人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
就職活動
就職活動は、応募しないと始まらない。
就職活動
応募数を質問されたときの答え方。
就職活動
就職したい企業が決まる前に、履歴書を書いていい。
就職活動
就職活動中に連絡先が変わった場合、企業に連絡したほうがいいのか。

就職活動
30基本ポイント

お気に入り1 読んだ
24

就職活動は、
何社くらい応募すればいいのか

就職活動は、何社くらい応募すればいいのか。 | 就職活動の30の基本ポイント

職活動で必ず聞かれる、ある疑問があります。

「何社くらい応募すればいいのか」という疑問です。

友達との会話で「何社くらい応募したか」と聞くことも、多いのではないでしょうか。

OB・OG訪問で、先輩に「就職活動では何社くらい応募しましたか」と参考として質問する人もいるでしょう。

自分は20社に応募している状態で「10社しか応募していない」と返事があれば、ほっとするかもしれません。

自分は10社しか応募していない状態で「20社に応募した」と返事があれば、焦る気持ちが強くなるかもしれません。

もちろん相手の状態が気になるのは分かりますが、注意があります。

応募すべき企業の数は、人によって異なるという点です。

多ければいいわけではない。

人によって、進路が異なるからです。

複数の業界を希望する人なら、それだけ応募する企業も多くなるでしょう。

 

一方、1つの業界に絞って就職活動をするなら、応募企業も少なくなるのが自然です。

そもそも業界によって、企業の数も異なります。

応募する企業の数に正解はありません。

ふさわしい応募数は、人それぞれです。

人と比べたところで、心を不安定にさせるだけです。

自分にふさわしい就職活動をしましょう。

他人が応募した企業の数がどうであろうと、自分は関係ありません。

自分が望む仕事を選び、その実現に必要な企業を探すことです。

企業研究を通して興味が出てきた企業数が、自分にふさわしい応募数です。

就職活動の基本ポイント その24

  • 他人応募した企業比較しても不毛だと、
    理解する
就職活動と進学に向けた勉強の両立はできるか。

もくじ
(就職活動の30の基本ポイント)

同じカテゴリーの作品