人生の教科書



気力

試合で結果を出す
30の方法

お気に入り5 読んだ
15

試合が始まってから気合を入れるのでは、
遅すぎる。

試合が始まってから気合を入れるのでは、遅すぎる。 | 試合で結果を出す30の方法

試合直前は、気合を入れる必要があります。

「試合が始まれば、自然と気合も入るだろう」と思うのでは、いけません。

試合が始まってから気合を入れるのでは、遅すぎます。

試合が始まるやいなや、相手選手の勢いに飲み込まれて、不利になるでしょう。

一瞬の気の緩みが、流れを作り、試合を左右します。

あっという間に勝負が決まってしまいます。

気合は、試合前に入れておかなければいけません。

試合前にエンジンをフル稼働させておくほうが、勢いよくスタートダッシュができます。

その勢いによって、有利に試合を運べるようになります。

気合の入った初動は、試合の流れを作るポイントなのです。

 

では、どう気合を入れるかです。

目をつぶってじっとすることもありますし、深呼吸を繰り返す方法もあります。

軽く飛び跳ねたり、大きな声を出したりする方法もあります。

スポーツの種類や好みもあるため、気合を入れる方法も、人それぞれです。

大切なことは、自分なりの気合が入るスタイルを確立しておくことです。

「これをやれば、必ず気合が入る」という、自分に合った気合の入れ方を見つけておきましょう。

試合直前に気合を入れる儀式にするのです。

まとめ

試合で結果を出す方法 その15
  • 気合が入る自分のスタイルを確立しておく。
顔を叩くと、気合が入りやすい。

もくじ
(試合で結果を出す30の方法)

同じカテゴリーの作品