人生の教科書



トラブル対処
喧嘩なんて大嫌い。
トラブル対処
なかなか言えない言葉こそ、相手が一番聞きたい言葉。
トラブル対処

喧嘩をしない
30の方法

お気に入り14 読んだ
4

相手を見下した言葉遣いになっていないか。

相手を見下した言葉遣いになっていないか。 | 喧嘩をしない30の方法

  • 「それくらいできるでしょ」

  • 「そんなこともできないの」

  • 「あなたに言われたくない」

  • 「そんなことだろうと思った」

こうした相手を見下した口癖を持っている人は要注意です。

見下した言葉遣いになっている人は、喧嘩をしやすい人に見られる特徴の1つです。

これも理解不足から発生する口癖です。

「相手の意見は間違っている。自分の考えが一番正しい」という理解不足から相手を見下した言葉遣いとなります。

  • 「自分のほうが正しいから、相手の言っていることはもう聞かない。侮辱してやろう」

そう思ってしまっているのです。

「理解が一番ある」と思い込んでいる人が、実際は「理解が一番乏しい」という状態です。

こんな人がよく喧嘩をして、みんなから嫌われてしまうのです。

相手の地位や肩書が自分より上なら、すぐぺこぺこして意見をすべて丸のみします。

 

一方、自分より地位が低ければ、偉そうにふんぞり返ります。

会話の中でも見下した言葉遣いになり、下の人が正しい意見でも、自分の名誉にかかっているので意地でも認めようとしないのです。

あなたの言葉遣いをチェックしてみましょう。

相手を見下した言葉を使っていませんか。

相手を見下しているということは無意識的に「自分が一番正しい」と思う理解不足がある証拠なのです。

まとめ

喧嘩をしない方法 その4
  • 相手を見下した言葉遣いはやめる。
喧嘩をする人は、エゴが強い。
エゴをなくせば、喧嘩もなくなる。

もくじ
(喧嘩をしない30の方法)

同じカテゴリーの作品