スキンケア

若々しい肌を保つ
30の方法

  • 美しい人を作るのは、
    習慣である。
若々しい肌を保つ30の方法

もくじ
  1. 美しい人を作るのは、習慣である。

    「私の肌は、荒れやすい」
    「私の肌は、しみができやすい」
    「もともと脂性肌で、にきびができやすい」

  2. 日光浴は、健康によいとは限らない。

    一昔前の母子手帳を見たことがありますか。
    以前の母子手帳には、赤ちゃんの日光浴をチェックする項目がありました。
    母から見せてもらった私の母子手帳にも、たしかに日光浴をチェックする項目がありました。

  3. タバコは、年齢以上に、肌に悪影響を与えるもの。

    新陳代謝は、年齢とともに衰えていきます。
    10代や20代では、およそ28日周期です。
    30代では、およそ31日周期です。

  4. 過度の飲酒は、美肌を妨げる。

    意外にも、お酒は美肌を妨げる習慣の1つです。
    「むしろ美肌によいのではないか」
    そう思っている人も多いことでしょう。

  5. 強い意志を持っている人が、きれいな肌を保つことができる。

    肌に悪い影響を及ぼすものは、大変多くあります。
    お酒、タバコ、ストレス、紫外線、睡眠不足など、たくさんあります。
    ただ、すべてを完全に避けられればいいのですが、そうもいきません。

  6. 目の下のくまには、3種類ある。

    目の下にできる、くま。
    一言で「くま」とはいえ、実は3種類あります。
    「青色のくま」「黒色のくま」「茶色のくま」です。

  7. 目の下にできる3種類のくまを、上手に見分ける方法と対処法。

    目の下にできるくまには、3種類あります。
    睡眠不足などの血行不良による「青色のくま」。
    皮膚のたるみによる「黒色のくま」。

  8. 寝る前のアロマセラピーとマッサージは、美肌にも効く。

    寝ている間、肌の新陳代謝は活発になります。
    夜中は肌にとって、回復の時間です。
     

  9. 小じわやしみが目立ちやすい目元には、目元専用クリームで対処する。

    乳液や美容液などには「目元専用」と書かれているものがあります。
    その名のとおり、目元に使う専用化粧品です。
    乳液も美容液も、顔全体に1種類のクリームで済ませることもできますが、目元には目元専用クリームを使うほうが効果的です。

  10. ツボ押しとマッサージ。
    効果が高いのはどちら?

    美肌に効果的な顔の運動には、2種類あります。
    「ツボ押し」と「マッサージ」です。
    マッサージでもツボ押しでも、血行を促進させたりむくみを取ったりなど、よい影響があることに変わりはありません。

  11. バスタイムの長さは、美肌にも影響する。

    バスタイムの長さは、美肌にも影響します。
    温かい湯に浸っている間、体はいつもより温まり、血行もよくなっています。
    バスタイムの時間が長いほど、新陳代謝が活性化される時間も長くなるため、肌にもよい影響を与えやすいのです。

  12. バランスのよい食事にかかるお金は、美肌のための材料費と考える。

    高級ブランドのバッグは、衝撃や傷に強いのが特徴です。
    厳選された丈夫な素材を、惜しみなく使っています。
    品質の高い高級ブランドほど、素材選びに時間をかけて妥協しません。

  13. 保湿クリームは、必要に応じて使おう。

    乳液のほか「保湿クリーム」という商品があります。
    一般的に「肌は潤っているほうがいい」と言われています。
    そのため「できるだけ保湿対策をするほうがいいだろう」と考えます。

  14. 栄養ドリンクを飲んだ後、真っ黄色の尿を見て、気づくことはありませんか。

    「ごくごくごく」
    栄養ドリンクを飲んだ2時間後にトイレに行くと、驚くべき光景を目にします。
    自分の尿が、真っ黄色なのです。

  15. あなたの周りに、年齢より若く見える人はいませんか。

    「肌がきれいだね。どんなスキンケアをしているの?」
    美しい肌をしている友達を見ると、何か特別なことをしているのではないかと思います。
    「ぜひ、その秘密を知りたい!」

  16. 巧みにうわべを美しく飾った宣伝に、躍らされていませんか。

    次の2つを比べて、どちらのほうに効果があるような気がしますか。
    「ヒアルロン酸配合」
    「たっぷりのヒアルロン酸。赤ちゃんのような、ふっくらした肌がよみがえる!」

  17. 週末にたっぷり寝れば、平日は睡眠不足でもいいのではないか?

