遠距離恋愛
超遠距離恋愛を経験しているあなたは、運がいい。
遠距離恋愛
超遠距離恋愛は、結婚を前提で始めるのが基本。
遠距離恋愛
昔に比べれば、超遠距離恋愛は乗り越えやすくなっている。
遠距離恋愛
超遠距離恋愛そのものが、奇跡。
遠距離恋愛

超遠距離恋愛を成功させる
30の方法(海外国際編)

  • 超遠距離恋愛の定義とは。
超遠距離恋愛を成功させる30の方法(海外国際編)

もくじ
  1. 超遠距離恋愛の定義とは。

    「遠距離恋愛の中でも『超』が付くほどの遠距離」
    それが、超遠距離恋愛です。
    超遠距離恋愛には、具体的な定義が存在するのでしょうか。

  2. 超遠距離恋愛でも心がけることは、普通の遠距離恋愛と同じ。

    遠距離恋愛の中でも、特に遠距離の恋愛があります。
    いわゆる、超遠距離恋愛です。
    飛行機やパスポートなどが必須になるような遠距離恋愛です。

  3. 昔に比べれば、超遠距離恋愛は乗り越えやすくなっている。

    国をまたいだ超遠距離恋愛は、以前なら非常に乗り越えるのが困難でした。
    「絶望的」と言われるほど、難しかったのです。
    国際電話は、ほんの数分話をするだけで、多額の電話代を請求されました。

  4. 超遠距離恋愛は、難しく思えるだけ。
    本当は難しくない。

    国をまたいだ、超遠距離恋愛。
    一見すると、難しいことばかりに思うかもしれません。
    時差があって、連絡がしにくい。

  5. 時差のある遠距離恋愛で、一番心がけたいこと。

    時差のある遠距離恋愛を経験する人もいるでしょう。
     
    たとえば、国をまたぐ超遠距離恋愛になると、時差も出てくる場合が大半です。

  6. 時差のある遠距離恋愛は、不便であっても、不可能ではない。

    超遠距離恋愛をするカップルがよくする言い訳が、時差です。
    「時差がないから、時間帯が合わない」
    「時差があるから、恋愛を続けにくい」

  7. 時差の計算が手間なら、時計を2つ準備しておくと便利。

    時差が1時間や2時間くらいなら、さほど計算に苦労はしないでしょう。
    時差があるとはいえ、1時間や2時間なら、ほぼ同じようなもの。
    計算も簡単なので、さほど障害にはならないでしょう。

  8. ワーキングホリデーを使えば、事実上、遠距離恋愛が解消できる。

    恋人に会いに行くくらいなら、いっそのこと、その国で働く方法があります。
    通常、観光ビザでの外国就労は許されていません。
     

  9. 就労ビザを使えば、海外にいる恋人の近場で働ける。

    いっそのこと、恋人のいる国で働く方法があります。
    代表的な方法が、就労ビザです。
    就労ビザを使えば、海外で働くことを目的に長期滞在が可能です。

  10. 語学留学という名目で、恋人の近くに行く。

    恋人に会いに行く方法の1つとして「語学留学」があります。
    語学学校は、世界中にたくさんあります。
    おそらく恋人が住む地域の近くにも、語学学校があるでしょう。

  11. 恋人が住む国に無知では、コミュニケーションも噛み合わない。

    恋人が海外にいると、環境が大きく違い、話が理解できない場面が出てくるでしょう。
    国が変われば、通貨や人種、文化や政治経済も変わります。
    恋人が住む国に無知では、コミュニケーションも噛み合いません。

  12. 恋人がいる国の言葉を、普段から勉強しておこう。

    恋人が住む国について勉強するのは、文化や政治経済だけではありません。
    余裕があるかぎり、語学の勉強をおすすめします。
    恋人に会いに行くとき、心配なのはやはり言葉の問題です。

  13. 海外であっても、一度は会いに行ったほうがいい。

    超遠距離恋愛は、なかなか会いに行けません。
    「知らない土地は怖い」
    「外国人が苦手」

  14. 超遠距離恋愛を家族に隠しながら続けるのは、現実的に困難。

    普通の遠距離恋愛の場合、できるだけ家族に打ち明けておくほうがいい。
    家族は、遠距離恋愛の心強い味方です。
    遠距離恋愛中であることを家族に話しておけば、いざというとき、頼りになります。

  15. 恋人が外国人なら、語学の勉強が必須。

    超遠距離恋愛では、恋人が外国人ということもあるでしょう。
    距離の壁だけでなく、言葉の壁があります。
    遠距離恋愛の成否は、どれだけコミュニケーションがスムーズにできるかが重要になるでしょう。

