スキンケア

背中のにきびを治す
30の方法

  • なぜ、
    背中のにきびはできやすく、
    治りにくいのか。
背中のにきびを治す30の方法

もくじ
  1. なぜ、背中のにきびはできやすく、治りにくいのか。

    それはある日、突然のことです。
    「おや。こんなところににきびができた」
    にきびは顔にできるものと思いますが、意外な場所にできることがあります。

  2. まず背中をきれいに洗うことが大切。

    背中のにきび治療の第1は「背中をきれいに洗うこと」です。
    まずこれが一番大切です。
    背中は、皮脂の分泌が多いにもかかわらず、背中は手が届きにくいため、汚れが残りやすい傾向があります。

  3. 背中を見ると、その人の将来像が見える。

    人の将来像が見えるのは、顔だけではありません。
    背中も、人の将来像が見える部分です。
    普段は見えない背中だからこそ、その人がどういう考えを持っているかが分かります。

  4. 今こそ、背中のにきび治療に着手すべき瞬間だ。

    私は普段からよく銭湯に行っています。
    なかなか他人の背中を見る機会は、日常ではありませんよね。
    銭湯に行くと、いろいろな人の背中を見る機会があります。

  5. 私服もパジャマも、毎日、着替えるもの。

    「きちんと背中を洗っているのに、背中のにきびができる」
    その原因は、洗い方より、習慣なのかもしれません。
    身につけている衣服です。

  6. 背中のにきびを、軽い気持ちでつぶさない。

    背中は、顔とは違い、普段隠れている場所です。
    背中のにきびは、顔のにきびに比べて、治療の優先度が下がりやすい傾向があります。
    服を脱がなければ、他人に見られることはありません。

  7. にきびがなかなか治らない原因は、枕元にありませんか。

    顔のにきびが治らない原因は、洗顔だけではありません。
    にきびがなかなか治らない原因は、意外なところにひそんでいます。
    枕カバーです。

  8. 毎日枕カバーの代わりに、タオルを使う。

    にきびがなかなか治らない原因は、枕カバーです。
    睡眠中、横向きに寝ていたり寝返りを打ったりすると、顔についているアクネ菌が枕カバーに移ります。
    せっかく顔をきれいに洗っても、不潔な枕カバーからアクネ菌が移ってしまい、なかなかにきびが治らないのです。

  9. 背中のにきびを治すなら、体を洗う順番に気をつける。

    背中のにきびは、洗い方によって、できやすくなることがあります。
    体を洗うとき、あなたは次のどちらのパターンですか。
    ・頭を洗ってから、体を洗う

  10. ナイロンタイプのタオルは、背中のにきびを悪化させやすい。

    背中のにきびを治すなら、使うタオルも大切です。
    背中のにきびといえば、洗うとき手が届きにくく、汚れが残りやすいため、悪化します。
    まず背中の汚れをきちんと落とすことが大切です。

  11. 背中のにきびには、木綿の素材が、一番優しい。

    身につけている服の素材によって、背中のにきびの改善を妨げることがあります。
    ちくちくした素材です。
    ウール、レース、ニットなど、肌とこすれたときに刺激がある素材はよくありません。

  12. あぶらとり紙は、顔だけでなく、背中や胸にも使う。

    皮脂が出るのは、顔だけだと思っていませんか。
    べたべた気になる顔の皮脂ですが、体の中には、顔より多く皮脂が分泌されるパーツがあります。
    体の中で皮脂が出る部分には、大きく分けて、4つあります。

  13. 椅子の背に座っている姿勢が悪いと、背中のにきびが悪化する。

    背中のにきびができる人は、椅子に座っているときの姿勢が悪いのが特徴です。
    座っているときの姿勢そのものが、にきびに影響するわけではありません。
    座っているときの姿勢が悪いと、椅子の背にもたれやすくなるからです。

  14. 背中のにきびがあるうちは、毎日、鏡で背中をのぞき込む習慣を作ろう。

    顔のにきびは、つぶすと外見からはっきり分かります。
    顔のにきびをうっかりつぶしてしまえば、鏡を見たとき「つぶすべきではなかった。これからは控えよう」と後悔します。
    顔のにきびは、間違った行いを反省しやすい。

