人生の教科書



金銭感覚
多くの人は、金利や利息に注目するが、手数料には無頓着。
復縁
「無料」とあっても、どこまで無料なのか。
旅行
親切に勧めてくれるサービスを受ける前に、必ず確認しておきたいこと。
金銭感覚
誰が儲かるのか。
復縁
相談や見積もりにかかる料金を、きちんと確認していますか。
生き方
運を上げる最も基本的な方法とは。
防犯・防災

悪徳業者を見分ける
30の方法

お気に入り3 読んだ
12

きちんと解約手数料・違約金の確認をしておく。

きちんと解約手数料・違約金の確認をしておく。 | 悪徳業者を見分ける30の方法

契約の際は、解約手数料の確認が必須です。

「絶対解約しない」「解約するはずがない」と思っていても、何があるか分かりません。

契約をしてから事情ができ、やむなく解約しなければいけないこともあるでしょう。

契約の際は、初期費用や月額費用ばかりに注意が向きがちです。

初期費用や月額費用がお手頃であっても、途中で解約した場合、解約手数料を請求されることがあります。

解約手数料・違約金があるから悪い業者というわけではなく、きちんと確認しておくことが必要です。

契約内容にもよりますが、解約に大きな手数料を設定している場合が少なくありません。

解約手数料について確認しないまま契約して、後から解約する場合、トラブルになります。

契約解除料に複数の条件が設定されているなら、すべて確認しておきましょう。

また忘れてならないのは、違約金です。

まれに解約手数料とは別に、違約金が請求される場合もあります。

一般的に契約解除料も違約金の1つのはずですが、この認識は業者によって異なります。

解約手数料だけかと思いきや、違約金まで請求され、後からトラブルになるケースがあります。

普通は業者から説明されるはずですが、説明がなければ、こちらからきちんと確認します。

「解約の際、解約手数料以外にお金はかかりませんか」と、念を押して確認しておきましょう。

面倒であっても、お金に関わる重要なポイントです。

たとえ解約するつもりはなくても、念のため確認しておくほうが安心です。

まとめ

悪徳業者を見分ける方法 その12
  • きちんと解約手数料・違約金の確認をしておく。
アフターサービスへの思い込みに要注意。

もくじ
(悪徳業者を見分ける30の方法)

同じカテゴリーの作品