スキンケア

にきびが治らないときの
30の意外な原因

  • にきびは、
    れっきとした病気である。
にきびが治らないときの30の意外な原因

もくじ
  1. にきびは、れっきとした病気である。

    「にきびは思春期のシンボル」と言われます。
    思春期になれば、皮脂の分泌量が活発になり、成長期を迎えた証しとされています。
    事実、思春期を迎えた人たちの多くが、にきびに悩まされます。

  2. にきびの直接の原因は、肌の汚れではなく、毛穴の詰まり。

    多くの人は、にきびは肌の汚れが原因だと思います。
    もちろん肌が汚れることでアクネ菌が繁殖すれば、にきびもできやすくなります。
     

  3. にきびができた部分は、汚れていると勘違いしない。

    にきびができている部分は、見た目が汚れているように見えます。
    そう勘違いをする人がいます。
    「にきびができた部分は汚れているから、洗顔料をたっぷりつけて、しっかり洗うほうがいいのだろう」

  4. まめに洗顔をやりすぎるな。

    「まめに洗顔をすれば、にきびが治る」
    そういうアドバイスを耳にしたことがあるのではないでしょうか。
    思春期のにきびでは、皮脂の分泌が多いので、まめな洗顔を勧めるアドバイスをよく耳にします。

  5. にきび用化粧品を使ったときに感じる痛みを、ほうっておかない。

    ひりひり、ひりひり。
    にきび用化粧品を使ったとき、独特のひりひりした痛みを感じることがあります。
    一般的ににきび用の化粧品には、一般的な化粧品より刺激が強い傾向があります。

  6. 乾燥肌でも、にきびはできる。

    にきびは、一般的に脂性肌の人によくできやすいと言われます。
    脂性肌のせいでにきびがひどい人は、大量の皮脂の分泌を恨みます。
    「皮脂さえなくなれば、にきびもできなくなるはずだろう。そうだ。肌を乾燥させればいいんだ」

  7. さらさらした肌の状態を、気持ちいいと勘違いしない。

    「べたつくから、乳液をつけない」
    男性の中には、乳液の独特のべたついた感触が苦手で、洗顔をしても、乳液をつけない人がいます。
    乳液をつけてべたべたしていると、またにきびが悪化するのではないかと思うのです。

  8. 皮脂を悪者扱いすればするほど、にきびの治りは遅くなる。

    「皮脂なんてなければいいのに」
    にきびと化粧崩れの原因になる皮脂。
    メイクでも、スキンケアでも、皮脂はきれいに取り除こうとするアドバイスをよく見かけます。

  9. 洗顔しているにもかかわらず、むしろにきびが悪化する人にありがちなパターン。

    にきびの原因であるアクネ菌は、皮脂を餌にして、繁殖します。
    にきびは、脂性肌の人に、よく見られます。
    にきび改善の基本は、きれいな洗顔です。

  10. にきびがひどい場合は、日焼け止めを塗らないほうがいいの?

    私が学生のころ、普段、日焼け止めを塗っていませんでした。
    にきびがひどかったからです。
    日焼け止めを塗ると、余計ににきびを悪化させるだろうと思い、普段は塗っていませんでした。

  11. にきびの原因になるアクネ菌は、善玉菌だった。

    肌には、1立方センチメートルの範囲に、およそ100万もの常在菌がいると言われています。
    常在菌には、2種類あります。
    善玉菌と悪玉菌です。

  12. 無理なダイエットは、女性らしい雰囲気を失わせる。

    若い女性は、スリムな体型に憧れるものです。
    テレビや雑誌などで活躍しているスタイリッシュなモデルばかりを見ていると、当たり前であるように感じてきます。
    数多くの人の中から選ばれるモデルと比べれば、自分の体格は劣っていることが多いでしょう。

  13. にきび洗顔料のつけ置きは、ご法度。

    ときどき洗面所で、一生懸命ににきび洗顔料で顔を洗っている人を見かけます。
    にきび洗顔料は、殺菌成分が含まれていますから、一般的な洗顔料より刺激があります。
    手に洗顔料をたっぷり広げた後、顔につけるのですが、問題なのはその後です。

  14. 男がにきび治療することを、恥ずかしいことだと思わない。

    思春期の男性は「にきび治療は、恥ずかしいこと」だと思う傾向があります。
    きれいな肌になりたいと思ったり、自分の顔を鏡でじろじろ見たりすることは、嫌がります。
    男性が女性の真似をしているようだと思うのです。

