遠距離恋愛

遠距離恋愛を結婚に導く
30の方法

  • 遠距離恋愛は、
    結婚への布石。
遠距離恋愛を結婚に導く30の方法

もくじ
  1. 遠距離恋愛は、結婚への布石。

    遠距離恋愛を乗り越えたカップルの行動には、主に3つのパターンがあります。
    (1)昔と同じ恋愛関係に戻る
    (2)同居する

  2. 遠距離恋愛は、結婚生活の疑似体験。

    遠距離恋愛は、結婚生活の疑似体験のようなものです。
    もちろん遠距離恋愛と実際の結婚生活では、相違点が多いのですが、共通点も多いのです。
    恋人とのお付き合いでは、仕方ない事情で遠距離恋愛になることがあります。

  3. 遠距離恋愛の困難は、2人の邪魔をしているのではない。
    2人の信頼関係を深めるお手伝いをしている。

    遠距離恋愛は、結婚の疑似体験のようなものです。
    遠距離恋愛を乗り越えるポイントの1つが、信頼関係です。
    遠距離恋愛が困難であればあるほど、乗り越えるには強い信頼関係が必要です。

  4. 「暇なとき」という表現は、誤解を招きやすい。

    「暇なとき」という一言には、注意が必要です。
    本人に悪気はなくても「暇」という言葉は、使い方によってネガティブな印象を与えることがあります。
     

  5. 遠距離恋愛から同棲に発展したときによくある失敗。

    遠距離恋愛から同棲に発展することがあります。
    同じ場所で一緒に暮らせば、遠距離恋愛を解消できるだけでなく、結婚も現実的になります。
    お互いの都合が合えば、結婚を前提に同棲を始めてみるのもいいでしょう。

  6. 遠距離恋愛を乗り越えて結婚したカップルを、素直に尊敬する。

    遠距離恋愛を始めると、続けるのがいかに難しいか分かるでしょう。
    遠距離恋愛全体で見ると、乗り越えられるカップルより、挫折するカップルのほうが多いのが現実です。
    遠距離恋愛は、努力がなければ達成できません。

  7. 「3年も続けなければいけない」と考えない。
    「3年後には結婚できる」と考える。

    遠距離恋愛が長く続くと分かっているとき、気持ちのコントロールに苦労するでしょう。
     
    たとえば、遠距離恋愛が3年続くとします。

  8. あなたの行為が、遠距離恋愛を長引かせる原因になっていませんか。

    遠距離恋愛では、期間が延長になることがあります。
    延長になる原因はさまざまですが、意外にもあなたが一因になっているかもしれません。
    自分では悪気がなくても、間接的な影響で、遠距離恋愛が延長になる原因に変わっていることがあります。

  9. 反対する親を説得するのも、遠距離恋愛の一部。

    遠距離恋愛中であることを親に伝えたとき、よい返事が返ってくるとは限りません。
    味方になってくれるとは限らず、中には遠距離恋愛に反対する親もいるでしょう。
    反対理由はさまざまです。

  10. 相手が実家暮らしだった場合、どう泊めてもらうか。

    泊まりがけで会いに行くとき、宿泊費用の問題があります。
    やはりできるだけ費用は抑えたいと考えることが多いのではないでしょうか。
    宿泊費を抑えたければ、相手の家に泊めてもらうのが一番です。

  11. 一人旅をすると、遠距離恋愛に必要な自立心が育つ。

    遠距離恋愛中、余裕があれば、一人旅に挑戦してみましょう。
    一人旅と遠距離恋愛。
    それぞれ無関係に思えるかもしれませんが、深いところで関係しています。

  12. 「あと1年しかない」より「まだ1年もある」と考える。

    遠距離恋愛では、期限を決めると続けやすくなります。
    必須ではありませんが、期限を決めると目安になるため、遠距離恋愛がだらだら続くのを防げます。
    人生は有限です。

  13. デートで喧嘩別れをすると、帰り道が逃げ道になる。

    デートで注意したいのは、喧嘩別れです。
    ささいなことから喧嘩に発展して、仲直りせず別れることもあるかもしれません。
    一緒にいるのが嫌になれば、予定より早く帰りたくなるでしょう。

  14. 遠距離恋愛中、家族に恋人を紹介しておく。

    遠距離恋愛中、家族に恋人を紹介しておくといいでしょう。
    最初から「将来の結婚相手」として紹介できれば理想ですが、必須ではありません。
    「お付き合いしている人」として紹介するだけでも違います。

