遠距離恋愛

遠距離恋愛の
30の心得

  • なぜ遠距離恋愛をするのか。
遠距離恋愛の30の心得

もくじ

なぜ遠距離恋愛をするのか。

なぜ遠距離恋愛をするのか。

それはやはり、恋人を本気で愛しているからです。
「少し好き」という程度では、遠距離恋愛を続けるのは難しいでしょう。
遠距離恋愛では、お金も時間も労力も消耗します。

遠距離恋愛が大変なのは、もはや昔の話。

遠距離恋愛が大変なのは、もはや昔の話。

遠距離恋愛が大変なのは、もはや昔の話です。
たしかに昔は、遠距離恋愛が大変でした。
通信手段も交通手段も、今ほど発達していなかったからです。

遠距離恋愛を始める前にしておきたい4つのこと。

遠距離恋愛を始める前にしておきたい4つのこと。

遠距離恋愛を始める前にできることは、早めに終わらせておくのが賢明です。
実際に遠距離恋愛が始まると、お互いに多忙で、話し合って決める時間がないかもしれません。
大切なことは、できるだけ早めに終わらせておくほうが、スムーズに遠距離恋愛を始められます。

遠距離恋愛の定義とは。

遠距離恋愛の定義とは。

遠距離恋愛に定義はあるのでしょうか。
辞書で確認すると「遠く離れた生活圏で暮らす人同士の恋愛関係」と書かれています。
どの辞書を確認しても、曖昧な表記のみで、具体的な条件の記載はありません。

遠距離恋愛の成功率とは。

遠距離恋愛の成功率とは。

遠距離恋愛をしていれば、気になるのは成功率です。
成功と失敗はどの程度なのか、遠距離恋愛の一般事情を知りたくなるでしょう。
実際に探せばデータはあるのですが、ここに注意があります。

ボッサードの法則からわかる、遠距離恋愛の難しさ。

ボッサードの法則からわかる、遠距離恋愛の難しさ。

アメリカの心理学者ボッサードが発見した法則は、遠距離恋愛を語る上で欠かせません。
ボッサードは、婚約中のカップル5000組を調査したところ、大きな傾向を発見しました。
3分の1にあたる33パーセントは、お互い5ブロック以内の範囲に住んでいることが判明しました。

遠距離恋愛の6つのメリット。

遠距離恋愛の6つのメリット。

遠距離恋愛には、どんなメリットがあるのでしょうか。
代表的なメリットは、次の6つがあります。
(メリット1)自分の時間が作りやすくなる

遠距離恋愛の3つのデメリット。

遠距離恋愛の3つのデメリット。

遠距離恋愛には、デメリットをあらためて整理してみましょう。
代表的なデメリットは、次の3つがあります。
(デメリット1)会いにくくなる

遠距離恋愛に向いている人・向いていない人の特徴。

遠距離恋愛に向いている人・向いていない人の特徴。

性格によって、遠距離恋愛の向き・不向きの傾向があります。
あくまで傾向なので例外もありますが、参考にはなるでしょう。
それぞれの特徴を、自分や恋人に当てはめながら考えてみてください。

遠距離恋愛で大変なのは、2つしかない。
「距離の問題」と「お金の問題」

遠距離恋愛で大変なのは、2つしかない。「距離の問題」と「お金の問題」

「遠距離恋愛は大変」とよく聞きます。
実際のところ、何が大変なのでしょうか。
連絡を取り合ったり、不安や寂しさに耐えたり、お金がかかったりなどが思い浮かぶでしょう。

遠距離恋愛の5つの通過地点。

遠距離恋愛の5つの通過地点。

遠距離恋愛には、5つの通過地点があると言われます。
「1カ月」「3カ月」「半年」「1年」「2年」です。
それぞれの通過地点を過ぎれば、新しいステージに入るため、心がけも変えていくといいでしょう。

遠距離恋愛に必要な3つの表現。
「感謝の表現」「愛情の表現」「色気の表現」

遠距離恋愛に必要な3つの表現。「感謝の表現」「愛情の表現」「色気の表現」

遠距離恋愛では、3つの表現を大切にしましょう。
「感謝の表現」「愛情の表現」「色気の表現」です。
遠距離恋愛で遠く離れている分、表現を工夫して、少しでもコミュニケーションをスムーズにすることが大切です。

愛している気持ちの表現には、4つある。
声・文字・行動・体。

愛している気持ちの表現には、4つある。声・文字・行動・体。

愛している気持ちの表現には、4種類があります。
(1)声による表現
(2)文字による表現

遠距離恋愛は、子供の恋愛と大人の恋愛のどちらか。

遠距離恋愛は、子供の恋愛と大人の恋愛のどちらか。

恋愛には、大きく分けて2つあります。
「子供の恋愛」と「大人の恋愛」です。
単純に「子供がする恋愛」「大人がする恋愛」という違いではありません。

遠距離恋愛を通して、大人の恋愛にレベルアップしよう。

遠距離恋愛を通して、大人の恋愛にレベルアップしよう。

遠距離恋愛は、大人の恋愛です。
わがままや自己中心的な考えがあると、なかなかうまくいきません。
勢いやパワーはなくてもいいので、相手の立場を考え、落ち着きと信頼を大切にしながら付き合うことが必要です。

