時間の使い方が上手になる
30の方法

17
3

座ってすると、
スピードが遅くなる。
立ってすると、
スピードが速くなる。

座ってすると、スピードが遅くなる。立ってすると、スピードが速くなる。 | 時間の使い方が上手になる30の方法

勉強や仕事をするとき、普通は座った姿勢で行います。

椅子に腰掛けているほうが疲れにくく、姿勢も安定します。

机の上に集中でき、勉強も仕事もはかどるでしょう。

もちろん座りながらするのもいいですが、デメリットもあります。

座っていると、リラックスできる反面、だらだらしやすい。

緊張感が緩んで惰性が働くと、集中を妨げることもあります。

あまりだらだらしていると、余計な雑念が湧きやすくなってしまうでしょう。

余計なことを考えていると、なかなか本来のスピードが出ません。

特に昼食後は要注意です。

うとうとしたりぼうっとしたりして、注意力が散漫になります。

座っていると、余計な惰性が働いて、スピードが遅くなりやすいのです。

スピードを上げたいなら、座るより立ってみることをおすすめします。

勉強でも仕事でも、座っているより立っているほうがスピードが出ます。

立つのは疲れますが、スピードという点ではメリットがあります。

立つという行為には力と緊張が必要です。

足腰の筋肉に力を入れなければいけませんが、その適度な刺激と緊張が脳の活性化につながり、スピードアップを促します。

立つだけで、だらだらした雰囲気がなくなり、きびきびした雰囲気になります。

座ってしていたことを、立ってしてみましょう。

たとえば、会議です。

立ちながら会議をすると、議題に集中しやすくなります。

無駄な雑談が減り、話もきびきび進行して、早く会議を終えられるでしょう。

本屋で立ち読みするとき、妙に読書がはかどるのは、立っているおかげです。

立っているときは、自然と速読ができるようになり、すらすら読めてしまいます。

音読をするときも、座ってするより立ってするほうが、頭がよく回転します。

立つという緊張感があるおかげで、脳が活性化して、音読の効果が倍増します。

昼食後、眠気が襲ってきたときも、立ちながら仕事をすればいい。

立つという運動と緊張によって自然と眠気が取れて、思考が明瞭になります。

勉強も仕事も「座ってする」というのは先入観です。

立ってするだけで、時間あたりの密度が濃くなります。

いつでもどこでもできる方法ではありませんが、状況を許すなら、ぜひ試してみてください。

文字を書いたり絵を描いたりするときは座るしかありませんが、立ってできることなら、試す価値があります。

座ってすると、スピードが遅くなります。

立ってすると、スピードが速くなるのです。

時間の使い方が上手になる方法(17)
  • 座ってしていたことを、立ってしてみる。
締め切りは、相手のためではなく、自分のためにある。

時間の使い方が上手になる30の方法
時間の使い方が上手になる30の方法

  1. 時間を制する者は、人生を制する。
    時間を制する者は、人生を制する。
  2. 時間の質を上げる基本は、集中力。
    時間の質を上げる基本は、集中力。
  3. しっかり睡眠時間を取ることで、仕事の生産性が高まる。
    しっかり睡眠時間を取ることで、仕事の生産性が高まる。
  4. 「時間をいただいている」と考えると、時間意識が向上する。
    「時間をいただいている」と考えると、時間意識が向上する。
  5. 計画も予定も、きれいでなくていい。<br>大まかで十分。
    計画も予定も、きれいでなくていい。
    大まかで十分。
  6. 予定表は、決まる前に書き始めていい。
    予定表は、決まる前に書き始めていい。
  7. 「忙しい」という口癖がある人にかぎって、時間にルーズ。
    「忙しい」という口癖がある人にかぎって、時間にルーズ。
  8. 時間がないと愚痴っていると、ますます時間がなくなる。
    時間がないと愚痴っていると、ますます時間がなくなる。
  9. 自分の忙しさをアピールするのはNG。<br>相手の忙しさを尊重するのはOK。
    自分の忙しさをアピールするのはNG。
    相手の忙しさを尊重するのはOK。
  10. 忙しいときほど、すらすら本が読める。
    忙しいときほど、すらすら本が読める。
  11. 尿意を我慢しないことが、時間の質を高める。
    尿意を我慢しないことが、時間の質を高める。
  12. 分単位・秒単位で考えると、時間感覚が豊かになる。
    分単位・秒単位で考えると、時間感覚が豊かになる。
  13. メモは、きれいな字にこだわらなくていい。<br>汚い字でも、自分が読めればOK。
    メモは、きれいな字にこだわらなくていい。
    汚い字でも、自分が読めればOK。
  14. 時間がなくなる原因は、完璧主義のせいかもしれない。
    時間がなくなる原因は、完璧主義のせいかもしれない。
  15. 空いた時間に勉強しようとすると、一生勉強できない。
    空いた時間に勉強しようとすると、一生勉強できない。
  16. エレベーターに依存しない。<br>時と場合によっては、エレベーターより階段のほうが早い。
    エレベーターに依存しない。
    時と場合によっては、エレベーターより階段のほうが早い。
  17. 座ってすると、スピードが遅くなる。<br>立ってすると、スピードが速くなる。
    座ってすると、スピードが遅くなる。
    立ってすると、スピードが速くなる。
  18. 締め切りは、相手のためではなく、自分のためにある。
    締め切りは、相手のためではなく、自分のためにある。
  19. 待ち時間は、メンタルを鍛える機会になる。
    待ち時間は、メンタルを鍛える機会になる。
  20. 時間がないから諦めるのではない。<br>時間がないからやってみる。
    時間がないから諦めるのではない。
    時間がないからやってみる。
  21. 「今だ」を「今しかない」に言い換えるだけで、やる気が倍増する。
    「今だ」を「今しかない」に言い換えるだけで、やる気が倍増する。
  22. 時間の言い方が曖昧だと、相手の迷惑になることもある。
    時間の言い方が曖昧だと、相手の迷惑になることもある。
  23. 時間の使い方が上手な人と付き合うと、時間の使い方が上手になる。
    時間の使い方が上手な人と付き合うと、時間の使い方が上手になる。
  24. 小まめな対応が、時間を節約する。
    小まめな対応が、時間を節約する。
  25. お礼を言う時間がないほど忙しいなら、すでに仕事は破綻している。
    お礼を言う時間がないほど忙しいなら、すでに仕事は破綻している。
  26. デジタル時計よりアナログ時計のほうが、時間感覚が研ぎ澄まされる。
    デジタル時計よりアナログ時計のほうが、時間感覚が研ぎ澄まされる。
  27. 1日10分の読書をばかにしない。<br>蓄積と継続は、必ず大きな山になる。
    1日10分の読書をばかにしない。
    蓄積と継続は、必ず大きな山になる。
  28. 時間の使い方が上手な人は、クイックとスローを使い分ける。
    時間の使い方が上手な人は、クイックとスローを使い分ける。
  29. 時間が節約できても、不幸になっては意味がない。
    時間が節約できても、不幸になっては意味がない。
  30. 後回しにしている仕事の大半は、今すぐできる。
    後回しにしている仕事の大半は、今すぐできる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION