スキンケア

スキンケアに必要な
30の美容知識

8
10

肌質は、
生活習慣によって、
変えることができる。

肌質は、生活習慣によって、変えることができる。 | スキンケアに必要な30の美容知識

皮脂の分泌量は、簡単に変えられるものではありません。

皮脂の分泌量は、主にホルモンの影響を大きく受けます。

男性ホルモンや黄体ホルモンの量が多くなればなるほど、皮脂の分泌量も増える特徴があります。

男性なら、生まれつき、男性ホルモンが多く分泌されます。

女性なら、生理前、黄体ホルモンが増えるものです。

遺伝や体質によるものです。

もともと体に備わっている特徴ですから、皮脂の分泌量は簡単には変えられないのです。

 

しかし、です。

若干ではありますが、肌質は、意図的に変えることができます。

まずおなじみの方法は、油を多く含んだ食事を控えることです。

油料理ばかり食べ続けていると、分泌される皮脂も多くなります。

油を控え、あっさりした食事を続けることで、皮脂の分泌量の少ない肌質へと変えることができるのです。

 

さて、ここからがポイントです。

このほか、脂性肌を和らげる、一風変わった方法があります。

わざとたっぷりした保湿を心がけることです。

「皮脂の分泌量」と「保湿」は、深い関係があります。

もともと皮脂とは、乾燥を防ぐために分泌されるものです。

脂性肌の人が、洗顔の後何もつけないでいると、肌は「乾燥するから、もっと皮脂の分泌量を増やさなければ」と悲鳴を上げます。

ホルモンバランスが変化して、皮脂の分泌量が増えてしまうのです。

乾燥させると、皮脂の分泌量が余計に増え、脂性肌を悪化させるのです。

脂性肌の人はべたつきやすいため、化粧水や乳液を省く傾向がありますが、実際は脂性肌を余計に悪化させている状態なのです。

この現象は、逆も言えます。

脂性肌という肌質を改善させたければ、たっぷりした保湿を心がけましょう。

いつも肌が潤っていると、肌は「いつも肌がみずみずしいな。少しは皮脂の量を減らしても大丈夫だろう」と思います。

ホルモンバランスが変化して、皮脂の分泌量が減るのです。

保湿が大切であるというのは、皮脂の分泌量を正常に戻す意味もあります。

肌質は、生活習慣によって、変えることができるのです。

スキンケアに必要な美容知識(10)
  • 脂性肌を緩和させたければ、たっぷりした保湿を心がける。
しわができる本当の原因は、乾燥ではなく、コラーゲンの損傷。

もくじ
スキンケアに必要な30の美容知識
肌質は、生活習慣によって、変えることができる。 | スキンケアに必要な30の美容知識

  1. まず身につけるべきは、化粧品より、美容知識。
    まず身につけるべきは、化粧品より、美容知識。
  2. クレンジングで心がけたい、美の3ステップ。
    クレンジングで心がけたい、美の3ステップ。
  3. 化粧水をつけて、すぐ乳液を塗らない。
    化粧水をつけて、すぐ乳液を塗らない。
  4. 乳液のべたつきが苦手な人は、オリーブオイルやホホバオイルがおすすめ。
    乳液のべたつきが苦手な人は、オリーブオイルやホホバオイルがおすすめ。
  5. いい香りがするアロマオイルは、化粧品に含ませてもいいのか。
    いい香りがするアロマオイルは、化粧品に含ませてもいいのか。
  6. 乾燥対策とは、水分を与えることではない。<br>保湿成分を与えること。
    乾燥対策とは、水分を与えることではない。
    保湿成分を与えること。
  7. コラーゲンを塗っても、肌のコラーゲンにはならない。
    コラーゲンを塗っても、肌のコラーゲンにはならない。
  8. 化粧品に含まれるコラーゲンやヒアルロン酸のよくある誤解。
    化粧品に含まれるコラーゲンやヒアルロン酸のよくある誤解。
  9. 本当のセラミドを使った化粧品の見分け方。
    本当のセラミドを使った化粧品の見分け方。
  10. 肌質は、生活習慣によって、変えることができる。
    肌質は、生活習慣によって、変えることができる。
  11. しわができる本当の原因は、乾燥ではなく、コラーゲンの損傷。
    しわができる本当の原因は、乾燥ではなく、コラーゲンの損傷。
  12. しわ対策は「コラーゲン配合」より「レチノール配合」のほうが、効果的。
    しわ対策は「コラーゲン配合」より「レチノール配合」のほうが、効果的。
  13. 「表皮のしわ」と「真皮のしわ」の違いと対策。
    「表皮のしわ」と「真皮のしわ」の違いと対策。
  14. 濡れた髪を自然乾燥させるのは、髪を傷めるもの。
    濡れた髪を自然乾燥させるのは、髪を傷めるもの。
  15. 濡れた髪をくしでとかすから、髪がぱさぱさになる。
    濡れた髪をくしでとかすから、髪がぱさぱさになる。
  16. 喉の渇きは、体から発する悲鳴である。
    喉の渇きは、体から発する悲鳴である。
  17. 鼻の黒ずみを取るパックにまつわる、私の失敗談。
    鼻の黒ずみを取るパックにまつわる、私の失敗談。
  18. 寝る時間を削ってまで、半身浴をする必要はない。
    寝る時間を削ってまで、半身浴をする必要はない。
  19. 睡眠不足は、犯罪です。
    睡眠不足は、犯罪です。
  20. キュウリを使ったパックは、タイミングに気をつける。
    キュウリを使ったパックは、タイミングに気をつける。
  21. 昔から愛用している化粧品でも、ある日、牙をむくことがある。
    昔から愛用している化粧品でも、ある日、牙をむくことがある。
  22. 原因は必ずしも、1つとは限らない。
    原因は必ずしも、1つとは限らない。
  23. ビタミンの効果は、毎年リニューアルされるものではない。
    ビタミンの効果は、毎年リニューアルされるものではない。
  24. 無駄毛の上手な除毛手順。
    無駄毛の上手な除毛手順。
  25. 荒れた唇には、蜂蜜とラップを使ったパックが効く。
    荒れた唇には、蜂蜜とラップを使ったパックが効く。
  26. ノーメイクや薄化粧の人でも、最低限の紫外線対策は必要。
    ノーメイクや薄化粧の人でも、最低限の紫外線対策は必要。
  27. 眠くて目をこすると、茶色のくまができる。
    眠くて目をこすると、茶色のくまができる。
  28. 顔面マッサージのしすぎは、かえって顔のたるみを進行させる。
    顔面マッサージのしすぎは、かえって顔のたるみを進行させる。
  29. 就寝がずれるとしても、できるだけ1時間以内に抑える。
    就寝がずれるとしても、できるだけ1時間以内に抑える。
  30. どうしても自分で解決できない悩みは、美容皮膚科に頼る選択肢もある。
    どうしても自分で解決できない悩みは、美容皮膚科に頼る選択肢もある。

同じカテゴリーの作品