就職活動

面接対策の
30のポイント

読んだ お気に入り1
3

適度な緊張感も、
好印象。

適度な緊張感も、好印象。 | 面接対策の30のポイント

何も緊張していないと、その場を軽視しているように思えます。

緊張感は、悪者として扱われがちですが、誤解です。

悪者なのは、あくまで過度の緊張です。

過度の緊張になると、自分らしさが表現しにくくなり、不自然な様子になります。

思うように話ができなかったり、態度がぎこちなくなったりなどです。

 

しかし、適度な緊張感なら、ないよりあったほうがいい。

適度な緊張感は、その場を尊重している証拠でもあります。

まったく緊張感がなく、平然としている人がいれば、どう感じるでしょうか。

緊張感がないのを歓迎する面接官もいるかもしれませんが、少数のはず。

多くの場合、場を軽視している様子に見え、就業意欲を疑われてしまうのではないでしょうか。

緊張感がゼロの状態は、本人に悪気はなくても、軽視していると誤解される可能性があります。

緊張感はないほうがいいといいますが、まったく緊張感がないのも問題です。

適度な緊張感なら、むしろあったほうがいいのです。

適度な緊張感がある様子は、面接官から見て、面接という場を重視していることが分かります。

真剣に取り組む様子がひしひし伝わるため、適度な緊張感も好印象なのです。

まとめ

面接対策のポイント その3
  • 適度な緊張感を見せ、その場を尊重している様子を伝える。
自己紹介・自己PR・志望動機は、必ず聞かれると思っていい。

もくじ
面接対策の30のポイント
適度な緊張感も、好印象。 | 面接対策の30のポイント

  1. 面接を受けるとき、わくわくしていますか。
  2. 面接対策の第一歩は、両親への挨拶。
  3. 適度な緊張感も、好印象。
  4. 自己紹介・自己PR・志望動機は、必ず聞かれると思っていい。
  5. 1次面接で重視される、3つの評価基準。
  6. 分からない質問は、無理に答えないことも礼儀。
  7. 企業名と同じくらい大事な名前。
  8. 面接の日程を勘違いして無断欠席した場合、どうするか。
  9. 面接でふさわしいのは、同時のお辞儀より分離のお辞儀。
  10. 有名大学だからこそ、横柄な態度には注意したい。
  11. 面接日程がぶつかったとき、どうするか。
  12. 英語力をアピールするなら、英語の面接になる可能性がある。
  13. 容姿に自信がなく、面接でもうつむいてしまうとき、どうすればいいか。
  14. 面接官は、敵ではない。
  15. 会ってから好意を抱くのでは遅い。
    会う前から好意を抱く。
  16. 面接官は、社長かもしれない。
  17. 面接官が優しくても、油断しない。
  18. 面接官の質問には、必ず意図がある。
  19. 面接は、演説の場ではない。
  20. 面接官の心を動かすのは、上手に話す人より、一生懸命に話す人。
  21. 「いい答え」ばかりを意識するから、いい答えではなくなる。
  22. 面接で面白い話をすると、面白いほど落ちるだろう。
  23. 自信がないときは、熱意と意欲を見せる。
  24. 面接中の失禁は、条件が重なると、誰にでも起こりうる。
  25. 企業の商品を愛用していることを伝える。
  26. 外資系企業ではなくても、英語を問われることもある。
  27. 面接官が何を考えているか気にしても、仕方ない。
  28. いらいらした瞬間とは、結果を分ける瞬間。
  29. 面接中に不採用の予感がしても、態度に出さない。
  30. 喫煙できる待合室では、タバコを吸ってもいいのか。

同じカテゴリーの作品