  16. 語学力が不十分でも、懸命に伝える姿勢があれば、気持ちは伝わる。

    外国人との超遠距離恋愛は、言葉の壁が大変です。
    語学力が必須であるため、外国語の勉強も必要です。
    言いたいことをスムーズに表現できないと、もどかしく感じるでしょう。

  17. 恋人が外国人の場合、まず本気なのか見極める必要がある。

    外国人と超遠距離恋愛を始めるなら、必ず確認しておきたいことがあります。
    「相手がどれだけ本気なのか」という点です。
    相手からの愛情表現を、深く考えずそのまま受け止めるのは、控えたほうが賢明です。

  18. 超遠距離恋愛は、結婚を前提で始めるのが基本。

    超遠距離恋愛を始める段階で、すでに結婚を意識するでしょう。
    極端ですが、超遠距離恋愛の行く末を考えると「結婚」という文字が浮かぶはずです。
    もちろん結婚については付き合いながら考えたい意見もあるでしょう。

  19. なぜお付き合いが2年続けば、同居か結婚を考えたほうがいいと言われているのか。

    恋愛に関して、よく聞かれる言葉があります。
    「お付き合いが2年続けば、同居か結婚を考えたほうがいい」という格言です。
    誰が言い始めたのかは分かりませんが、世界的にも有名な言葉です。

  20. 遠距離恋愛で、結婚を切り出すべきタイミングとは。

    「お付き合いが2年続けば、同居か結婚を考えたほうがいい」と言われています。
    熱い恋愛感情には期限があり「およそ3年」と言われています。
    付き合い始めておよそ3年が経つと、熱い恋愛感情が落ち着き始めます。

  21. 返信不要にすれば、待ちくたびれることもない。

    メールでは、返信に待ちくたびれることがあります。
    メールを送れば「いつ返事が返ってくるのだろう」と思い、気になります。
    メールボックスを確認して、返信があると嬉しいですが、まだ返事が来ていないとがっかりする。

  22. まったく違う環境だからこそ、すべてがネタになる。

    遠距離恋愛と比べて、超遠距離恋愛ならではのメリットがあります。
    「話のネタが見つかりやすい」という点です。
    普通の遠距離恋愛では、お互いが遠く離れてはいるものの、国内でしょう。

  23. ときどき仕送りをしよう。

    超遠距離恋愛は、ときどき仕送りをすると喜ばれます。
    母国を離れた恋人にとって、母国の品物は嬉しいでしょう。
    相手に欲しいものを直接聞いてみて、リクエストがあるなら、送ってあげると喜ばれるでしょう。

  24. 海外にいる恋人に仕送りをするときの3つの注意点。

    超遠距離恋愛なら、ときどき仕送りをすると喜ばれるでしょう。
    母国を離れた恋人にとって、ホームシックになるかもしれません。
    母国ならではの品物を送ると「懐かしい」と思って、喜ばれるでしょう。

  25. 超遠距離恋愛を経験しているあなたは、運がいい。

    超遠距離恋愛を経験する人は、非常に珍しい。
    一般的な遠距離恋愛でさえ、経験者は少数ですが、国をまたいだ超遠距離恋愛は、さらに少数です。
    超遠距離恋愛をすることになったとき、どう思うかです。

  26. 「超遠距離恋愛でもいいから付き合い続けたい」と思える人に出会えたことが、すでに幸せ。

    超遠距離恋愛を経験しているなら、素晴らしいことです。
    遠距離恋愛をしている時点で、実はすでに幸せだからです。
    国をまたぐ超遠距離恋愛には、確実に多くの困難が待ち受けているため、大きな覚悟が必要です。

  27. パスポートのスタンプは「よくできました」という意味。

    国をまたいだ超遠距離恋愛では、会いに行くために飛行機が必要です。
    デートをするにも、飛行機です。
    なんとスケールが大きいのでしょう。

  28. 行き道とは違った道で帰ると、楽しみが2倍に増える。

    恋人に会いに行ったときの帰りは、どんな道を通りますか。
    おそらく、行き道の逆方向で帰る場合が大半でしょう。
    一度通った道なので、帰るときもシンプルです。

  29. 超遠距離恋愛そのものが、奇跡。

    あらためて考えると、超遠距離恋愛とは不思議な体験です。
    途方もなく遠い場所に、自分を大切に思ってくれる人が存在しています。
    その人は、あなたの生活を想像しては「何か自分にできることはないだろうか」と、心配したり悩んだりしています。

  30. 恋愛における、バタフライ効果とは。

    恋愛では、ささいなことで2人の関係を左右することがあります。
    小さな出来事がきっかけで、あとあと大きな影響を及ぼすことがあります。
     

同じカテゴリーの作品