人生の教科書



夫婦関係
「夫婦生活が息苦しい」と言われた。
夫婦関係
寂しくて、パートナー以外の人を好きになりそう。
夫婦関係
疲れているパートナーに「もっと頑張って」とは言わない。
夫婦関係
夫婦が共働きで、すれ違いが多い。
夫婦関係

夫婦の
30の名言

お気に入り4 読んだ
5

合わせるのではない。
調和していくのだ。

合わせるのではない。調和していくのだ。 | 夫婦の30の名言

夫婦生活では「合わせる」という考えに注意しましょう。

  • 「パートナーの価値観に合わせる」

  • 「パートナーの生活習慣に合わせる」

  • 「夫婦生活を通して、2人がお互いに合わせる」

一見すると問題なさそうに思えますが、ここに注意があります。

「合わせる」という考え方は、あくまで「お互いは別々」というイメージです。

お互いの間に壁がある。

心理的・精神的に、まだ距離がある状態です。

「強制」「義務」といったニュアンスも漂います。

 

たしかに相手を尊重している点はいいのですが、理想ではありません。

合わせる考え方は、まだ摩擦や違和感が残っているため、ストレスが発生してしまいます。

一時的には仲良く過ごせても、夫婦として生涯を共にするには、少し踏ん張りが必要です。

合わせるのも悪くありませんが、理想的な夫婦を目指すとなると、この考え方を「進化」させたい。

それが「調和」です。

合わせるのではありません。

調和していくのです。

  • 「パートナーの価値観と調和する」

  • 「パートナーの生活習慣と調和する」

  • 「夫婦生活を通して、2人が調和していく」

肉体的・物理的に別々であっても、心理的・精神的に1つとなれるよう目指します。

2人が調和できれば、価値観や生活習慣の違いも「自分の一部」として受け入れられるようになります。

お互いが調和すれば、2人に違いがあっても、摩擦がなくなります。

むしろ違いによる摩擦が、心地よくすら感じるようになります。

おしどり夫婦を見てください。

おしどり夫婦は、合わせているのではなく、調和しているはずです。

仲むつまじい老夫婦を見てください。

その老夫婦も、合わせているのではなく、調和しているはずです。

あなたもパートナーとずっと円満でいたければ、合わせるのではなく、調和を目指しましょう。

完璧な調和には長い時間を要します。

1週間・1カ月といった短期間で実現できることではなく、何年・何十年といった長期間が必要です。

2人で一緒に多くの経験を積んでいく必要もあります。

諦めず、根気よく、少しでも調和していきましょう。

いずれ完全な調和を果たすと「心地よい一体感」が得られます。

それこそが、夫婦としての理想形なのです。

まとめ

夫婦の名言 その5
  • 合わせるのではなく、
    調和をしていく。
言わなくても分かることが増えても、すべてになってはいけない。

もくじ
(夫婦の30の名言)

同じカテゴリーの作品