遠距離恋愛

遠距離恋愛に疲れたときの
30の言葉

  • 焦らずのんびり続けるくらいで、
    ちょうどいい。
遠距離恋愛に疲れたときの30の言葉

もくじ

焦らずのんびり続けるくらいで、ちょうどいい。

焦らずのんびり続けるくらいで、ちょうどいい。

遠距離恋愛で焦りは禁物です。
恋人と離れていると、不安や寂しさに襲われ、焦りやすくなるでしょう。
すると悪気はなくても、相手にプレッシャーを与える言い方になりがちです。

遠距離恋愛は、標識のない、とても長いトンネル。

遠距離恋愛は、標識のない、とても長いトンネル。

遠距離恋愛は、トンネルだと考えてください。
標識のない、とても長いトンネルです。
トンネルの中は、薄暗くて肌寒い。

遠距離恋愛が、たった3カ月続くだけで偉い。

遠距離恋愛が、たった3カ月続くだけで偉い。

ひとまず3カ月続けば、自分たちに大きな拍手をしましょう。
遠距離恋愛が、たった3カ月続くだけで偉いからです。
「たった3カ月」と思うかもしれませんが、遠距離恋愛をしているカップルの3カ月は、1年のように長く感じるでしょう。

精神的に強いから、会いに行くのではない。
会いに行くから、精神的に強くなる。

精神的に強いから、会いに行くのではない。会いに行くから、精神的に強くなる。

遠距離の恋人に会いに行くのに必要なのは、お金や時間だけではありません。
精神力も必要です。
たとえば、勇気・度胸・根性です。

気持ちはすべて伝わらないと思うほうが、遠距離恋愛はうまくいく。

気持ちはすべて伝わらないと思うほうが、遠距離恋愛はうまくいく。

表現した気持ちが、すべて伝わると思わないことです。
人は「言葉」という素晴らしい道具を発明しました。
言葉があれば、考えや気持ちなどを伝えることができます。

いつもと同じ1日でも、よく見ると、小さな違いがある。

いつもと同じ1日でも、よく見ると、小さな違いがある。

恋人に連絡しようとするとき、ネタに困ることがあります。
「今日は特に変わった出来事がなかった。いつもと同じ1日だった。何も連絡することがない」
遠距離恋愛では適度な連絡を心がけますが、ネタがなければ、連絡もしにくいでしょう。

いきなり大きな成功を目指すより、小さな成功を積み重ねる。

いきなり大きな成功を目指すより、小さな成功を積み重ねる。

遠距離恋愛では、いきなり大きな成功を目指す必要はありません。
むしろ、いきなり大きな成功を目指すのは避けたほうがいいでしょう。
たとえば、いきなり婚約したり、遠距離恋愛中に結婚したりなどです。

連絡頻度や愛情表現がどんなに多くても、信頼がないと意味がない。

連絡頻度や愛情表現がどんなに多くても、信頼がないと意味がない。

「何度も連絡しているのに、相手が真剣になってくれない」
「しっかり愛情表現をしているのに、うまく伝わっていないように感じる」
こうしたとき、連絡頻度や愛情表現に原因があるのではないかと考えるかもしれません。

遠距離恋愛を「かわいそう」と言う人は、遠距離恋愛の素晴らしさを知らないだけ。

遠距離恋愛を「かわいそう」と言う人は、遠距離恋愛の素晴らしさを知らないだけ。

遠距離恋愛中であることを伝えると、同情されることがあります。
「遠距離恋愛をしているのですね。大変ですね。かわいそう」
妙に神妙な顔つきで言われます。

遠距離恋愛をきっかけに、ポジティブ思考になろう。

遠距離恋愛をきっかけに、ポジティブ思考になろう。

ポジティブ思考とは何か。
ポジティブ思考とは、物事をできるだけ肯定的・前向きにとらえる考え方です。
遠距離恋愛は、ネガティブ思考よりポジティブ思考のほうがうまくいきます。

「疲れた」と言われたときは、拒む発言より受け入れる発言。

「疲れた」と言われたときは、拒む発言より受け入れる発言。

「ああ、疲れた」
そんな一言を恋人から言われることがあります。
何か嫌なことがあったのかもしれません。

支える力が強ければ強いほど、恋人にとってかけがえのない存在になれる。

支える力が強ければ強いほど、恋人にとってかけがえのない存在になれる。

遠距離恋愛では、恋人を支えたくても難しく思うかもしれません。
なかなか会いに行けません。
恋人に触れたくても触れられません。

プライベートの監視は、もはや束縛と同じ。

プライベートの監視は、もはや束縛と同じ。

「恋人の1日の行動を知りたい」
遠く離れていると、恋人の様子が気になり、1日の行動を知りたくなるかもしれません。
もちろん適度に聞く程度ならいいでしょう。

遠距離恋愛の悪い夢を見たときの受け止め方とは。

遠距離恋愛の悪い夢を見たときの受け止め方とは。

遠距離恋愛中、遠距離恋愛の夢を見ることがあります。
もちろんよい夢ならいいのですが、時には不快な夢もあるでしょう。
遠距離恋愛の不安や寂しさがあるためか、気分の悪い夢を見ることもあるかもしれません。

一生懸命努力を続けていれば、ときどき神様が協力してくれる。

一生懸命努力を続けていれば、ときどき神様が協力してくれる。

遠距離恋愛は、神様が与えた試練です。
2人の恋愛がうわべではないか確かめるため、神様が「遠距離恋愛」という形で試練を与えました。
遠距離恋愛を乗り越えるのは、簡単ではありません。

