遠距離恋愛

遠距離恋愛の浮気を防ぐ
30の方法

  • 浮気の可能性は、
    誰にでもある。
遠距離恋愛の浮気を防ぐ30の方法

もくじ
  1. 浮気の可能性は、誰にでもある。

    浮気をするのは、恋人ではなく、自分かもしれません。
    「自分に限って浮気なんてしない」と思ったら要注意。
    過信は油断と同じです。

  2. 浮気をするのは、恋人ではなく、自分かもしれない。

    遠距離恋愛中に注意したいのは、浮気です。
    浮気に注意するのは、相手だけではありません。
    自分も浮気に注意することが必要です。

  3. 浮気をほのめかして関心を引くのは、幼稚な行為。

    遠距離恋愛で恐れるキーワード。
    それが、浮気です。
    「会ってくれないと、浮気をしそうで不安」

  4. 応援した数だけ、相手の心に近づける。

    相手の心に近づくにはどうすればいいのか。
    その方法の1つが、応援です。
    金銭的な応援ではなく、言葉による応援で十分です。

  5. メールだけのコミュニケーションでは、なかなか遠距離恋愛が続かない。

    遠距離恋愛でメールは必須です。
    都合のよいときにメッセージを送れ、時間があるときに確認や返信ができます。
    気軽に送受信できるので、遠距離恋愛のコミュニケーションはメールが中心になるでしょう。

  6. 恋人のメールの履歴を盗み見しない。

    遠距離恋愛をしていると、離れている恋人の行動が気になるでしょう。
    特に心配なのは、浮気ではないでしょうか。
    「こそこそ隠れて、ほかの異性と親しくなっていないか」

  7. 恋人の部屋に来たとき、浮気チェックをするか、しないか。

    久しぶりのデートで、恋人の家に行くこともあるでしょう。
    恋人の部屋は閉鎖的な空間であり、プライベートも守られています。
    2人きりになれば、リラックスしながら自由に過ごせます。

  8. 「浮気をしてもいい」という一言は、冗談でも言わないこと。

    ときどきカップルの中には、大胆な発言をする人を見かけます。
    「浮気をしてもいい」
    もちろん実際に本気で言っているのではなく、何らかの裏の意味があるのでしょう。

  9. 「浮気をしてもいいよ」と言われたとき、どうするか。

    遠距離恋愛では、恋人からある衝撃的な一言を言われるかもしれません。
    「浮気をしてもいいよ」という一言です。
    「浮気をしないでね」という言葉なら分かりますが、まったく予想外の一言です。

  10. 「浮気をしていないか」と聞かれたときの最高の返事。

    遠距離恋愛で離れていると、お互いの日常が見えません。
    その気になれば、隠れて浮気ができるでしょう。
    あるとき、恋人から「浮気をしていないか」と聞かれることもあるかもしれません。

  11. 愛する気持ちをしっかり伝えることが、最大の浮気防止策。

    恋人がモテる人だと、浮気が心配になるかもしれません。
    ルックスがよく、笑顔も性格も明るく、話し上手だと、普通にしているだけで異性が近寄ってくるでしょう。
    モテてモテてモテまくり、近寄ってくる異性が多ければ、浮気のリスクも高まる気がします。

  12. 1週間以上メールも電話もないのは、赤信号。

    遠距離恋愛で連絡頻度は、自由です。
    決まったルールはありません。
    「まめな連絡が必要」というアドバイスを見かけることがありますが、過信には要注意です。

  13. 浮気をされやすい人によくある口癖。
    「浮気をしても好きだから許す」

    浮気をされやすい人によくある口癖があります。
    「浮気をしても好きだから許す」です。
    「そんなことをしないよ」という否定の返事を期待しているのかもしれません。

  14. 「浮気をしたら別れる」と釘を刺しておく。

    世の中には、ちょっとした火遊びのつもりで浮気に走る人もいます。
    浮気をしたときの罰則がはっきりしないと、恋人は油断しやすくなるでしょう。
    そのため、あらかじめ浮気をしたときの罰則を伝えておくことをおすすめします。

