遠距離恋愛

遠距離恋愛の電話で心がける
30のポイント

  • 何でもメールがいいわけではない。
    伝えたい内容に応じて、
    通信手段の使い分けが重要。
遠距離恋愛の電話で心がける30のポイント

もくじ

何でもメールがいいわけではない。
伝えたい内容に応じて、通信手段の使い分けが重要。

何でもメールがいいわけではない。伝えたい内容に応じて、通信手段の使い分けが重要。

デリケートな話し合いをするなら、メールは避けたほうがいいでしょう。
メールは、時間があるときに確認や返信ができるメリットがある一方、デメリットもあります。
「繊細なニュアンスを伝えにくい」「誤解されやすい」「一方通行になりやすい」などです。

会話でいつも泣くのは、相手を疲れさせる。

会話でいつも泣くのは、相手を疲れさせる。

恋人との会話中、泣いてしまうことはありませんか。
もちろんたまに泣く程度ならいいのです。
人間ですから、寂しいときに泣くのは当然。

会話中、泣きそうになったときの3つの対処。

会話中、泣きそうになったときの3つの対処。

恋人との会話のたびに泣くのは要注意です。
会話のたびに泣くと、相手は慰めなくてはいけなくなり、疲れさせるでしょう。
会話にも暗い雰囲気が漂い、気持ちが沈みます。

大切な人との電話で注意したいのは、空腹と満腹。

大切な人との電話で注意したいのは、空腹と満腹。

恋人に電話をするとき、空腹には要注意です。
おなかがすくと、元気が出にくくなりますが、悪影響はそれだけではありません。
いらいらしやすくなったり、頭の回転が鈍くなったりします。

電話は、いつの間にか汚れているもの。

電話は、いつの間にか汚れているもの。

掃除をし忘れやすい盲点の1つ。
それが、電話です。
自宅の固定電話や携帯電話を最後に掃除をしたのはいつですか。

遠距離恋愛では、2種類の電話を使い分けたい。

遠距離恋愛では、2種類の電話を使い分けたい。

遠距離恋愛では、2種類の電話を使い分けてみてはいかがでしょうか。
「普通に電話する日」と「長めに電話する日」です。
まず遠距離恋愛では、電話が欠かせません。

ささいな喧嘩は、ささいなことを覚えていないことから始まる。

ささいな喧嘩は、ささいなことを覚えていないことから始まる。

「前にも話したでしょう。聞いていなかったの?」
そんな一言を恋人から言われたことはありませんか。
以前に恋人が話した内容らしいのですが、自分には記憶がない。

恋人と電話をするときでも、大切な内容は、きちんとメモしておく。

恋人と電話をするときでも、大切な内容は、きちんとメモしておく。

恋人との会話は、できるだけ内容を覚えておくようにしましょう。
ぼうっとしていると、恋人の話を聞き逃したり忘れたりすることがあります。
何度も同じ話をさせると、会話のリズムも悪くなり、恋人を不快にさせるでしょう。

まとまった時間がなければ、連絡ができないと思い込んでいないか。

まとまった時間がなければ、連絡ができないと思い込んでいないか。

まとまった時間がなければ、連絡ができないと思い込んでいませんか。
たしかに恋人とのやりとりは、まとまった時間のほうがたっぷり話ができます。
たとえば、落ち着いて話をするなら、やはりまとまった時間があるほうが便利です。

恋人との会話をスムーズにさせるのは、電話をする前の一口の水。

恋人との会話をスムーズにさせるのは、電話をする前の一口の水。

プロ歌手は、コンサートが始まる直前、一口の水を飲む習慣が一般的です。
プロ歌手なら、もはや当たり前の行為。
歌うときには、喉の調子が大切です。

手元に水を準備しておけば、恋人との長電話も安心。

手元に水を準備しておけば、恋人との長電話も安心。

司会者がイベント中、ときおり水を飲むのを見かけたことがあるでしょう。
喉が渇いたから水を飲むこともありますが、本当の目的は違います。
ずっと話をしていると、喉が乾燥したり疲れてきたりします。

恋人が不機嫌そうなときは、励ますか、電話を切るか。

恋人が不機嫌そうなときは、励ますか、電話を切るか。

電話のとき、恋人の様子がいつもより荒いときがあります。
いつもより言葉遣いが乱暴だったり、面倒くさそうな声だったりなどです。
相手の顔を見なくても、声や雰囲気などからわかります。

不機嫌のときでも、恋人に電話をすべきか、控えるべきか。

不機嫌のときでも、恋人に電話をすべきか、控えるべきか。

不機嫌のときでも、恋人に電話をすべきでしょうか。
「恋人と電話をすれば、不機嫌が収まるかもしれない」と思うかもしれません。
もちろん不機嫌が軽ければ問題ないでしょう。

不機嫌のときは、ルールを守るべきか、無難に控えるべきか。

不機嫌のときは、ルールを守るべきか、無難に控えるべきか。

不機嫌がひどいときは、電話を控えたほうがいいでしょう。
相手を思いやる余裕がなくなり、言葉遣いも乱暴になりがちです。
最悪の場合、相手に八つ当たりして、つまらない喧嘩を引き起こすこともあります。

