人生の教科書



結婚
夫婦の存在感を強くする、3つの言葉。
夫婦関係
夫婦の得手・不得手こそ、夫婦らしい個性や味になる。
夫婦関係
謝るのは、ばんそうこうを貼るのと同じ。
夫婦関係
「初心忘るべからず」には、裏の意味がある。
夫婦関係

夫婦の
30の名言

お気に入り2 読んだ
18

死ぬまで我慢できる違和感なら、
黙っておくのもいい。
死ぬまで我慢できない違和感なら、
言っておくほうがいい。

死ぬまで我慢できる違和感なら、黙っておくのもいい。死ぬまで我慢できない違和感なら、言っておくほうがいい。 | 夫婦の30の名言

時に夫婦関係では、違和感を覚えることがあります。

価値観や生活習慣の違いもあれば、パートナーの生活態度もあるでしょう。

「これはどうなのだろうか」と違和感を覚えることは、少なからずどの夫婦でもあるのが普通です。

ここで迷うのは、言うべきか黙っておくべきかの判断です。

ストレートに違和感を指摘すれば、パートナーを困らせたり悩ませたりするでしょう。

時には怒らせてしまうかもしれません。

せっかくの夫婦関係に、何らかの不協和音が生じる可能性がある。

 

一方、黙り続けておくのも悩むところです。

違和感を我慢し続けることになるため、すっきりしない気持ちになるでしょう。

違和感とはいえ、幅があります。

軽微な違和感もあれば、いらいらさせる違和感もあります。

言うべきか、言わざるべきか。

悩む人も多いのではないでしょうか。

ここでポイントになる判断基準があります。

 

「死ぬまで我慢できるかどうか」です。

 

違和感があっても、死ぬまで我慢できる程度なら、黙っておくのもいいでしょう。

「別に不満や我慢というほどでもない」「大きく取り上げるほどでもない」と思うなら、言わずに済ませることも可能です。

 

ただし、我慢できる違和感であっても、気になって仕方ないなら、きちんと伝えておくことも選択肢です。

 

一方、死ぬまで我慢できない違和感なら、やはり言っておくほうがいい。

 

たとえば、不快感を伴う違和感なら、きちんと言っておくほうがいいでしょう。

死ぬまでずっと我慢をするのは過酷です。

夫婦生活は、離婚しないかぎり、一生続く関係です。

ずっとストレスに耐え続けなければいけません。

不満が著しいなら、できるだけ早めに言っておくほうがいいでしょう。

喧嘩になりそうな可能性があるなら、話し合いから始めてはいかがでしょうか。

丁寧な話し方と謙虚な姿勢でお願いすれば、聞き入れてもらいやすくなるでしょう。

まとめ

夫婦の名言 その18
  • 死ぬまで我慢できない違和感なら、言っておく。
次のページ >>
パートナーの笑顔が少ないのは、あなたの笑顔が少ないから。

もくじ
(夫婦の30の名言)

同じカテゴリーの作品