スキンケア

若々しい肌を保つ
30の方法

読んだ お気に入り0
27

美肌に有効なホルモン注射は、
美肌にどのくらい効果があるの?

美肌に有効なホルモン注射は、美肌にどのくらい効果があるの? | 若々しい肌を保つ30の方法

世間には、一風変わった美肌ケアがあります。

ホルモン注射です。

ホルモンとは、体にさまざまな影響を与える生理的物質の総称です。

本来ホルモンは、体の特定の臓器で生産され、体液に直接分泌されて運ばれます。

ホルモンの最大の特徴は、効果の大きさです。

量が大変少なくても、大きな作用をもたらします。

 

たとえば、よく知られた成長ホルモンは、その名の取り、成長促進に作用するホルモンです。

成長ホルモンが分泌されると、肝臓に働きかけ、軟骨細胞の増殖を促進させます。

その結果、肌や骨の代謝や成長を促すのです。

わずかな量にもかかわらず、体の至る所に働きかけ、影響を及ぼす効果があります。

それを人為的に注射することで、体に影響や改善をもたらすわけです。

ホルモンの種類によっては、美肌、にきびの治療、さらに豊胸にも効果があると言われます。

そういう効果のある注射があるなら、ぜひお願いしたいと思います。

 

しかし、きれいになりたいという安易な気持ちで、ホルモン剤を注射するのはおすすめしません。

一生涯を通じて分泌されるホルモン量は、小さじスプーンで、たった2杯分といわれています。

ホルモンの最大の特徴は、微量でも、大きな効果をもたらす点です。

これはメリットでもあり、デメリットでもあるのです。

大変少ない量でも大きな効果をもたらします。

ですから、量が少なすぎたり多すぎたりすると、体にとって取り返しのつかない副作用をもたらす恐れがあります。

ホルモンの操作は、神の領域です。

安易な気持ちで、素人が手を出すのは危険です。

もし注射をするなら、特定の病気を治療するとき、十分に経験を積んだ専門医のもとで行われるのが通例です。

美容目的でホルモンに手を出すなら、そうしたリスクをよく考えてからにしましょう。

まとめ

若々しい肌を保つ方法 その27
  • 美容目的でホルモン剤に手を出すなら、リスクをよく考えてからにする。
成長ホルモンの分泌を促す方法は、こんなにも簡単だった。

もくじ
若々しい肌を保つ30の方法
美肌に有効なホルモン注射は、美肌にどのくらい効果があるの? | 若々しい肌を保つ30の方法

  1. 美しい人を作るのは、習慣である。
  2. 日光浴は、健康によいとは限らない。
  3. タバコは、年齢以上に、肌に悪影響を与えるもの。
  4. 過度の飲酒は、美肌を妨げる。
  5. 強い意志を持っている人が、きれいな肌を保つことができる。
  6. 目の下のくまには、3種類ある。
  7. 目の下にできる3種類のくまを、上手に見分ける方法と対処法。
  8. 寝る前のアロマセラピーとマッサージは、美肌にも効く。
  9. 小じわやしみが目立ちやすい目元には、目元専用クリームで対処する。
  10. ツボ押しとマッサージ。
    効果が高いのはどちら?
  11. バスタイムの長さは、美肌にも影響する。
  12. バランスのよい食事にかかるお金は、美肌のための材料費と考える。
  13. 保湿クリームは、必要に応じて使おう。
  14. 栄養ドリンクを飲んだ後、真っ黄色の尿を見て、気づくことはありませんか。
  15. あなたの周りに、年齢より若く見える人はいませんか。
  16. 巧みにうわべを美しく飾った宣伝に、躍らされていませんか。
  17. 週末にたっぷり寝れば、平日は睡眠不足でもいいのではないか?
  18. 美容液は、予防として普段から使うほうがいい。
  19. 夜10時から朝2時までは、美肌のゴールデンタイム。
  20. 肌を表情としてみると、肌が思っている気持ちが伝わってくる。
  21. 寝たら損だと考える人は、余計に損をする。
  22. 10代と20代は、守りのスキンケア。
    30代からは、攻めのスキンケア。
  23. 若いうちは、無理に高額化粧品を使わなくていい。
  24. 極論を言えば、若いうちは「保湿」と「紫外線対策」だけで十分。
  25. 年を重ねてもしわのない女性に隠された、笑い方の秘密とは。
  26. 30歳を超えてから購入する美容器具は「イオン導入」がキーワード。
  27. 美肌に有効なホルモン注射は、美肌にどのくらい効果があるの?
  28. 成長ホルモンの分泌を促す方法は、こんなにも簡単だった。
  29. 喉が渇いたとき、何を飲むかが大切。
  30. 異なる効果のある美容液を重ね塗りすれば、それだけ効果はあるの?

同じカテゴリーの作品