  15. 必要な結婚資金を見積もり、今から貯め始めよう。

    結婚に向けて恋愛をしている人にとって、大切なことがあります。
    結婚資金です。
    遠距離恋愛は、通信費や交通費など、ただでさえお金が必要です。

  16. 呼び捨てにすると、恋人関係がさらにレベルアップする。

    恋人を、どんな呼び方にしていますか。
    愛称で呼ぶこともあれば、昔からの名残で「○○さん」という敬称で呼ぶこともあるでしょう。
    もちろん恋人関係ですから、呼び方は自由です。

  17. 遠距離恋愛に期限を決めると、続けやすくなる。

    結婚したいにもかかわらず、遠距離恋愛を無期限で続けるのは得策ではありません。
    遠距離恋愛が長引けば長引くほど、恋愛感情は、熱くなるどころか冷めていきます。
    場合によっては、関係がマンネリになることもあります。

  18. 遠距離恋愛の期限は、まず3年で考えるのが妥当。

    遠距離恋愛に期限を作るなら、いつがいいでしょうか。
    一概には言えません。
    カップルによって、遠距離恋愛に適した期限は異なります。

  19. 遠距離恋愛中に結婚を切り出すときの注意点。

    遠距離恋愛中に、結婚を切り出したくなるときもあるでしょう。
    もちろん結婚を切り出すのがいけないわけではありません。
    十分親密になり、将来設計を2人で真剣に考える関係になれば、結婚の話も自然と出るでしょう。

  20. プラスを目指すよりマイナスを避けるのが、遠距離恋愛を乗り越えるコツ。

    「もっと愛を深めたい」
    「もっと信頼関係を強くしたい」
    「もっと思い出を作りたい」

  21. 結婚を目指しているなら、遠距離恋愛は公言したほうがいい。

    「遠距離恋愛を公言するべきか」
    これは悩むところです。
    「遠距離恋愛をしている」と伝えたときの反応は、人それぞれです。

  22. 結婚の話をするのはいいが、せかすのはよくない。

    遠距離恋愛中、結婚の話をすることもあるでしょう。
    お互いの信頼関係が深まり、十分親密になれば、結婚の話題が出るのも自然です。
    どちらかが結婚を切り出し、晴れて婚約が成立すれば、結婚の話もしやすくなります。

  23. 恋人の家に遊びに行ったとき、家事を頑張る。

    恋人の家に遊びに行ったとき、家事を頑張ってみてはいかがでしょうか。
     
    たとえば、おいしい手料理を振る舞います。

  24. 家事を頑張るとき、ネガティブな生活感を見せない。

    恋人の家に遊びに行ったとき、家事を頑張ると、結婚の印象がよくなります。
     
    たとえば、あなたが恋人のために、おいしい手料理を振る舞ったとします。

  25. 結婚後の転職や辞職に備えて、資格を取得しておく。

    遠距離恋愛を終えて結婚するとなると、どちらかの環境が変わることがあります。
    引っ越しするくらいならまだいいのですが、問題は仕事です。
     

  26. お見合いの話をして、相手の決断を促す。

    遠距離恋愛が長く続くと、だんだん家族が心配し始めます。
    「本当に遠距離恋愛がうまくいくのだろうか」
    「破局になれば、新しく恋愛をするのが大変になるだろう」

  27. 「今のうちに自由を満喫する」くらいの気持ちが大切。

    遠距離恋愛では、自由な時間が増えます。
    恋人と毎週デートができるわけではないので、空いた時間は、自分の思いどおりに使うといいでしょう。
     

  28. 遠距離恋愛で結婚式を挙げる場合、どちらの場所がいいか。

    遠距離恋愛で結婚式を挙げる場合、悩むのは場所です。
    新郎の地元がいいのか、新婦の地元がいいのか、まったく別の場所がいいのか。
    常識やマナーが気になるところでしょう。

  29. 新居を先に決めてから、結婚式について考えるほうがスムーズ。

    結婚をして同居するときに考えなければいけないことが、2つあります。
    「結婚式」と「新居」についてです。
    どちらも重要であり、どちらも大金が必要です。

  30. いつまで経っても、結婚の話が出ないとき。

    遠距離恋愛がしばらく続けば、自然と結婚を意識し始めるのが普通です。
    明確に結婚の話が出ることもあれば、自然と結婚に向けた話が出ることもあるでしょう。
     

同じカテゴリーの作品