同棲の
30の名言

25
2

相手のためにしていることは、
自分のためにもなっている。

相手のためにしていることは、自分のためにもなっている。 | 同棲の30の名言

相手のために仕事をしていると、自己犠牲の感覚に悩まされることがあります。

たとえば、家事です。

炊事・掃除・洗濯。

「相手のために頑張っている」と思うと、モチベーションが上がって、普段より頑張れます。

その一方で、あるとき複雑な気持ちになることもあるかもしれません。

自分を犠牲にしながら生活しているような気持ちに包まれ、だんだん自分が悲しくなってくる。

「自分の時間がほしい」

「まるで自分を犠牲にしているようだ」

喜んでもらえるのは嬉しいですが、自分の幸せを後回しにしているように感じるでしょう。

やるせない気持ちに襲われ、心の管理に悩まされるのです。

しかし、ここに誤解があります。

相手のためにしていることは、自分のためにもなっています。

自分を犠牲にしていると思うのは、仕事の一部分しか見ていません。

もっと視野を広げて考えてみると、自分の成長に役立っていることに気づけます。

たとえば、相手のために炊事をしたとします。

相手のために食事を作ることで、自分の料理の腕がよくなります。

相手の部屋も掃除をしたとします。

自分だけ頑張っていると思うかもしれませんが、同棲生活に清潔感が出て、自分の居心地もよくなります。

相手のために洗濯をしたとします。

洗濯が面倒に思えても、相手にきれいな服を着てもらうと清潔感が出て、一緒にいる自分も心地よくなれます。

すべての家事は「花婿修行」「花嫁修業」になっていると考えることもできます。

我慢が必要なことは、自分の心を大きくするトレーニングと思えばいい。

相手のためにしていることは、自分のためにもなっていることに気づいてください。

自分のためになっていることに気づけば、自己犠牲の感覚が薄れ、意味と価値を実感できるでしょう。

家事に対する面倒な気持ちが薄れ、モチベーションが高くなるでしょう。

自分のためにしていると思うと、もっと家事を頑張りたくなるのです。

同棲の名言(25)
  • 相手のためにしていることは、すべて自分のためになっていることに気づく。
ルールと束縛は紙一重。
束縛のないルールこそ理想的。

同棲の30の名言
同棲の30の名言

  1. 同棲は、贅沢な経験。
    同棲は、贅沢な経験。
  2. 同棲の醍醐味は、理想と現実のギャップを埋めること。
    同棲の醍醐味は、理想と現実のギャップを埋めること。
  3. 同棲では、悩むこともあって当然。<br>大切なのは、その後。
    同棲では、悩むこともあって当然。
    大切なのは、その後。
  4. パートナーとの違いは、否定するより受け入れる。
    パートナーとの違いは、否定するより受け入れる。
  5. 価値観や生活習慣の違う同棲だからこそ、楽しみが増える。
    価値観や生活習慣の違う同棲だからこそ、楽しみが増える。
  6. 違いは、いらいらするものではなく、楽しむもの。
    違いは、いらいらするものではなく、楽しむもの。
  7. 自分のために買ってきたものを、2人で分ける。<br>これだけで、幸せになれる。
    自分のために買ってきたものを、2人で分ける。
    これだけで、幸せになれる。
  8. 「ルールだから」と思って家事をすると、苦痛になる。<br>「自分のため」と思って家事をすると、楽しくなる。
    「ルールだから」と思って家事をすると、苦痛になる。
    「自分のため」と思って家事をすると、楽しくなる。
  9. 夫婦生活50年と比べよう。<br>同棲生活1年なんて短いもの。
    夫婦生活50年と比べよう。
    同棲生活1年なんて短いもの。
  10. 同じベッドで一緒に寝ることが、愛の証しとは限らない。
    同じベッドで一緒に寝ることが、愛の証しとは限らない。
  11. よい朝は、よい笑顔から始まる。
    よい朝は、よい笑顔から始まる。
  12. 譲ることも、愛情表現。
    譲ることも、愛情表現。
  13. お金のゆとりは、心のゆとり。
    お金のゆとりは、心のゆとり。
  14. パートナーも、結局は他人。<br>完全にわかり合うのは難しい。
    パートナーも、結局は他人。
    完全にわかり合うのは難しい。
  15. パートナーに完全を求めない。<br>パートナーの不完全を認めていくことが同棲の意義。
    パートナーに完全を求めない。
    パートナーの不完全を認めていくことが同棲の意義。
  16. 家事をしているのではない。<br>修行をしているのだ。
    家事をしているのではない。
    修行をしているのだ。
  17. 同棲を、料理の腕を磨くきっかけにしようではないか。
    同棲を、料理の腕を磨くきっかけにしようではないか。
  18. 「完璧にしよう」と思うと、いつか心が折れる。<br>「7割でよし」と考えれば、ずっと心を保てる。
    「完璧にしよう」と思うと、いつか心が折れる。
    「7割でよし」と考えれば、ずっと心を保てる。
  19. 精神的な距離が離れていれば、同棲中ですら、孤独や寂しさを感じる。
    精神的な距離が離れていれば、同棲中ですら、孤独や寂しさを感じる。
  20. お金を消費しているのではない。<br>2人の将来に投資をしているのだ。
    お金を消費しているのではない。
    2人の将来に投資をしているのだ。
  21. アクセルだけを踏む同棲より、ブレーキも踏む同棲のほうが、うまくいく。
    アクセルだけを踏む同棲より、ブレーキも踏む同棲のほうが、うまくいく。
  22. ベストでない同棲環境のほうが、結婚生活のよい予行演習になる。
    ベストでない同棲環境のほうが、結婚生活のよい予行演習になる。
  23. 「何をすればいい?」より「これをするね」。
    「何をすればいい?」より「これをするね」。
  24. 同棲でうまくいかないカップルは、結婚してもうまくいかない。
    同棲でうまくいかないカップルは、結婚してもうまくいかない。
  25. 相手のためにしていることは、自分のためにもなっている。
    相手のためにしていることは、自分のためにもなっている。
  26. ルールと束縛は紙一重。<br>束縛のないルールこそ理想的。
    ルールと束縛は紙一重。
    束縛のないルールこそ理想的。
  27. 喧嘩をするのも、同棲の大切な仕事。
    喧嘩をするのも、同棲の大切な仕事。
  28. 同棲に失敗はない。
    同棲に失敗はない。
  29. 依存をしても、しすぎるな。<br>同棲は、2人で暮らしても、基本は1人。
    依存をしても、しすぎるな。
    同棲は、2人で暮らしても、基本は1人。
  30. 同棲は、煮物を煮るのと同じ。<br>短すぎても、長すぎてもいけない。
    同棲は、煮物を煮るのと同じ。
    短すぎても、長すぎてもいけない。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION