執筆者:水口貴博

試合で結果を出す30の方法

21

ミスを取り返そうとすると、余計にミスが増える。

ミスを取り返そうとすると、余計にミスが増える。 | 試合で結果を出す30の方法

ギャンブルで大負けする人には、パターンがあります。

「負けを取り返そうとした」です。

必死になれば、多少は挽回できそうですが、現実は違います。

負けを取り返そうと思えば思うほど、余計に負けていくのです。

なぜでしょうか。

自制心を失うからです。

「大変だ」「しまった」と心の動揺が、正常な思考を妨げます。

負けを取り返そうという思いは、人間なら誰でも考える、ささいな考えです。

しかし、これほど危ない考えはありません。

負けを取り返そうと思うほど、自制心を失い、冷静な判断ができなくなります。

どのくらい冷静さを失うのかというと「負ければやめる」という単純な思考さえ、できなくなるほどです。

負けを取り返そうとするときの心理状態は、私たちが思う以上に、不安定です。

甘く見て、ひどい目に遭うのです。

これは、スポーツの世界でも同じです。

もちろんスポーツとギャンブルは異なりますが「ミスを取り返そう」と思ったときの心理状態は、同じです。

自制心を失っているのです。

試合中にミスをしたとき、やはり「ミスを取り返そう」と思います。

リカバリーをしたいと思うのは、人間なら当然の心理ですが、要注意です。

ギャンブルと同様、自制心を失っている状態になり、余計にミスが増えてしまうのです。

勝負で一番大切なのは、力ではありません。

冷静さです。

試合で、冷静さを失ったら、終わりです。

試合の状況を正確に把握することができなくなるため、余計にミスが増えるのです。

不変の法則です。

ミスを取り返そうとするのではありません。

ミスをした瞬間に忘れるのが一番です。

ネガティブなことは、さっと忘れます。

淡々と、冷静に目の前の試合に集中するのみなのです。

試合で結果を出す方法(21)
  • ミスを取り返そうと考えるのは、やめる。
試合中のミスは、ミスをした瞬間に忘れるのが一番。

試合で結果を出す30の方法

  1. 勝とうと思うのではない。
    全力を出し切ろうと思うのだ。
  2. 試合前日、早めに寝ると、かえって体調を崩しやすくなる。
  3. 試合当日は、食べすぎない。
  4. 胸を張りながら両手を腰に当てるだけで、闘争心が高まってくる。
  5. 曇りの日も雨の日も、テンションを上げるきっかけにできる。
  6. なぜプロ選手は「作戦を考えていない」と答えるのか。
  7. 人が求める理想は追わない。
    自分が求める理想を追う。
  8. 試合前に「頑張るから見ていてね」と言えば、潜在的な力が発揮できる。
  9. 負けるところを想像しないのも自己管理。
    勝つところを想像するのも自己管理。
  10. 本番をゴールだと考えない。
    夢に向かう目標の1つだと考える。
  11. 今まで積み重ねてきた練習を思い浮かべると、底力が湧き出てくる。
  12. 初心に返ると、好きな気持ちがよみがえる。
  13. 試合前に言い訳をすると、実力の発揮を妨げる。
  14. 試合が始まってから気合を入れるのでは、遅すぎる。
  15. 顔を叩くと、気合が入りやすい。
  16. 新しいユニホームを着て、本番でどきっとした経験。
  17. 試合前に不利になりやすい、3パターンの目の合わせ方。
  18. 試合前は、にやりとした笑顔で、相手の目をじっと見つめる。
  19. どれだけ格下の弱い相手であろうと、不誠実な態度で戦うのはよくない。
    勝負であるかぎり真剣な態度で挑むこと。
  20. 本番の試合に限って実力を発揮できない選手に抜けている、大事な練習とは。
  21. ミスを取り返そうとすると、余計にミスが増える。
  22. 試合中のミスは、ミスをした瞬間に忘れるのが一番。
  23. 相手選手に「ミスをしろ」と念じるほど、自分がミスをしやすくなる。
  24. 一方的に試合が進んだとき、つまらない試合と面白い試合の違いとは。
  25. どれだけ不利になっても、弱気の表情だけは見せない。
  26. 試合が優勢でも劣勢でも、常に掛け声は出し続ける。
  27. プロ選手が、冷たい水を飲んだり頭からかぶったりする理由とは。
  28. 負けて道具に八つ当たりする人は、実力が伸びない。
  29. 試合が終わった後、応援してくれた人にきちんとお礼を伝える。
  30. 試合に負けて、のこのこ自宅に帰らない。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION