スキンケア

アンチエイジングで若返る
30の方法

  • 生まれたときから、
    肌の老化が、
    始まる。
アンチエイジングで若返る30の方法

もくじ
  1. 生まれたときから、肌の老化が、始まる。

    お肌の曲がり角は、いつから始まるのか。
    この問いには、さまざまなフレーズを耳にします。
    「しわが目立ち始めるのは、25歳から」

  2. 肌は、肌身離さず持ち歩いているものと考える。

    身の回りにある道具がどれだけ長持ちするかは、使う人によります。
    特に毎日使う財布は、個人差が出やすい点です。
    乱暴に扱えば、すぐ傷ついたり破れたりします。

  3. しみもしわもたるみも、一番の原因は紫外線。

    年を取れば、しみ、しわ、たるみは避けられないと思われます。
    年を取れば、ある程度、誰にでもできるという認識が、一般的です。
    それは、私たちの生活では、紫外線にさらされた生活が前提になっているからです。

  4. 高機能な化粧品を使うと、肌が怠けたように感じる本当の正体とは。

    「高機能な化粧品を使っていると、肌が怠けてしまった」
    そんな声を耳にすることがあります。
    高保湿をうたう化粧品や美白を促す化粧品などです。

  5. 年齢によって変わるスキンケアは、方法より商品。

    「年を重ねると、スキンケアの方法は変わるのか」
    ふと、そんな疑問が浮かびます。
    基本的にスキンケアの方法は、年齢によって変わることはありません。

  6. 安物すぎる化粧品には、手を出すな。

    化粧品売り場の化粧品を見ていて思うのが、値段の上下差です。
    安い化粧品もあれば、手が届かないほど高額な化粧品まであります。
    「化粧品は、値段の差が激しいな」

  7. 顔面体操をやりすぎると、かえって逆効果になる。

    しわやたるみを予防するための顔の運動があります。
    顔面体操です。
    基本的な顔面体操としては、アルファベットの「E」と「O」を繰り返す方法です。

  8. 顔のたるみを取るための5つの方法。

    年を重ねると、顔のたるみが気になることがあります。
    頬が落ちてきたり、二重顎になったりなどです。
    たるみは、複数の要因が重なってできます。

  9. たるみによる毛穴の改善は、たるみの改善から始めるのがポイント。

    だんだん目立ってくる毛穴。
    そんな毛穴をよく見ると、変わった形をした毛穴を見かけませんか。
    丸い毛穴ではなく、縦長に伸びた毛穴です。

  10. 体のシェイプアップを心がければ、自然と顔のたるみも取れる。

    年齢を重ねると、繊維芽細胞の働きが衰えます。
    繊維芽細胞の働きが衰えると、コラーゲンやエラスチンの生成が衰えるため、弾力が弱ります。
    そこに加齢による代謝の衰えで脂肪が加わると、肌に重みができ、たるみへと変わるのです。

  11. 安物の日焼け止めと高級な抗酸化クリーム。
    効き目があるのはどちら?

    「日焼け止め」と「抗酸化クリーム」があります。
    名前は違っても、どちらもアンチエイジングに有効です。
    日焼け止めは、紫外線防止によって肌の細胞が傷つくのを防ぎ、若々しい肌を保つ効果があります。

  12. リフトアップ用美容液と美白用美容液。
    先に塗るのはどちら。

    美容に関心が強い人は「美容液」という心強い味方がいます。
    「美容液」という商品名からして、ストレートです。
    1滴の液を肌に浸すだけで、魔法のように若返りの効果が得られるような気がしますね。

  13. 体のさびは、抗酸化物質によって遅らせることができる。

    活性酸素は、体の毒です。
    不安定になった原子であり、そばにある細胞を傷つけます。
    呼吸によって取り込んだ2パーセントが、活性酸素に変わるといわれています。

  14. 抗酸化物質「ビタミンC」「ビタミンE」「ポリフェノール」が多く含まれる代表的な食材。

    抗酸化物質を取るためには、抗酸化物質を多く含む食材を把握しておくことが大切です。
    代表的な3つの抗酸化物質「ビタミンC」「ビタミンE」「ポリフェノール」の多い食材をまとめました。
    含有量は、あえて記載していません。