恋人の機嫌がいいときに電話をする方法。

恋人の機嫌がいいときに電話をする方法。

人間ですから、気分に波があって当然です。
機嫌がいいときもあれば、悪いときもあります。
恋人が目の前にいれば、表情やしぐさなどから、ある程度はわかるでしょう。

いくら寂しくても、深夜に電話をするのは非常識。

いくら寂しくても、深夜に電話をするのは非常識。

「寂しい」という感じ方には、波があります。
日中は寂しさを感じにくいのですが、夜になるにつれて、寂しさが強くなる傾向があります。
とりわけ深夜は、寂しさが最高潮に達しやすい時間帯です。

たまにはお酒の力を借りてみませんか。

たまにはお酒の力を借りてみませんか。

電話での会話でも、少し雰囲気を変える工夫があります。
お酒です。
法律上、お酒を飲める年齢なら、お酒の力を借りてみるのも面白いでしょう。

テレビ電話できれいに映るための6つの準備。

テレビ電話できれいに映るための6つの準備。

テレビ電話の利用には、準備が必要です。
カメラ・マイク・スピーカーと初期設定で、最低限の準備は整います。
もちろん最低限の準備でテレビ電話を楽しむのもいいですが、会話の相手は恋人です。

テレビ電話で見落としがちなリスクとは。

テレビ電話で見落としがちなリスクとは。

遠距離恋愛で利用したいのが、テレビ電話です。
普通の電話とは違い、相手の声だけでなく、表情や動きも確認できます。
目の前にいるような感覚になるでしょう。

電話でのため息は、意外と目立つ。

電話でのため息は、意外と目立つ。

電話でもため息をすると、相手に聞こえます。
たとえば「今日は疲れたな」と言った後、大きな息遣いが聞こえると、ため息だとすぐわかります。
声を出すわけではありませんが、大きく息を吐くときの音は意外と目立ちます。

留守番電話の設定をしておく。

留守番電話の設定をしておく。

遠距離恋愛中は、忘れずに留守番電話の設定をしておきましょう。
恋人から電話が鳴ったとき、確実に出られるとは限りません。
タイミングによっては、電話に出られないときがあります。

留守番電話の設定は、自分だけでなく、恋人にもお願いしておく。

留守番電話の設定は、自分だけでなく、恋人にもお願いしておく。

留守番電話の設定をしっかりしておきましょう。
仕事中・トイレ中・入浴中など、タイミングによっては、電話に出られないことがあります。
留守番電話の設定をしておけば、都合の悪いタイミングに電話があっても、安心です。

留守番電話に切り替わったとき、どんなメッセージを入れておくか。

留守番電話に切り替わったとき、どんなメッセージを入れておくか。

恋人に電話をしたとき、留守番電話に切り替わることがあります。
留守番電話に用件を残すのもいいでしょう。
用件を残すほどでもなければ、そのまま電話を切るのもいいでしょう。

確実に相手の迷惑を避けて、電話をする方法。

確実に相手の迷惑を避けて、電話をする方法。

恋人に電話をしようとしたとき、ある不安が頭をよぎるかもしれません。
「相手に迷惑にならないだろうか」です。
電話をするとき、相手の状況をリアルタイムで知るのは困難です。

満足してから電話を切るより、早めに電話を切り上げる。

満足してから電話を切るより、早めに電話を切り上げる。

電話をするときを思い出してください。
恋人との電話では普通、会話に満足してから電話を切ろうとするでしょう。
たわいもない雑談であっても、恋人と直接話ができる時間は幸せです。

「連絡をくれて当たり前」と思い始めたら、遠距離恋愛のマンネリの第一歩。

「連絡をくれて当たり前」と思い始めたら、遠距離恋愛のマンネリの第一歩。

「連絡をくれて当たり前」と思い始めていませんか。
遠距離恋愛を始めた頃は「連絡をくれるだけで嬉しい」と感じます。
遠いところからわざわざ時間を割いてメッセージを送ってくれることが新鮮に感じるもの。

前向きな話で締めくくると、また話がしたくなる。

前向きな話で締めくくると、また話がしたくなる。

恋人との会話では、暗い話題が出ることもあるはずです。
会えない時期が続けば「会えなくて寂しい」と泣かれるかもしれません。
大事な試験が近づいていれば「試験に合格できるか不安」という話題にもなるでしょう。

電話の切り方が悪いと、恋人の縁も切れる。

電話の切り方が悪いと、恋人の縁も切れる。

恋人と電話をしたとき、電話の切り方が大切です。
「バイバイ」と言った瞬間に電話を切ると、急いで電話を切ったような印象を与えます。
「さっさと会話を終わらせたい」

電話を切った後も、しばらく会話は続いている。

電話を切った後も、しばらく会話は続いている。

電話の会話が終わるのは、いつでしょうか。
「電話を切ったときに終わる」と考えるのが、一般的ではないでしょうか。
電話を切ると、相手との通信が途切れるため、会話をしたくてもできなくなります。

なぜ好きな人と電話をしているときに限って、トイレに行きたくなるのか。

なぜ好きな人と電話をしているときに限って、トイレに行きたくなるのか。

恋人と電話をしているときに限って、トイレに行きたくなる経験はありませんか。
電話をする前は普通であっても、好きな人と話し始めると、急に尿意を催し、トイレに行きたくなる。
たまたまかと思っていると、好きな人と電話をするときは、いつもトイレに行きたくなって悩まされる。

同じカテゴリーの作品