遠距離恋愛

まとめ
(遠距離恋愛に疲れたときの30の言葉)
遠距離恋愛に疲れたときの30の言葉

  • 遠距離恋愛は、焦らずのんびり続けるようにする。
  • 遠距離恋愛は、とても長いトンネルと考える。
  • 3カ月続けば、自分たちを褒める。
  • 恋人に会いに行くプロセスを通して、精神力を鍛える。
  • 「気持ちは、半分伝わればいい」と考える。
  • いつもと同じ1日でも、何か小さな違いがあると信じて、しっかり探す。
  • 小さな成功を積み重ねるイメージをする。
  • 連絡頻度や愛情表現より、信頼を大切にする。
  • 「かわいそう」と言われても、気にしない。
  • 遠距離恋愛をきっかけに、ポジティブ思考を磨く。
  • 恋人に「疲れた」と言われたときは「お疲れ様。今日はどんな1日だった?」と受け入れる。
  • 遠距離恋愛でも、できる範囲で、恋人を支える努力をする。
  • プライベートの監視をしすぎない。
  • 遠距離恋愛の悪い夢を見たら「身を引き締めるサイン」として受け止める。
  • 一生懸命努力して、幸運を手に入れる。
  • 毎晩寝る前に、遠距離恋愛がうまくいっている様子を想像する。
  • 恋人関係を続ける意志を、もっと強くする。
  • 遠距離恋愛中に忙しくなれば、ラッキーと考える。
  • 遠距離恋愛をしているカップルと比較しない。
  • ほかのカップルとは比較せず、過去の自分たちと比較する。
  • 遠距離恋愛の楽しみ方を身につけ、困難を快感に変える。
  • 遠距離恋愛は、相手にも自分にも、完璧を求めない。
  • 数えることはあっても、数えすぎないようにする。
  • 恋人へのメールが、毎回長いメールにならないように注意する。
  • やる気が出ないときは「今ごろきっと頑張っているのだろうな。私も頑張ろう」と考える。
  • 遠距離恋愛は、ベストではなくベターを目指す。
  • 会いに行けなくても、会いに行こうと思った自分を認める。
  • 近距離恋愛で幸せそうなカップルを見ても、憎まず、適度に受け流す。
  • 昔のメールを読み返して、2人の関係がゆっくり進化していく様子を確認する。
  • 遠距離恋愛は、途中がどんなに苦しくても、ハッピーエンドになるまで努力を続ける。

同じカテゴリーの作品