  15. 手を洗おうとするより、爪の垢を落とそうとするほうが、手をきれいに洗える。

    手の中で最も汚れやすいのは、どこだと思いますか。
    やはり、一番汚れているのは「手のひら」ではないかと思いますよね。
    手を洗うときも、汚れているであろう手のひらを、集中的に洗おうとします。

  16. にきびは早く、見慣れてしまうもの。

    にきびがひどいと、学校に行きたくはありません。
    外に出たくもありません。
    日光が、いつもよりまぶしく感じられます。

  17. にきびがあるからこそ、堂々と向かい合って話をしよう。

    私が高校3年生のころ、同級生にO君という友達がいました。
    O君は、顔中ににきびがたくさんありました。
    ただ、あまり問題ではありませんでした。

  18. 余計なプライドがあると、にきびはなかなか治らない。

    私が思春期を振り返り、やり直したいことが1つあります。
    「にきびができたとき、素直に病院に行くべきだった」ということです。
    私は若いころ、にきびにひどく悩まされた人間の1人です。

  19. 若いがゆえに、にきびは治しにくいのかもしれない。

    若くて元気な人ほど、自分の力だけで何とかしようとします。
    「若いのだから、薬なんて必要ない」「人の力は借りない」と思います。
     

  20. 医者からの当たり前のアドバイスも、再認識の機会として、意味がある。

    私はにきびに悩んでいたころ、皮膚科の医者に診てもらったことがあります。
    なかなかにきびが治らないので、わらにもすがる気持ちで診てもらいました。
    肌の状態を見せて、自分の生活状況の話をすると、ある指導を受けました。

  21. 手をきれいにするだけでなく、手で触れやすいところも、清潔にする。

    「部屋の掃除」と言えば、物を片付けたり、整理整頓をしたりなどを浮かべます。
    片付けをする一方で、忘れやすいのが除菌です。
    手で触れやすいところも汚れているはずですから、掃除のタイミングできれいにすることが大切です。

  22. ヘルシーな食事の裏に隠れている、にきびの原因とは。

    「ヘルシー」という言葉には、どんなイメージがありますか。
    ビタミンやミネラルが豊富で、体によい印象がありますよね。
    美肌を意識する女性ほど、ヘルシーな料理に注目することでしょう。

  23. 完全に肉を避けていれば、にきびが減るのは誤解である。

    肉を食べると、にきびができやすくなるのは本当です。
    肉には、脂肪分が多く含まれます。
    特に牛肉です。

  24. 肉を食べるなら、肉の選択が大切なポイント。

    肉を食べると、にきびができやすくなります。
    肉には、脂肪分が多く含まれます。
    動物性脂肪は代謝がよくないため、血中に残りやすく、血中の脂肪濃度が上がります。

  25. にきびはつぶせば早く治るの?

    にきびには、つぶすことが可能なにきびがあります。
    白にきびです。
    白にきびは、皮脂の詰まりが、肌表面のごく浅い部分で起こっています。

  26. 「にきびをつぶしたくてたまらない!」

    顔にふっくら膨れた部分があると、気になって仕方なくなるのです。
    「にきびをつぶしたくてたまらない!」
    経験したことがある人は、このいらいらした気持ちを分かってくれると思います。

  27. ボディーソープで顔を洗ってもいいのか。

    ある日、男友達と一緒に、温泉に行ったとき、印象深い出来事がありました。
    体を洗っているときのことです。
    ボディーソープを使って、体だけでなく、顔まで洗い始めたのです。

  28. ごく平凡な和食ほど、健康的な食事はない。

    海外に留学していたころ、和食のことで、何度か驚かれた経験があります。
    私たち日本人にとって和食といえば、ごく一般的なイメージです。
    私は日本人なので、和食は普段から当たり前に食べています。

  29. 男性の口周りが荒れるのは、必ずしもにきびとは限らない。

    口周りにできると言えば、大人のにきびです。
    男性ホルモンの影響で、口周りの皮脂量が増え、にきびができやすくなるのです。
     

  30. 肌トラブルで苦労した経験を、知識を増やすきっかけに変える。

    私は男性ですが、スキンケアは女性に負けないくらいきちんとやっていると思います。
    メイクはしませんが、スキンケアは力を入れています。
    そうしなければならない状況が、過去にありました。

同じカテゴリーの作品