生き方

50代がしておきたい
30のこと

お気に入り6 読んだ
14

自立したがる子供を、
無理に引き止めない。

自立したがる子供を、無理に引き止めない。 | 50代がしておきたい30のこと

50代になれば、子供が大学に進学する時期と重なるでしょう。

大学の進学を親と相談するとき、子供から地元から離れた大学を希望することがあります。

「地元から離れた大学に進学したい」「大学では一人暮らしをしたい」などです。

そこであなたは、どう答えますか。

大切なわが子ですから「いつまでもそばにいてほしい」と思うでしょう。

親としては、子供が親元を離れるのは心配で当然です。

親元から離れた場所では、親の目が届かず、何があるか分かりません。

 

しかし、そういうとき「ダメだ。許さない」と否定しないでほしいのです。

できるだけ、子供の意思を尊重してほしい。

親元から離れたいと思うのは、自立心の表れです。

一人暮らしをしたいと思うのも、自立心の表れです。

今必要なのは、親離れより、子離れです。

子供は、親が思っているほど、もう子供ではありません。

子供の側は、とっくに親から自立しています。

問題は、親のほうです。

親がいつまでも子供を束縛したままでは、子供が自立しようとしても、自立できません。

親が子供を束縛していては、子供の可能性を、親が踏みつぶしかねません。

本当に子供のことを思うなら、子供の自立心を、ぜひ応援してほしいのです。

甘やかして育てる時期は、終わりました。

わが子とはいえ、もう大学生です。

これからは親元から離れたところで暮らし、世の中の苦しみやつらさを経験させたほうが、子供のためになります。

「親元から離れたい」という提案があれば「気をつけて行ってきなさい」と言いましょう。

涙をこらえてそう言える親が、本当に意味で、子供思いなのです。

まとめ

50代がしておきたいこと その14
  • 子供の自立を、応援する。
責任もストレスも多い50代だからこそ、羽目を外す時間が必要。

もくじ
50代がしておきたい30のこと
自立したがる子供を、無理に引き止めない。 | 50代がしておきたい30のこと

  1. 50代の可能性は、重点の置き方で決まる。
  2. 最も出費が多い50代。
    考えるべきポイントは、消費ではなく投資。
  3. 年相応という意味を、誤解していませんか。
  4. 「今が人生の半分」と考えてみる。
  5. 年齢による印象は、口にするときの態度で決まる。
  6. 50代は、いま一度おしゃれを意識する時期。
  7. 白髪を隠すおしゃれもあれば、白髪を見せるおしゃれもある。
  8. 満足のいく人生のために、今、何ができるか。
  9. 健康維持のキーポイントは、高い健康意識を維持すること。
  10. 礼儀があるから、いい人間関係が、いつまでも続く。
  11. 節目を迎える結婚記念日は、自分の誕生日より大切。
  12. どれだけ社会的に成功しても、家族と仲が悪くなれば、失敗。
  13. 子供の学費は、最優先する。
  14. 自立したがる子供を、無理に引き止めない。
  15. 責任もストレスも多い50代だからこそ、羽目を外す時間が必要。
  16. 今度はあなたが、よき助言者になる番。
  17. 楽しそうに仕事を頑張る姿が、部下への手本。
  18. 自分の言い分が正しくても、強要させるのはよくない。
  19. そこそこの生き方では、そこそこの喜びしか味わえない。
  20. 趣味が、あなたを幸せにする。
  21. 故郷に感謝すると、心に力がみなぎる。
  22. あなたがこれから歩むべき道は、古い友達が知っている。
  23. 同窓会ができるのも、最後になるかもしれない。
  24. 両親の前で笑顔になるのが、よい子供。
    わが子の前で笑顔になるのが、よい親。
  25. 「なぜ」を口癖にするだけで、哲学者になれる。
  26. ショック療法で、再び緊張感を取り戻す。
  27. 「収入と支出」「資産と負債」について、きちんと考えておく。
  28. 空の巣症候群にならないために、子供以外の生きがいを持つ。
  29. 満足に仕事をやり遂げるから、気持ちのいい定年が迎えられる。
  30. 定年退職の後は、どういう過ごし方をする予定ですか。

同じカテゴリーの作品