人生の教科書



健康
散歩は、たった100歩から始めると、うまくいく。
防犯・防災
販売員は、基本的な知識に欠けていないか。
仕事効率化
あえて少し離れた自動販売機に行けば、休憩の質が高くなる。
独立・起業
宝を掘り当てるより、宝の地図を販売する。
防犯・防災

悪徳業者を見分ける
30の方法

お気に入り0 読んだ
6

セールストークは、
話半分で聞くくらいがちょうどいい。

セールストークは、話半分で聞くくらいがちょうどいい。 | 悪徳業者を見分ける30の方法

賢い消費者になるためには、セールストークとの付き合い方が大切です。

商品の魅力を伝える販売員は、言葉のマジシャン。

消費者の購買意欲を刺激するため、言葉巧みな話術であなたを誘ってきます。

「皆さん、これを使って大満足しています」

「利用者の97パーセントが、再度申し込まれています!」

「私もこれを使っていて、すっかり悩みが解消されました」

こうした言葉を聞かされると、購買意欲を刺激されるでしょう。

 

しかし、セールストークの多くは、大げさに語られている傾向があります。

嘘にならない程度なら、少し大げさなセールストークはよくあること。

「満足されています」を「大変満足されています」と言い換えるのは日常茶飯事です。

どの販売員も、セールストークの一環として、大げさな表現を使ってきます。

販売員の話をすべて完全に信じ込むと、興奮してしまい、冷静な判断を失います。

そのため、セールストークを聞くときは「大げさに話している」という前提で聞いたほうがいいでしょう。

「この話は本当だろうか」

「少し大げさに言っているのではないか」

「実際はこれほどうまくいかないはず」

セールストークは、話半分で聞くくらいがちょうどいい。

一歩後ろに下がって、客観的に冷めた考えでいたほうが、冷静な思考を保てます。

賢い消費者なら、常に自分の頭で考えます。

販売員の言葉を完全に信じて購入するのではありません。

販売員の言葉は参考として聞くだけにとどめ、あくまで冷静な状態で判断して購入するようにしましょう。

まとめ

悪徳業者を見分ける方法 その6
  • セールストークは、すべてそのまま信じるのではなく、話半分くらいの気持ちで聞く。
次のページ >>
当たり前のマナーや最低限のマナーができていないのは、業者の基本に問題がある可能性が高い。

もくじ
(悪徳業者を見分ける30の方法)

同じカテゴリーの作品