  15. 顔の保湿は覚えていても、背中の保湿は忘れやすい。

    洗顔の後は、化粧水で保湿ですね。
    これを忘れる人はいません。
    そのままにしておけば、あっという間に乾燥して、肌がぼろぼろになります。

  16. 朝にもシャワーを浴びて、背中の汚れを落とす。

    朝のシャワーには、さまざまなメリットがあります。
    眠気を覚ます方法だけではありません。
    体臭予防にもなります。

  17. 日に当たりやすい背中だからこそ、にきびも悪化しやすい。

    紫外線。
    実は、にきびを悪化させる隠れた原因です。
    顔に日焼け止めを塗って、にきびが軽くなった経験はありませんか。

  18. いきなり体を洗っても、背中の汚れは、きれいに落とせない。

    さっとシャワーを済ませる人に、注意してほしいことがあります。
    シャワーを浴びるのはいいのですが、いつもさっと浴びる習慣になっていませんか。
    時間がないときには、シャワーは手軽で便利です。

  19. にきびに、飲み薬が効く理由。

    意外なにきび治療に、飲み薬があります。
    一瞬「本当に効くのかな」と疑いますよね。
    にきびは肌の表面にできるため、飲み薬がどういうメカニズムで効くのか、イメージが湧きにくいですね。

  20. 私服を、パジャマの代わりにすると、背中ににきびができる。

    「私服とパジャマが、あまり変わらない」
    そういう声を耳にします。
    私服をパジャマの代わりにしている人がいるのです。

  21. 背中のにきびが悪化するパジャマの素材。
    改善するパジャマの素材。

    寝るときに身につけるパジャマ。
    このパジャマに使われている素材も、背中のにきびに関係します。
    まず言うまでもなく、私服のまま寝るのはよくありません。

  22. いくら香りのいいボディーソープでも、洗い残しがあると、体臭になる。

    機能性の高いボディーソープがあります。
    固形石鹸とは違い、ボディーソープには、さまざまな成分が数多く含まれています。
     

  23. 保湿成分が含まれたボディーソープでよくある、勘違い。

    体臭に悩むなら、体を洗う洗剤は「固形石鹸」がベストです。
    固形石鹸には、余分なものが含まれていないので、最もきれいに洗えます。
     

  24. 魅力的なボディーソープほど、きれいに洗いにくい事情が隠れている。

    背中のにきび改善でよく出る議論があります。
    「固形石鹸を使うか。ボディーソープを使うか」です。
    どういう手段で背中を洗うのかは、問題ではありません。

  25. 顔に使っているにきび薬を、背中にも使っていいの。

    薬局を見ていると、にきびの炎症を抑えたり防止したりする専用の洗顔料や化粧水があります。
     
    たとえば「にきび専用の洗顔料」や「にきび専用の化粧水」などは、その代表です。

  26. せっかくの背中用にきび薬が、効かない単純な理由。

    にきびはにきびでも、顔と背中では、事情が少し異なります。
    顔に使う、塗るタイプのにきび薬を、背中に使っても、大きな効果は出ないことがあります。
    背中の皮膚は、顔より分厚いためです。

  27. 背中にきびの意外な原因となるのが実は「乾燥」。

    にきびは、皮膚の炎症です。
    毛穴に皮脂が詰まってできる、炎症です。
    毛穴が開いていれば、毛穴から皮脂がスムーズに排出されますが、肌が乾燥すると、皮脂が毛穴で詰まり、にきびになるのです。

  28. にきびのかゆみがひどいとき、にきび薬より効果的な薬とは。

    背中ににきびができると、かゆくて引っかいてしまうことがあります。
    引っかくから、にきびがひどくなる。
    にきびがひどくなるから余計にかゆくなり、また引っかいてしまうという悪循環です。

  29. こまめに汗を拭き取るのは、体臭予防と同時に、にきび予防にもなる。

    背中は、体の中でも特別な場所です。
    背中は、皮脂が出る「皮脂腺」と、汗が出る「汗腺」の両方が多い場所です。
    そのうえ、体を洗うときは手が届きにくいので、不潔にもなりやすい。

  30. 最終的に背中のにきび治療は「根気」が切り札になる。

    背中のにきびは、顔のにきびより治りにくい傾向があります。
    背中は汗をかきやすく、皮脂も分泌されやすい部分です。
    そのうえ、手が届きにくいため不潔になりやすい。

同じカテゴリーの作品