人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
防犯・防災
比較は、賢い消費者になるための第一歩。
防犯・防災
相場と比べて、安すぎないか。
勉強法
テレビをオフにすれば、本来の自分と向き合える。
遠距離恋愛
ほかのカップルを参考にするのはいいが、比較するのはいけない。
独立・起業
品定めをされるような目で見られることに、不快感を抱かない。
自分磨き
人と比較する癖をやめれば、内気な性格が改善される。

悪徳業者を見分ける
30の方法

お気に入り1 読んだ
3

比較を嫌がる業者は、
不都合が隠されている可能性がある。

比較を嫌がる業者は、不都合が隠されている可能性がある。 | 悪徳業者を見分ける30の方法

同業他社との比較について、話を持ち出すこともあるでしょう。

  • 「ほかの商品より、値段が高いのはなぜですか」

  • 「○○と比べて、契約者数が目立つのはなぜですか」

  • 「○○社と比べて、契約内容に差が大きいように感じます」

できるだけ業者にとって不都合な比較を持ち出すのが効果的です。

もちろん比較内容が明らかに劣っているなら、業者も落ち着かない様子を見せるでしょう。

比較されたことが都合の悪い内容なら、どの業者にとっても嬉しくないのは当然。

「まだまだ企業努力が足りません」「今後精進します」など、前向きな返事ならまだいいのです。

 

しかし、比較の話を持ち出したとき、明らかに否定的な態度をするなら、怪しい可能性があります。

業者の対応をよく確認してください。

「そこは難しく考えないでください」と話をそらそうとする。

「商品が違うので、比較は無意味」と否定する。

「うちの商品が劣っているということですか」と怒り気味になる。

商品購入を検討する際、比較をするのは消費者として当然の行為。

その当然の行為を否定するのは、何らかの不都合が隠されているせいかもしれません。

業者にとって都合の悪い比較は、ストレスです。

本質は普段見えにくいですが、ストレスを与えたときに見えやすくなります。

もし比較を嫌がるなら、その理由について聞いてみましょう。

そこでも納得できない回答しか得られないなら、その業者との取引は見直したほうがいいかもしれません。

悪徳業者を見分ける方法 その3

  • 比較をさせないのは、
    商品が劣っているのを認めているのと同じ。
相場と比べて、安すぎないか。

もくじ
(悪徳業者を見分ける30の方法)

同じカテゴリーの作品