓が生かされず、ゼロで終わってしまいます。

仕事がダメになるのはいいですが、ダメ人間になるのはダメです。

ふてくされて無気力になって何もしなくなったら、本物のダメ人間になってしまいます。

 

仕事がダメになっても、どうか無気力にならないでください。

ふてくされても仕方ありません。

ふてくされてくよくよしていると、生かせるチャンスも生かせなくなります。

 

「今回は仕方ないよね」と前向きに考えましょう。

今回は報われませんでしたが、その努力と経験は、いずれ別の場面で生かされます。

「結果は報われなかったけど、大事な改善が見つかったから、収穫がある」

「仕事はダメになったけど、いい経験になった。次につながるだろう」

「まだチャンスはある。次こそ成功を勝ち取ってやる」

とことん前向きに考えたい。

めげない、しょげない、くじけない。

前向きに考えれば、どんな失敗も、必ず次につながります。

仕事がダメになっても、ポジティブに考えることが大切です。

仕事の神様に愛される方法(29)
  • 仕事がダメになっても、ふてくされず、前向きに考える。
「生涯現役」を目指している人に、弱々しい人はいない。

もくじ
仕事の神様に愛される30の方法
仕事がダメになるのが悪いのではない。ふてくされて無気力になるのが悪いのだ。 | 仕事の神様に愛される30の方法

  1. 誰よりも早く出社すると、仕事の神様と仲良くなれる。
    誰よりも早く出社すると、仕事の神様と仲良くなれる。
  2. いい仕事は、寝ることから始めよう。
    いい仕事は、寝ることから始めよう。
  3. 仕事のスピードを上げるのは大切。<br>仕事に取りかかるスピードを上げるのはもっと大切。
    仕事のスピードを上げるのは大切。
    仕事に取りかかるスピードを上げるのはもっと大切。
  4. 嫌いな人でも、きちんと挨拶をしよう。<br>生理的に受け付けない人でも、挨拶だけはしておく。
    嫌いな人でも、きちんと挨拶をしよう。
    生理的に受け付けない人でも、挨拶だけはしておく。
  5. 「つまらない仕事」と思うのではない。<br>「実は楽しい仕事」と思ってみよう。
    「つまらない仕事」と思うのではない。
    「実は楽しい仕事」と思ってみよう。
  6. 生半可な取り組み方は、誤解や勘違いを生む原因になる。<br>きちんと取り組んでこそ「本当の相性」がわかる。
    生半可な取り組み方は、誤解や勘違いを生む原因になる。
    きちんと取り組んでこそ「本当の相性」がわかる。
  7. 神様のお願いを叶える人が、神様から愛される。
    神様のお願いを叶える人が、神様から愛される。
  8. 紙にメリットを7つ書き出せば、嫌でもモチベーションが上がる。
    紙にメリットを7つ書き出せば、嫌でもモチベーションが上がる。
  9. 価値のない雑用は1つもない。
    価値のない雑用は1つもない。
  10. 本当に苦手なのか。<br>苦手と思い込んでいるだけではないのか。
    本当に苦手なのか。
    苦手と思い込んでいるだけではないのか。
  11. 手抜きには2種類ある。<br>「普通の手抜き」と「上手な手抜き」。
    手抜きには2種類ある。
    「普通の手抜き」と「上手な手抜き」。
  12. 仕事の順番は大切。<br>ただし、こだわりすぎないこと。
    仕事の順番は大切。
    ただし、こだわりすぎないこと。
  13. 上司から与えられた仕事だと思うから、やる気が出ない。<br>神様から任された仕事だと思えば、やる気が出る。
    上司から与えられた仕事だと思うから、やる気が出ない。
    神様から任された仕事だと思えば、やる気が出る。
  14. 長文メールは、嫌われる。<br>喜ばれるのは、3行メール。
    長文メールは、嫌われる。
    喜ばれるのは、3行メール。
  15. ぎちぎちのスケジュールに快感を覚えるのではない。<br>余裕のあるスケジュールに快感を覚えるのだ。
    ぎちぎちのスケジュールに快感を覚えるのではない。
    余裕のあるスケジュールに快感を覚えるのだ。
  16. 言葉や数字で説明できなければ、マイペースを把握しているとは言えない。
    言葉や数字で説明できなければ、マイペースを把握しているとは言えない。
  17. 好きなことでも、たまには休憩が必要。<br>いくら好きなことでも、毎日は飽きる。
    好きなことでも、たまには休憩が必要。
    いくら好きなことでも、毎日は飽きる。
  18. プロや一流を押し付けがましく語っていませんか。
    プロや一流を押し付けがましく語っていませんか。
  19. 偉大な仕事を成し遂げるプロセス。
    偉大な仕事を成し遂げるプロセス。
  20. 「どこまで仕事は進んでますか?」と聞かれたら、イエローカード。
    「どこまで仕事は進んでますか?」と聞かれたら、イエローカード。
  21. 掃除をすると、仕事運が上がる。<br>トイレ掃除をすると、もっと仕事運が上がる。
    掃除をすると、仕事運が上がる。
    トイレ掃除をすると、もっと仕事運が上がる。
  22. 教えたがり屋に、一流はいない。
    教えたがり屋に、一流はいない。
  23. 便利な通信手段に頼りすぎて「対面の重要性」を忘れていないか。
    便利な通信手段に頼りすぎて「対面の重要性」を忘れていないか。
  24. 仕事をするときは、しっかり仕事をしよう。<br>遊ぶときは、しっかり遊ぼう。<br>休むときには、しっかり休もう。
    仕事をするときは、しっかり仕事をしよう。
    遊ぶときは、しっかり遊ぼう。
    休むときには、しっかり休もう。
  25. 「もっと頑張っている人がいる」というフレーズに潜むリスクとは。
    「もっと頑張っている人がいる」というフレーズに潜むリスクとは。
  26. あなたに足りないのは「使命感」。
    あなたに足りないのは「使命感」。
  27. 二流の人は、年上からしか学べない。<br>一流の人は、年下からも学べる。
    二流の人は、年上からしか学べない。
    一流の人は、年下からも学べる。
  28. スランプから抜け出すには、とにかく諦めないこと。
    スランプから抜け出すには、とにかく諦めないこと。
  29. 仕事がダメになるのが悪いのではない。<br>ふてくされて無気力になるのが悪いのだ。
    仕事がダメになるのが悪いのではない。
    ふてくされて無気力になるのが悪いのだ。
  30. 「生涯現役」を目指している人に、弱々しい人はいない。
    「生涯現役」を目指している人に、弱々しい人はいない。

同じカテゴリーの作品