  15. 共通の友達が異性の場合、色恋への発展に注意。

    恋愛に関する問題は、共通の友達に助けを求めると、スムーズに解決する場合があります。
     
    たとえば、恋人に改善をお願いしても、なかなか素直になってくれないことがあります。

  16. 1通の手紙に時間をかけることで、多くの時間を節約できる。

    手紙は面倒くさい。
    はがき・便せん・切手にお金がかかる。
    書くのにも時間がかかる。

  17. 同居をすれば、遠距離恋愛を根本的に解消できる。

    遠距離恋愛を解消させる、大胆な方法があります。
    恋人の部屋で同居する方法です。
    引っ越しをして一緒に暮らすことになれば、遠距離恋愛を根本的に解消できます。

  18. 合鍵は、信頼関係の維持に役立つ。

    真剣に交際している証し。
    それが、合鍵です。
    もし状況が許せば、お互いに合鍵を作って交換する方法があります。

  19. 遠距離恋愛で注意したいのは、環境が変わるとき。

    遠距離恋愛で注意したいタイミング。
    それは、環境が変わるときです。
    遠距離恋愛中には、恋人や自分に環境の変化が訪れることがあります。

  20. 2回目の遠距離恋愛でも、初心者のつもりで始める。

    人によっては、2回目の遠距離恋愛を経験する人もいるでしょう。
    2回目の遠距離恋愛となると、すでに一度経験しているため、大きな流れやコツをつかんでいるでしょう。
    もちろん1回目の失敗は、同じことを繰り返さないよう、2回目に生かすことが大切です。

  21. 浮気がばれなかった成功談は、本当の成功談ではない。

    遠距離恋愛の体験談の中には、素直に喜べない成功談を見かけることがあります。
    「遠距離恋愛中に浮気をしたが、ばれずに済んだ」という話です。
    浮気を隠し通したまま遠距離恋愛を乗り越え、結婚もできています。

  22. 遠距離恋愛は、長く続けばよいとも限らない。

    遠距離恋愛は、長く続けばよいとも限りません。
    大切なのは「どんな状態で長く続いているか」です。
    もちろん恋愛感情を保ったまま、長く続いているならいいのです。

  23. 疑いやすい性格は、疑わしい出来事を引き寄せやすい。

    疑いやすい性格の人は、疑わしい出来事がたくさん起こるでしょう。
    たまたま、疑わしい出来事が起こっているのではありません。
    疑いやすい性格は、疑わしい出来事を引き寄せやすくなります。

  24. 異性のメル友は、浮気になるか。

    浮気になるか判断が難しい事例があります。
    異性のメル友です。
    会っているわけでもなければ、恋愛関係にあるわけでもありません。

  25. 感謝の言葉があるだけで、遠距離恋愛のトラブルは大幅に減る。

    ささいなメールを受け取ったとき、どんな返事をしていますか。
     
    たとえば「今日は仕事の調子はどうだった?」というメールが来たとします。

  26. 恋人からネガティブに「あなたは変わった」と言われたとき。

    恋人からネガティブに「あなたは変わった」と言われることがあります。
    よいほうに変わったならいいのですが、悪いほうに変わったなら、改善しなければいけないでしょう。
     

  27. 遠距離恋愛では、駆け引きをしないこと。

    一般的な恋愛の場合、相手の反応が鈍いとき、駆け引きが行われることがあります。
    「押してダメなら、引いてみる」という方法で、相手の真意を確かめたり行動を促したりします。
     

  28. 遠距離の恋人が病気や入院をしたとき、どうするか。

    遠距離恋愛中、恋人が病気や入院になることがあります。
     
    たとえば、恋人が風邪を引いて寝込んだり、大けがをして入院したりなどです。

  29. 遠距離恋愛だからこそ言いたい一言。
    「私にできることがあったら言ってね」

    「私にできることがあったら言ってね」
    この一言を、恋人に言っていますか。
    「できることを聞いたところで、遠く離れているのだから、意味がないのではないか」

  30. 遠距離恋愛の最後に待ち受けているもの。

    遠距離恋愛の最後に待ち受けているもの。
    それは、大きな決断です。
    どんな決断になるかは、そのときになってみないと分かりません。

同じカテゴリーの作品