アンチエイジングで若返る
30の方法

1
3

生まれたときから、
肌の老化が、
始まる。

生まれたときから、肌の老化が、始まる。 | アンチエイジングで若返る30の方法

お肌の曲がり角は、いつから始まるのか。

この問いには、さまざまなフレーズを耳にします。

「しわが目立ち始めるのは、25歳から」

「肌の弾力の低下は、20歳から始まる」

「肌の衰えは、実は18歳から始まっている」

どれが本当なのだろうかと思います。

しかし、もっと大切な前提を見落としていないでしょうか。

しみやしわだけが、老化のサインではないということです。

しみやしわは、あくまで老化が表面化して、目に見える状態になったものです。

しみやしわがなくても、体の中では、かなり早い段階から老化が始まっています。

では、肌の老化は、いつから始まるのでしょうか。

実は、肌の老化そのものは、この世に生まれた瞬間から始まっているのです。

生まれたばかりの赤ちゃんのころが、最も肌が新しい状態です。

時間が経つにつれて、少しずつ肌は古くなります。

0歳の赤ちゃんより、3歳の子供のほうが肌は古いです。

3歳より10歳の子供のほうが肌は古くなっていますし、10歳のより15歳の子供のほうが肌は古くなっています。

子供のうちは十分な弾力があるため、しみもしわも目立ちませんが、肌の奥では老化による衰えが少しずつ始まっています。

例えて言えば、カーペットです。

買ったばかりの新しいカーペットは、しみや汚れは1つもありません。

最もきれいな状態です。

しかし、買って使い始めた瞬間から、少しずつ劣化が始まります。

紫外線に当たるうちに、色あせてきます。

掃除を繰り返すほど、カーペットの毛がこすれ、表面が粗くなります。

お茶やコーヒーをこぼすと、しみがついてきます。

カーペットがだんだん古びていき、ある時期になると「汚れが目立ってきた」と思い始めます。

「お肌の曲がり角」は、20歳や25歳などという諸説がありますが、スキンケアを重視する目安ではありません。

多くの人が、肌の変化に気づいてからスキンケアを重視しますが、基本的なスキンケアは、もっと若い時期から開始できます。

人生における紫外線の50パーセント以上は、20歳までに浴びるものだと言われています。

「若いうちは肌を乱暴に扱っても回復力があるから問題ないだろう」

そう思うのですが、実際は表面化していないだけで、傷は肌の奥に蓄積されています。

厳密には、生まれた瞬間から肌の老化が始まるわけです。

生まれた瞬間から肌を大切にするのが理想的です。

若いうちから、毎日顔を洗ったり、意味のない日焼けは避けたり、毎日お風呂に入ったりなどです。

基本的なスキンケアですね。

「肌を大事にする」という意識を若いころから持ち続けることは、無駄ではありません。

スキンケアに限らず、肌は生まれたときから大事にしましょう。

アンチエイジングで若返る方法(1)
  • 肌は、生まれたときから、大事にする。
肌は、肌身離さず持ち歩いているものと考える。

アンチエイジングで若返る30の方法
アンチエイジングで若返る30の方法

  1. 生まれたときから、肌の老化が、始まる。
    生まれたときから、肌の老化が、始まる。
  2. 肌は、肌身離さず持ち歩いているものと考える。
    肌は、肌身離さず持ち歩いているものと考える。
  3. しみもしわもたるみも、一番の原因は紫外線。
    しみもしわもたるみも、一番の原因は紫外線。
  4. 高機能な化粧品を使うと、肌が怠けたように感じる本当の正体とは。
    高機能な化粧品を使うと、肌が怠けたように感じる本当の正体とは。
  5. 年齢によって変わるスキンケアは、方法より商品。
    年齢によって変わるスキンケアは、方法より商品。
  6. 安物すぎる化粧品には、手を出すな。
    安物すぎる化粧品には、手を出すな。
  7. 顔面体操をやりすぎると、かえって逆効果になる。
    顔面体操をやりすぎると、かえって逆効果になる。
  8. 顔のたるみを取るための5つの方法。
    顔のたるみを取るための5つの方法。
  9. たるみによる毛穴の改善は、たるみの改善から始めるのがポイント。
    たるみによる毛穴の改善は、たるみの改善から始めるのがポイント。
  10. 体のシェイプアップを心がければ、自然と顔のたるみも取れる。
    体のシェイプアップを心がければ、自然と顔のたるみも取れる。
  11. 安物の日焼け止めと高級な抗酸化クリーム。<br>効き目があるのはどちら?
    安物の日焼け止めと高級な抗酸化クリーム。
    効き目があるのはどちら?
  12. リフトアップ用美容液と美白用美容液。<br>先に塗るのはどちら。
    リフトアップ用美容液と美白用美容液。
    先に塗るのはどちら。
  13. 体のさびは、抗酸化物質によって遅らせることができる。
    体のさびは、抗酸化物質によって遅らせることができる。
  14. 抗酸化物質「ビタミンC」「ビタミンE」「ポリフェノール」が多く含まれる代表的な食材。
    抗酸化物質「ビタミンC」「ビタミンE」「ポリフェノール」が多く含まれる代表的な食材。
  15. 抗酸化物質による効果はすぐ出ないもの。<br>毎日継続することが大切。
    抗酸化物質による効果はすぐ出ないもの。
    毎日継続することが大切。
  16. 化粧水を、より多く肌に塗って、美容成分の効果を高める方法。
    化粧水を、より多く肌に塗って、美容成分の効果を高める方法。
  17. 寝相によって、しわのでき方に違いが出る。
    寝相によって、しわのでき方に違いが出る。
  18. しわを伸ばすと、余計にしわが深くなる。
    しわを伸ばすと、余計にしわが深くなる。
  19. 顔のたるみに「レチノール」や「ビタミンA誘導体」が効くメカニズムとは。
    顔のたるみに「レチノール」や「ビタミンA誘導体」が効くメカニズムとは。
  20. 二重顎になる人の共通点。<br>二重顎にならない人の共通点。
    二重顎になる人の共通点。
    二重顎にならない人の共通点。
  21. まず「心で思う言葉」を、若々しくしよう。
    まず「心で思う言葉」を、若々しくしよう。
  22. 年を重ねたから、顎が下がるのではない。<br>顎を下げるから、二重顎になり、老いて見える。
    年を重ねたから、顎が下がるのではない。
    顎を下げるから、二重顎になり、老いて見える。
  23. サプリメントを完全否定しない。
    サプリメントを完全否定しない。
  24. 美容液の効果をきちんと確かめるには、時間がかかる。
    美容液の効果をきちんと確かめるには、時間がかかる。
  25. 衰えた肌は、ウォーキングによって再活性がされる。
    衰えた肌は、ウォーキングによって再活性がされる。
  26. 悪習慣を素直に認めない習慣が、老いに拍車をかける。
    悪習慣を素直に認めない習慣が、老いに拍車をかける。
  27. 「いただきます」「ごちそうさま」という習慣は、若返る習慣だ。
    「いただきます」「ごちそうさま」という習慣は、若返る習慣だ。
  28. しわは、かけがえのない勲章である。
    しわは、かけがえのない勲章である。
  29. 人が一番美しいのは、実は笑顔になっているとき。
    人が一番美しいのは、実は笑顔になっているとき。
  30. 更年期を迎えれば、定期的な美容パックを習慣にしよう。
    更年期を迎えれば、定期的な美容パックを習慣にしよう。

同じカテゴリーの作品

3:46

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION