金銭感覚

まとめ
(貧乏性を治す30の方法)
貧乏性を治す30の方法

  • 貧乏性の意味を確認する。
  • 貧乏性であることを自慢しない。
  • お金に対する執着を減らし、大切なところには、きちんとお金を使う。
  • 貧乏性を治すときの最重要ポイントを意識する。
  • 収入を増やして、経済的な余裕を作る。
  • 収入を増やしたくても、ギャンブルには手を出さないようにする。
  • 少しでも貯金を増やして、心の余裕を作っておく。
  • 貧乏性と節約家を、混同せず、区別する。
  • 貧乏性を治しつつも、引き続き節約精神は心がける。
  • 貧乏性を治そうとして、浪費家にならないように注意する。
  • 無料で入手できるものがあっても、がつがつせず、必要分だけいただくようにする。
  • 小さな損得は「ほぼゼロ」として考える。
  • 格安商品ばかり追いかけない。 長く使いたいなら、高品質のものを買う。
  • 節約精神を心がけつつも「もったいない」という口癖に注意する。
  • 長期的な考え方を意識して、本当の価値を見極める。
  • 無駄遣いをしたら、教訓・気分転換・ストレス発散として、後から意味づけをする。
  • 必要の有無にかかわらず、生活費の中に予備費を設けておく。
  • 貯金の目標金額だけでなく、消費の目標金額も決めておく。
  • たまには自分にご褒美を与えてみる。
  • お金持ちをイメージして、心に余裕を作る。
  • 仕事関係・損得勘定にかかわらず、大切な人には、純粋な気持ちで贈り物を贈る。
  • ご祝儀や贈り物に迷ったら、高いほうを選ぶ。
  • お世話になっている人がいれば、たまにはおもてなしをする。
  • 見返りを求めた行動をやめて、純粋な気持ちで接するようにする。
  • 1円単位の割り勘をやめる。
  • 不要になったものは、もったいないと思っても、潔く捨てる。
  • いつか使うかもしれないものであっても、使う予定がはっきりしないなら、潔く捨ててしまう。
  • 大切な場面では、チャンスをつかむためにお金を使う。
  • 貧乏性の人とは距離を置き、正しい金銭感覚を身につけた人と接するようにする。
  • 支援したい団体があれば、純粋な気持ちで寄付をする。

同じカテゴリーの作品