人生の教科書



防犯・防災
アフターサービスへの思い込みに要注意。
防犯・防災
しつこい営業のある業者は、悪質業者の予備軍。
会話
悪口を言う人とは、付き合わないようにする。
仕事効率化
水を大量に飲むことは、意外な仕事術の1つ。
住まい
貧乏性は、病気と言ってもいい。
ストレス対策
誰もいないところで、大きなため息をついてみる。
防犯・防災

悪徳業者を見分ける
30の方法

お気に入り1 読んだ
22

ほかの業者をけなすところとは、
付き合わないのが賢明。

ほかの業者をけなすところとは、付き合わないのが賢明。 | 悪徳業者を見分ける30の方法

ほかの業者の名前を出したとたん、悪口を言い始めませんか。

「あそこは最低ですよ。絶対やめたほうがいい」

「あそこは技術も実績もないので、関わると、ひどいことになりますよ」

「悪い評判をよく聞きますね。レベルの低い業者ですね」

中には事実が含まれているかもしれません。

知らなかった情報を聞かされ、役立つこともあるでしょう。

競合相手なので「大事なお客様を取られたくない」という気持ちもあるのかもしれません。

だからとはいえ、人前でおおっぴらに悪口を言うのは不適切です。

誰でも悪口を聞かされると、気分が悪くなります。

その業者の評価を下げることで、相対的に自分たちの評価を上げたいのかもしれませんが、ビジネスとしてはマナー違反。

露骨に悪口を言うのは、業者としての常識とモラルを疑います。

下品な手法でしかアピールできないのは、自社の商品・サービスに自信がない裏返しです。

頻繁に悪口を言う業者なら、いずれあなたも陰で悪口を言われるようになるかもしれません。

「あの客は最低だ。対応が面倒」などと言われている様子をイメージしてみてください。

やはり嫌な気分になるはずです。

本当に実力があるなら、けちをつける必要はありません。

正々堂々と自社の商品・サービスの魅力をアピールするだけで済む話です。

露骨にほかの業者の悪口を言うところなら、後先のことを考え、付き合わないのが賢明です。

まとめ

悪徳業者を見分ける方法 その22
  • ほかの業者の悪口を言う業者とは、付き合わない。
次のページ >>
きちんと契約書を読まずに、署名や押印をしない。

もくじ
(悪徳業者を見分ける30の方法)

同じカテゴリーの作品