スキンケア

美容の美意識を高める
30の方法

  • 悩みを解決しようとする姿勢が、
    美しい。
美容の美意識を高める30の方法

もくじ
  1. 悩みを解決しようとする姿勢が、美しい。

    「しみが増えてしまった」
    「にきびができてしまった」
    「顔色が悪いなあ」

  2. 化粧品は、出会うものではない。
    探すものだ。

    センスのいい店や旅行先の店などでは、初めて見る化粧品によく出会います。
    「おや、こんな化粧品があるのか」
    「こんな化粧品、初めて見た」

  3. 病院に行くのが嫌なのではない。
    重い腰が上がらないだけなのだ。

    自分の力だけでは、対処が難しい肌のトラブルがあります。
    皮膚のアレルギー。
    いぼ、しわ、しみ、たるみ、湿疹、やけど。

  4. 本当の美容効果を得るには「たまに」より「毎日」が大切。

    あるところに、美白を心がける1人の女性がいるとします。
    美白を心がけるなら、次の2つのうち、どちらが効果的でしょうか。
    (1)美白パックを、たまに使う

  5. 毛穴の黒ずみは、少しくらいほうっておくほうが、自然に見える。

    「毛穴の黒ずみを何とかしたい」
    美意識の高い女性ですから、小さな毛穴にまで注意を向けるのはさすがです。
    そこでよくあるのが「鼻用の毛穴パック」です。

  6. 毛穴の汚れが目立つ問題は、自分の考えすぎが引き起こしている。

    化粧室で、鏡で自分の顔を間近でチェックしたとき、ふと気づくことがあります。
    毛穴の汚れです。
    「あっ! 毛穴が汚れている。どうしよう」

  7. 1.5リットルの水分も、分けて飲めば、大した量ではない。

    水は、体の60パーセントを構成している重要な要素です。
    水は、体のあらゆるところで必要とされます。
    消化活動が正常に行われたり、体温調整で汗をかいたり、肌に水分が補給されたりします。

  8. 体調のいい日のお風呂上りは、無駄毛処理のベストタイミング。

    無駄毛の処理は、少なからず肌に負担をかけるものです。
    抜く方法であろうと、そる方法であろうと、溶かす方法であろうと、少なからず肌にとって嬉しいことではありません。
    できるだけ肌に負担がないように、気をつけましょう。

  9. 表情筋は、いくつになっても、鍛えられる。

    人の豊かな表情は、たくさんの筋肉が組み合わさってできています。
    表情筋です。
    表情筋とは、表情を作るために使われる筋肉です。

  10. 映画鑑賞は、ポジティブな現実逃避だ。

    私は、映画が大好きです。
    1年に、100本以上は見ていると思います。
    自分では体験できない世界を、短い時間で疑似体験させてくれる道具です。

  11. 「美肌のお茶」と言えば、ローズヒップティー。

    美肌のお茶があるのをご存知ですか。
    ローズヒップティーです。
    ハーブティーの1つです。

  12. 元気がないときこそ、温かい飲み物から、熱をいただく。

    寝起きに元気が出ないとき。
    失恋したとき。
    仕事で疲れたとき。

  13. 甘いものばかり食べていると、老けやすくなる。

    甘いものばかり食べていると、老けやすくなるのは本当です。
    一度に大量の糖分を摂取すると、体の中で「特殊な反応」を引き起こすようになるからです。
    パンを焼いたことはありますか。

  14. 果物には、3つの得がある。

    果物には、3つの得があります。
    まず、おやつとして楽しめることです。
    果物には、豊富なビタミンが含まれています。

  15. 無味乾燥なサプリメントを、おいしく食べられるようにする裏技。

    美肌のためのサプリメントは、なかなか長続きしません。
    サプリメントを、水と一緒に口にしても、味気ないからです。
    水と一緒にごくりと飲み込んでしまえば、味も何もありません。

  16. 女性が栄養ドリンクを飲むのは、恥ずかしいことではない。

    「栄養ドリンクは男性の飲み物」というイメージが強いようです。
    栄養ドリンクを飲むのに、抵抗を感じる女性もいるでしょう。
    「女性が栄養ドリンクを飲むのは、恥ずかしい」

  17. 栄養ドリンクによって得られる本当に効果は「気力の充てん」。

    栄養ドリンクには、その名のとおり、栄養がたっぷり入っています。
    その名前の影響でしょうか。
    栄養ドリンクは、生活が偏っている人が飲むものだというイメージを持つ人がいます。

  18. 手のひらには、目に見えない秘められた力がある。

    あなたは化粧水をつけるとき、コットンを使うタイプですか。
    手のひらを使うタイプですか。
    それぞれに特徴があります。

  19. 美肌に違いを生むのは、肌がかゆいときの、さりげない手のしぐさ。

    肌がかゆいときは、肌をかきます。
    あなたに、試していただきたいことがあります。
    手の甲を蚊に刺されたと仮定して、かゆくなったとします。

  20. 勘違いでも「顔色がいいな」と思えば、元気が出てくる。

    元気は、勘違いによって得られるものです。
    ポイントは、光の使い方です。
    洗面所で顔を洗った後、鏡で自分の顔を見ます。

  21. 首の太さを決めるのは、自分が呼ばれたときの振り向き方。

    「ねえねえ」
    何気なく、自分のことを呼ばれたとき、どう返事をしていますか。
    はっきり名前で呼ばれるわけではなく「ねえねえ」と軽く呼ばれたときです。

  22. 長電話をする習慣を、運動する習慣に活用する。

    電話の発明は、エジソンの白熱電球に次ぐ大発明と言われています。
    考えてもみましょう。
    それまでは話すときといえば、実際に会うしかありませんでしたが、電話で実現できるようになりました。

  23. 生命力をいただくつもりで、食事を口にすること。

    食事をするときは「食べる」という表現を使います。
    単に「食べる」という表現でもいいのですが、どこか横柄です。
    上から目線です。

  24. 食べ慣れた朝食は、元気を出すスイッチだ。

    インドでは、朝からカレーが出ます。
    私たち日本人には、朝からカレーは驚きですが、インド人には当たり前の光景です。
    アメリカでは、朝から肉料理です。

  25. たくさん笑うほど、しわも病気も、予防できる。

    笑うほど、しわができると思う人がいます。
    それは違います。
     

  26. 美容パックの本当の効果は、贅沢な気分を味わうこと。

    美容パックをすると、贅沢な気分になりませんか。
    たっぷりの美容成分が、顔に染み込んでいく気がします。
    自分だけ、特別扱いされているような気分になります。

  27. 暴飲暴食をした翌日は、粗食で反省する。

    暴飲暴食は、よくありません。
     
    しかし、頭では分かっていても、実感がないうちは、気が緩みます。

  28. 睡眠の質がいいほど、成長ホルモンも、たっぷり分泌される。

    美しい肌は、睡眠中に作られます。
    実は、肌の新陳代謝のほとんどは、睡眠中に行われています。
    睡眠中に分泌される成長ホルモンによって、新しい肌がぐいぐい生み出されます。

  29. 毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きる。

    目には見えませんが、私たちの体の中には、時計があります。
    体内時計です。
    夜になると眠くなり、朝になると自然に眠気が覚めるのは、体内時計のおかげです。

  30. お風呂上がりの30分間は、スムーズに寝やすい、ゴールデンタイム。

    眠いときにお風呂に入ると、目が覚めます。
    温かい湯の刺激が肌に触れると、血液の流れが活発になり、脳がさえてくるのです。
    知られていませんが、お風呂は、カロリーも消費します。

同じカテゴリーの作品