トラブル対処

喧嘩をしない
30の方法

読んだ お気に入り13
4

相手を見下した言葉遣いになっていないか。

相手を見下した言葉遣いになっていないか。 | 喧嘩をしない30の方法

「それくらいできるでしょ」

「そんなこともできないの」

「あなたに言われたくない」

「そんなことだろうと思った」

こうした相手を見下した口癖を持っている人は要注意です。

見下した言葉遣いになっている人は、喧嘩をしやすい人に見られる特徴の1つです。

これも理解不足から発生する口癖です。

「相手の意見は間違っている。自分の考えが一番正しい」という理解不足から相手を見下した言葉遣いとなります。

「自分のほうが正しいから、相手の言っていることはもう聞かない。侮辱してやろう」

そう思ってしまっているのです。

「理解が一番ある」と思い込んでいる人が、実際は「理解が一番乏しい」という状態です。

こんな人がよく喧嘩をして、みんなから嫌われてしまうのです。

相手の地位や肩書が自分より上なら、すぐぺこぺこして意見をすべて丸のみします。

 

一方、自分より地位が低ければ、偉そうにふんぞり返ります。

会話の中でも見下した言葉遣いになり、下の人が正しい意見でも、自分の名誉にかかっているので意地でも認めようとしないのです。

あなたの言葉遣いをチェックしてみましょう。

相手を見下した言葉を使っていませんか。

相手を見下しているということは無意識的に「自分が一番正しい」と思う理解不足がある証拠なのです。

まとめ

喧嘩をしない方法 その4
  • 相手を見下した言葉遣いはやめる。
喧嘩をする人は、エゴが強い。
エゴをなくせば、喧嘩もなくなる。

もくじ
喧嘩をしない30の方法
相手を見下した言葉遣いになっていないか。 | 喧嘩をしない30の方法

  1. 喧嘩なんて大嫌い。
  2. すべての喧嘩の原因は「理解不足」から生まれる。
  3. 理解不足の人に限って、自分ばかりが話している。
  4. 相手を見下した言葉遣いになっていないか。
  5. 喧嘩をする人は、エゴが強い。
    エゴをなくせば、喧嘩もなくなる。
  6. 妬みがあるということは、それだけ興味があり、欲があるということ。
  7. トラブルなしの人生は、話を聞くことから始まる。
  8. 自分のことを分かってもらうより、相手のことを分かってあげることを優先させる。
  9. 喧嘩をしない人は「自分が原因かもしれない」と考える。
  10. いきなり爆発するからびっくりする。
  11. 喧嘩を吹っかけられても、とにかく徹底的な聞き側に回ること。
  12. お金の貸し借りは控えること。
  13. 宗教、経済の話をするのはやめよう。
  14. 「正しい」「間違っている」に、こだわりすぎない。
  15. 友達のプライベートを他人に話さないこと。
  16. 喧嘩をしない人は、すべての答えや意見を受け入れる。
  17. 「対立」は喧嘩に発展し「共存共栄」が平和につながる。
  18. 批判ばかりしていると、嫌われてしまう。
  19. 相談できる友達がいれば、喧嘩も少なくなる。
  20. 道を譲る人に、喧嘩はない。
  21. 年下の人でも、命令形を使わないようにしよう。
  22. 偉くなればなるほど、礼儀正しくなろう。
  23. 過ちを犯したら、すぐ謝ろう。
  24. できるかぎり直接会って、コミュニケーションを心がける。
  25. トラブルのときこそ、冷静さを大切にする。
  26. 自分のことを考えるように、相手のことも考える。
  27. いつも本を持っておけば、待ち時間も怖くない。
  28. 「もしものとき」のために、前もって準備をしておく。
  29. 視野が広がるということは、心が広くなるということ。
  30. 独り占めしようとするから、喧嘩になってしまう。

同じカテゴリーの作品