  15. 抗酸化物質による効果はすぐ出ないもの。
    毎日継続することが大切。

    化粧品の保湿効果は、つけた瞬間に分かります。
    しっとり肌に弾力が戻り、生き返ったような感じが目で見ても手で触ってもよく分かります。
     

  16. 化粧水を、より多く肌に塗って、美容成分の効果を高める方法。

    化粧水はたっぷりつけるほど、効果もきちんと表れます。
    少なくとも、規定量以上はつけたいところです。
    乳液や美容液は、たっぷり使いすぎるとべたつくことがありますが、化粧水はべたつきません。

  17. 寝相によって、しわのでき方に違いが出る。

    人によって、寝やすい姿勢はさまざまですね。
    あなたが寝るとき、決まった寝相はありますか。
    寝るときくらい、好きな寝相で寝たいところですが、寝相がしわや美肌にも関係するとなるとどうでしょうか。

  18. しわを伸ばすと、余計にしわが深くなる。

    「しわを伸ばせば、しわが消えるのではないか」
    そう思って、親指と人差し指などを使い、しわをぴんと伸ばすマッサージをしている人がいます。
     

  19. 顔のたるみに「レチノール」や「ビタミンA誘導体」が効くメカニズムとは。

    顔のたるみを取る、リフトアップ化粧品があります。
    顔のたるみだけでなく、たるみによる毛穴対策にも、リフトアップ化粧品は有効です。
    成分をよく見ると「レチノール」や「ビタミンA誘導体」と書かれています。

  20. 二重顎になる人の共通点。
    二重顎にならない人の共通点。

    二重顎は、脂肪と筋力の低下によって起こります。
    「たるみが出てくるのは、年を取ると誰でも同じ。年を取れば、誰でも二重顎になる」
    いいえ、そんなことはありません。

  21. まず「心で思う言葉」を、若々しくしよう。

    言葉は、自分の心に変化をもたらします。
    声に出す言葉ではありません。
    心で思う言葉です。

  22. 年を重ねたから、顎が下がるのではない。
    顎を下げるから、二重顎になり、老いて見える。

    二重顎ができやすい人には、共通点があります。
    下を向いているのです。
    しわやしみに悩んでいると、相手に見られたくないと思って、下を向いてしまいがちです。

  23. サプリメントを完全否定しない。

    サプリメントは、麻薬のようだと思ったことはありませんか。
    サプリメントに頼り始めると、あまりの高機能に引かれ、普段の食事がおろそかになることがあります。
    最終的には、ろくに食事はとらず、サプリメントばかりを取ってしまうのです。

  24. 美容液の効果をきちんと確かめるには、時間がかかる。

    美容液にも、さまざまな種類があります。
    美白効果をうたうもの。
    保湿作用を強化されるもの。

  25. 衰えた肌は、ウォーキングによって再活性がされる。

    定期的にウォーキングしている女性は、みれば分かります。
    年齢と比べて、肌が若々しいのです。
    つやがあり、張りがあります。

  26. 悪習慣を素直に認めない習慣が、老いに拍車をかける。

    「睡眠不足は悪いことですよ」
    そう言うと、決まり文句のように、言い返す人がいます。
    「睡眠不足は昔からの習慣なので、大丈夫です」

  27. 「いただきます」「ごちそうさま」という習慣は、若返る習慣だ。

    早く老ける人は、いきなり食事を始めます。
    食事が終わっても、無言です。
    たとえ老化を防止する抗酸化物質をたくさん含んだ食事をしていても、それでは意味がないのです。

  28. しわは、かけがえのない勲章である。

    鏡を見て、自分のしわに気づきます。
    「ああ。しわがまた1つ増えた。こんなに年を取ってしまった」
     

  29. 人が一番美しいのは、実は笑顔になっているとき。

    しわができるからと言って、笑わない人がいます。
    笑わないので、いつもむすっとしています。
     

  30. 更年期を迎えれば、定期的な美容パックを習慣にしよう。

    女性にとって40代は、特別な年代です。
    更年期があります。
    更年期による衰えが目立ちやすく、肌トラブルが急増しやすい年ごろです。

同じカテゴリーの作品