    「普段は睡眠不足でも、週末にたっぷり寝れば、肌に影響がないのではないか」
    睡眠の蓄積とは、忙しくなるであろう時期に備え、あらかじめ取っておくことです。
    平日に忙しければ、休日のうちにたっぷり睡眠を取っておこうと思います。

  18. 美容液は、予防として普段から使うほうがいい。

    スキンケアで、化粧水と乳液は必須です。
    乾燥肌の人でも、脂性肌の人でも、にきび肌の人でも、化粧水と乳液は欠かせません。
    欠かせない存在がある一方、微妙な存在があります。

  19. 夜10時から朝2時までは、美肌のゴールデンタイム。

    夜更かしは、肌によくありません。
    眠くなると、血液の流れが悪くなり、老廃物の排出がスムーズに行われなくなります。
    その結果、顔がむくんだり、くすんだり、メイクのノリが悪くなったりします。

  20. 肌を表情としてみると、肌が思っている気持ちが伝わってくる。

    「まったく眠くないから、肌にも影響ないだろう」
    自分は眠くなくて大丈夫だと思っても、肌にはよくありません。
    あなたがどう思っているかより、肌がどう思っているかです。

  21. 寝たら損だと考える人は、余計に損をする。

    「寝たら損だ。寝てばかりでは、人生を無駄に過ごす時間も長くなる」
    客観的に見ると、寝ている時間は、何もしていない時間です。
    無駄を省いて効率を求める人には、起きている時間が長いほど活動時間も長くなるため、人との差をつけられるだろうと思います。

  22. 10代と20代は、守りのスキンケア。
    30代からは、攻めのスキンケア。

    若いうちには、しみやしわがありません。
    10代のうちから、アンチエイジングは、ふさわしくありません。
    若いうちから無理なスキンケアをすると、逆に肌が悪化することもあります。

  23. 若いうちは、無理に高額化粧品を使わなくていい。

    若いうちから美意識が高いのは、よいことです。
    美容知識は、ないよりあったほうが有利です。
    美容知識があることで、正しいスキンケアを早くから始められます。

  24. 極論を言えば、若いうちは「保湿」と「紫外線対策」だけで十分。

    若いうちは、守りのスキンケアです。
    肌の新陳代謝は活発で、つやや張りも十分です。
    スキンケアにも、さまざまな種類があります。

  25. 年を重ねてもしわのない女性に隠された、笑い方の秘密とは。

    顔のしわは、年を取れば誰でもできるとは限りません。
    しわのより方には、個人差はあります。
    その個人差とは「笑い方」です。

  26. 30歳を超えてから購入する美容器具は「イオン導入」がキーワード。

    新陳代謝は、年齢を重ねるにつれて、遅くなります。
    20代はおよそ28日周期ですが、30代にはおよそ31日周期になります。
    40代はおよそ35日周期であり、50代はおよそ40日周期にもなります。

  27. 美肌に有効なホルモン注射は、美肌にどのくらい効果があるの?

    世間には、一風変わった美肌ケアがあります。
    ホルモン注射です。
    ホルモンとは、体にさまざまな影響を与える生理的物質の総称です。

  28. 成長ホルモンの分泌を促す方法は、こんなにも簡単だった。

    薬の中でも、ホルモン剤は、副作用が最も大きなジャンルに入ります。
    大変微量であるにもかかわらず、体の至る所に大きな影響を与える物質です。
    アトピー性皮膚炎になったとき、医師から処方されるステロイドも、ホルモン剤の一種です。

  29. 喉が渇いたとき、何を飲むかが大切。

    美白に効果的なビタミンCは、一気にたくさん取れば、すぐ効果が出る、という話ではありません。
    ビタミンCは、体の中に蓄積できない性質があります。
    栄養ドリンクで「ビタミン1,000ミリグラム」を一気に取り入れても、1,000ミリグラムに相当する効果は得られません。

  30. 異なる効果のある美容液を重ね塗りすれば、それだけ効果はあるの?

    美容液にもさまざまな種類があります。
    保湿効果のある美容液。
    美白効果のある美容液。

同じカテゴリーの作品