人生の教科書



防犯・防災

悪徳業者を見分ける
30の方法

お気に入り2 読んだ
1

悪徳業者は
自分から、
「悪徳業者です」とは言わない。

悪徳業者は、自分から「悪徳業者です」とは言わない。 | 悪徳業者を見分ける30の方法

悪徳業者とは関わらないのが賢明です。

いくら料金が安くても、商品やサービスが粗悪で、かえって高い出費になることがあります。

後からトラブルに発展して、面倒に巻き込まれることも少なくありません。

業者に不自然な点があれば、料金が安くても、断ったほうがいいこともあります。

 

しかし、悪徳業者は、自分から「悪徳業者です」とは言いません。

当たり前のことですが、最初に押さえておくべき大切なポイントです。

悪徳業者が自分から言わなければ、どうやって見分けるか。

消費者である私たちが見分けなければいけません。

つまり、正しい消費をするためには、まず賢い消費者になる必要があるのです。

悪徳業者は、できるだけ普通を装ってあなたに接触してきますが、ところどころに不自然な点があります。

 

たとえば、話の内容がうますぎたり、即断即決を迫ってきたり、オフィスが異様に豪華だったりなどです。

あらかじめ特徴を把握しておけば、いざ接触したとき、違和感に気づきやすくなります。

もちろん特徴が1つ一致しただけで悪徳業者と言い切れませんが、注意を促すポイントになります。

不自然な点が多ければ多いほど、警戒が必要です。

必要なのは、まず知識です。

無知は無防備と同じ。

正しい消費活動をするためには、消費者なりに善しあしを見分ける勉強が必要です。

悪徳業者に共通する点を把握して、悪徳業者を見極める目を持ちましょう。

消費者も知識を身につけ、武装しておきましょう。

業者の話を愚直に聞くのではなく、常に注意を払いながら聞くことが大切です。

正しい知識を身につければ、悪徳業者が接触してきても怖くありません。

まとめ

悪徳業者を見分ける方法 その1
  • 悪徳業者に騙されないために、
    まず賢い消費者になる。
比較は、賢い消費者になるための第一歩。

もくじ
(悪徳業者を見分ける30の方法)

同じカテゴリーの作品