スキンケア

大人のにきびを治す
30の方法

お気に入り1 読んだ
17

ティッシュは、
あぶらとり紙より、
皮脂の除去に適している?

ティッシュは、あぶらとり紙より、皮脂の除去に適している? | 大人のにきびを治す30の方法

皮脂をきれいに取り除くなら、あぶらとり紙です。

専用の化粧道具を使えば、余分な皮脂はきれいに取れます。

 

しかし、常にあぶらとり紙が適しているとは限りません。

あぶらとり紙は、高機能すぎて、皮脂を取りすぎやすい傾向があります。

夏場や脂性肌など、皮脂の分泌が盛んなら適していますが、冬場や乾燥肌には、皮脂を取りすぎてしまいやすくなります。

メリットは、時と場合に応じて、デメリットにもなります。

使えるのが、ティッシュです。

ティッシュは、あぶらとり紙ほど、皮脂をしっかり取り除けません。

そのデメリットが、メリットになるのです。

乾燥肌や冬場は皮脂の分泌量が少ないため、あぶらとり紙よりティッシュのほうが、適度に油を取り除けます。

あぶらとり紙と、ティッシュをうまく使い分けましょう。

 

たとえば、夏場はあぶらとり紙を使い、冬場はティッシュです。

脂性肌ならあぶらとり紙、乾燥肌ならティッシュです。

「皮脂の除去といえばあぶらとり紙」という固定観念は不要です。

状況によって使い分けるのが、賢いスキンケアです。

まとめ

大人のにきびを治す方法 その17
  • 季節の変化によって、あぶらとり紙とティッシュを使い分ける。
冷え性にとってショウガは、にきび薬にもなる?

もくじ
大人のにきびを治す30の方法
ティッシュは、あぶらとり紙より、皮脂の除去に適している? | 大人のにきびを治す30の方法

  1. にきびはにきびでも「大人のにきび」なる存在がある。
  2. 口の周りやフェイスラインににきびができれば、ストレスを疑う。
  3. 思春期のにきびと大人のにきびの見分け方。
  4. 社会人になり、口周りににきびができ始める理由。
  5. 自分の感じ方より、口の周りを見たほうが、ストレスの度合いはよく分かる。
  6. 社会人になれば、ストレス発散しすぎるくらいでいい。
  7. 脂性肌が陥りやすい、典型的な悪循環とは。
  8. 大人のにきびには、思春期のにきび洗顔料は使わない。
  9. 化粧道具の貸し借りはしない。
  10. おしゃれなタートルネックも、にきびには大敵。
  11. 無意識に顔を触る癖はありませんか。
  12. なぜストレスを受けると、口周りやフェイスラインににきびができるのか。
  13. 首にできる小さないぼ「アクロコルドン」の正体とは。
  14. 大人のにきびは、睡眠不足を解消するだけで、かなり改善されることが多い。
  15. 物事の受け止め方を変えると、ストレスが減る。
  16. 人を非難する習慣をやめて、励みにする習慣へと変える。
  17. ティッシュは、あぶらとり紙より、皮脂の除去に適している?
  18. 冷え性にとってショウガは、にきび薬にもなる?
  19. 自炊をする人の肌は、なぜ美しいのか。
  20. なぜ医者は「ストレスによってホルモンバランスが崩れている」という表現をするのか。
  21. 大人の宴会の席では、お酒と食事の選び方が大切。
  22. 残業に向けた腹ごしらえは、回転寿司がうってつけ。
  23. 貯金ばかりを考えていると、お金は貯まっても、ストレスがたまる。
  24. 週に一度は、たっぷり体を動かして、汗を出す習慣を作りたい。
  25. 大人のにきびが改善しやすくなるポイントは「パウダータイプ」と「薄化粧」。
  26. 寝るときにパジャマを着るのは、脳のモードを切り替えるスイッチ。
  27. 疲れていることを認めるのは、悪いことだと考えない。
  28. 疲れすぎていると、疲れている自分さえ、気づけない。
  29. 老いを認めたくない気持ちが、大人のにきびに拍車をかける。
  30. 大人のにきびに悩んだら、お風呂に入浴剤を入れる。

同じカテゴリーの作品