遠距離恋愛とは、新しい自分に出会う旅。

遠距離恋愛とは、新しい自分に出会う旅。

遠距離恋愛で離れてみると、恋人の新たな一面に気づくことがあります。
離れたほうがよく見えるのは、不思議な感覚ですが、実際はよくある出来事です。
恋人の新しい魅力に気づいてますます惚れ込むこともあれば、悪い性格に気づいて失望することもあるでしょう。

遠距離恋愛の主役は誰か。

遠距離恋愛の主役は誰か。

「遠距離恋愛の主役は誰か」
そう聞かれたとき、あなたはどう答えますか。
男性が主役でしょうか。

遠距離恋愛で一番苦しい時期は、最初の3カ月間。

遠距離恋愛で一番苦しい時期は、最初の3カ月間。

遠距離恋愛で一番苦しい時期は、いつでしょうか。
一般的には「最初の3カ月間」と言われています。
遠距離恋愛中は、不安や寂しさの波が一定で続くのではありません。

遠距離恋愛で本当に注意したい時期は、3カ月後からの3カ月間。

遠距離恋愛で本当に注意したい時期は、3カ月後からの3カ月間。

遠距離恋愛で一番苦しい時期は、最初の3カ月間と言われています。
最初の3カ月間は、遠距離恋愛が始まったばかりで、環境に不慣れです。
そのため、情緒不安定・不眠症・食欲不振などの不調に悩まされる状況が目立ちます。

遠距離恋愛は、毎日連絡を取り合うのが普通なのか。

遠距離恋愛は、毎日連絡を取り合うのが普通なのか。

「遠距離恋愛は、毎日連絡を取り合うのが普通」
そう思っているなら、誤解です。
たしかに恋人関係を維持するには、連絡が大切です。

恋愛で本当に大切なのは、物理的な距離でなく、心理的な距離。

恋愛で本当に大切なのは、物理的な距離でなく、心理的な距離。

恋愛では、2つの距離があります。
「物理的な距離」と「心理的な距離」です。
遠距離恋愛では、物理的な距離が離れているため、会いたいときにすぐ会えません。

遠距離恋愛では「節約すべき場面」と「お金を使うべき場面」がある。

遠距離恋愛では「節約すべき場面」と「お金を使うべき場面」がある。

遠距離恋愛では、2つの場面を使い分ける必要があります。
「節約すべき場面」と「お金を使うべき場面」です。
それぞれの使い分けが、遠距離恋愛の成り行きに影響します。

結婚する気はないのに、遠距離恋愛をする意味はあるのか。

結婚する気はないのに、遠距離恋愛をする意味はあるのか。

結婚する気がないまま、遠距離恋愛を始める人もいるかもしれません。
遠距離恋愛を続けるには、時間もお金もかかります。
体力や根気も必要です。

遠距離恋愛は、本当に難しく大変なのか。

遠距離恋愛は、本当に難しく大変なのか。

遠距離恋愛は、難しいと思いますか。
大変だと思いますか。
おそらく多くの人が「もちろん難しくて大変に決まっている」と思うのではないでしょうか。

学生同士の遠距離恋愛と社会人同士の遠距離恋愛。
成功率が高いのは、どちらか。

学生同士の遠距離恋愛と社会人同士の遠距離恋愛。成功率が高いのは、どちらか。

学生同士の遠距離恋愛と社会人同士の遠距離恋愛。
成功率が高いのは、どちらでしょうか。
もちろん状況によって結果は異なりますが、細かい条件は考えず、単純に比較するとします。

学生と社会人の遠距離恋愛で起こりがちなすれ違い。

学生と社会人の遠距離恋愛で起こりがちなすれ違い。

学生と社会人の遠距離恋愛で起こりがちなすれ違い。
それは、時間感覚と価値観のずれです。
社会人になると、学生時代より忙しい日々になります。

遠距離恋愛で最初にトラブルの原因を作るのは、男女のどちらが多いのか。

遠距離恋愛で最初にトラブルの原因を作るのは、男女のどちらが多いのか。

遠距離恋愛で最初にトラブルの原因を作るのは、男女のどちらが多いのでしょうか。
もちろんさまざまな状況があって、一概には言えません。
遠距離恋愛のさまざまな条件によって、状況も変わるはずです。

遠距離恋愛でも、マンネリになることはある。

遠距離恋愛でも、マンネリになることはある。

「遠距離恋愛は、マンネリと無縁」
そう思う人もいるかもしれません。
恋人となかなか会えない状況なら、刺激に慣れる状況は考えにくいと思うかもしれません。

なぜ遠距離恋愛中は、恋人とそっくりな人に出会いやすいのか。

なぜ遠距離恋愛中は、恋人とそっくりな人に出会いやすいのか。

遠距離恋愛中、不思議な体験をするでしょう。
それは「恋人にそっくりな人を見かけやすい」という現象です。
遠距離恋愛中に街を歩いていると、恋人にそっくりな人と出会う確率が高くなります。

遠距離恋愛を悪用した詐欺に注意。

遠距離恋愛を悪用した詐欺に注意。

詐欺の種類は、多種多様です。
保険金詐欺・義援金詐欺・架空請求詐欺・オークション詐欺・振り込め詐欺。
もはや詐欺は、どこにでも存在すると言っても過言ではありません。

同じカテゴリーの作品