毎晩寝る前に、遠距離恋愛がうまくいっている様子を想像する。

毎晩寝る前に、遠距離恋愛がうまくいっている様子を想像する。

遠距離恋愛中、ぜひ心がけたい習慣があります。
毎晩寝る前に、遠距離恋愛がうまくいっている様子を想像する習慣です。
たとえば、恋人の笑顔を思い浮かべたり、恋人と仲良くデートしている場面を想像したりします。

恋人関係を続ける意志が強ければ、距離は関係ない。

恋人関係を続ける意志が強ければ、距離は関係ない。

恋人関係を続ける意志が、どのくらい強いかです。
遠距離恋愛を乗り越えるためには、距離が関係あると思われます。
たしかに距離は近いほうが、恋人に会いやすくなるのは事実です。

遠距離恋愛中に忙しいのは、ラッキーなこと。

遠距離恋愛中に忙しいのは、ラッキーなこと。

遠距離恋愛では学業や仕事などのため、忙しくなることがあります。
遠距離恋愛中に忙しければ、ラッキーです。
忙しいと、連絡がしにくかったり会いに行きにくくなったりなど、不都合に思うかもしれません。

ほかのカップルを参考にするのはいいが、比較するのはいけない。

ほかのカップルを参考にするのはいいが、比較するのはいけない。

体験談は貴重です。
遠距離恋愛の体験談があれば、ほかのカップルの様子を知ることができます。
受験対策の1つとして体験談が役立つように、遠距離恋愛の対策でも、やはり体験談が役立ちます。

比較するなら、過去の自分たちとしよう。

比較するなら、過去の自分たちとしよう。

ほかの遠距離恋愛をしているカップルと比較するのはよくありません。
参考にするのはいいのですが、比較しても時間の無駄です。
カップルによって事情が大きく異なるため、比較したところで正確ではなく、意味がないのです。

遠距離恋愛がつらいのは、楽しみ方がわからないだけ。

遠距離恋愛がつらいのは、楽しみ方がわからないだけ。

「遠距離恋愛がつらい」
そう思ったときは、遠距離恋愛の楽しみ方が身につけていないサインと考えましょう。
遠距離恋愛をそのまま受け止めると、やはり誰でも大変です。

遠距離恋愛に、完璧は必要ない。

遠距離恋愛に、完璧は必要ない。

遠距離恋愛では、ルール・約束・マナーが大切です。
1日3回メールをすると決めれば、きちんと1日3回はメールをする。
恋人の誕生日に、会いに行く約束をする。

数えることはあっても、数えすぎない。

数えることはあっても、数えすぎない。

遠距離恋愛で注意したいのは「数えること」についてです。
メールを送った回数。
メールが来た回数。

毎回長いメールでは、恋人を疲れさせる。

毎回長いメールでは、恋人を疲れさせる。

遠距離恋愛では、長いメールに要注意です。
恋人に会いたい気持ちが強いと、メールにも気合が入りやすくなるでしょう。
すると、悪気はなくても、つい長いメールを送ってしまうことがあります。

遠距離恋愛でやる気を出す、魔法の言葉。

遠距離恋愛でやる気を出す、魔法の言葉。

勉強のやる気が出ない。
仕事のやる気が出ない。
遠距離恋愛でやる気を出す、魔法の言葉があります。

遠距離恋愛で目指したいのは、ベストではなくベター。

遠距離恋愛で目指したいのは、ベストではなくベター。

遠距離恋愛では多くのカップルが、ベストを目指そうとします。
「遠く離れていても、完全な恋愛関係を維持する」
「1日に3回は、必ず連絡を取り合う」

会いに行けなくても、会いに行こうと思っただけで、あなたは素晴らしい。

会いに行けなくても、会いに行こうと思っただけで、あなたは素晴らしい。

「遠距離の恋人に会いに行きたい」
そう思ったあなたは、直近の予定を考えながらカレンダーを眺め、会いに行けそうな日を見つけようとしました。
予定が入っている日も、何とかずらせないか考えました。

近距離恋愛の幸せそうなカップルが、憎たらしく見えて仕方ない。

近距離恋愛の幸せそうなカップルが、憎たらしく見えて仕方ない。

遠距離恋愛中、身近なカップルを見たとき、羨ましく感じることが多くなるでしょう。
自分の場合、時間とお金をかけてようやく恋人と会えますが、近距離恋愛のカップルは簡単に実現します。
会いたいときに会えるのは、やはり大きなメリットです。

昔のメールは、思い出のアルバムのようなもの。
読み返すと、恋人関係の進化に気づける。

昔のメールは、思い出のアルバムのようなもの。読み返すと、恋人関係の進化に気づける。

恋人関係を長く続けていると、だんだん2人の関係に変化が出てきます。
愛情が深くなったり、信頼関係が強くなったりなど、何らかの進化があるでしょう。
しかし、ゆっくりした進化だからこそ、なかなか気づきにくいのが難点です。

「あの時期があったからこそ、今の自分がいる」そう言えるのは、最後まで諦めなかった人だけ。

「あの時期があったからこそ、今の自分がいる」そう言えるのは、最後まで諦めなかった人だけ。

つらいことがあっても諦めず、遠距離恋愛を続けましょう。
遠距離恋愛中は「むしろつらいことがあって当然」と考えることです。
困難を受け入れる姿勢があれば、つらいことがあっても、耐えやすくなります。

同じカテゴリーの作品