スキンケア

若々しい肌を保つ
30の方法

5
29

喉が渇いたとき、
何を飲むかが大切。

喉が渇いたとき、何を飲むかが大切。 | 若々しい肌を保つ30の方法

美白に効果的なビタミンCは、一気にたくさん取れば、すぐ効果が出る、という話ではありません。

ビタミンCは、体の中に蓄積できない性質があります。

栄養ドリンクで「ビタミン1,000ミリグラム」を一気に取り入れても、1,000ミリグラムに相当する効果は得られません。

ビタミンCは水に溶けやすいため、尿とともに大半が排出されるからです。

本当にビタミンCの効果を得るなら、量より頻度です。

 

では、どう頻度を上げればいいのでしょうか。

その要になるのが、飲み物です。

喉が渇いたとき、ソフトドリンクを飲むのは、健康的な習慣ではありません。

砂糖たっぷりのソフトドリンクは、おいしさでは十分ですが、肌には悪影響です。

糖分をたくさん摂取してしまうと、肌の弾力に関係するコラーゲンの生成を妨げてしまいます。

喉が渇いたときに飲むのは、砂糖たっぷりのソフトドリンクではありません。

果汁100パーセントのフルーツジュースを飲みましょう。

オレンジ、グレープフルーツ、アップル、グレープ、アセロラなど、フルーツはどれもビタミンCがいっぱいです。

ソフトドリンクに引けを取らない、まろやかな甘みもあります。

喉の渇きを潤すと同時に、ビタミンCの補給にもなります。

喉が渇くたびに飲めば、ビタミンCの摂取頻度を上げることができるのです。

一口は少ない量かもしれませんが、吸収率は確実にアップします。

あなたの机に、果汁100パーセントの飲み物を置いておきましょう。

手の届くところに置いておけば、気軽に飲みやすくなります。

水分補給の習慣で、美肌の差がつくのです。

若々しい肌を保つ方法(29)
  • 喉が渇いたら、ビタミンCたっぷりの果汁100パーセントのジュースを飲む。
異なる効果のある美容液を重ね塗りすれば、それだけ効果はあるの?

もくじ
若々しい肌を保つ30の方法
喉が渇いたとき、何を飲むかが大切。 | 若々しい肌を保つ30の方法

  1. 美しい人を作るのは、習慣である。
    美しい人を作るのは、習慣である。
  2. 日光浴は、健康によいとは限らない。
    日光浴は、健康によいとは限らない。
  3. タバコは、年齢以上に、肌に悪影響を与えるもの。
    タバコは、年齢以上に、肌に悪影響を与えるもの。
  4. 過度の飲酒は、美肌を妨げる。
    過度の飲酒は、美肌を妨げる。
  5. 強い意志を持っている人が、きれいな肌を保つことができる。
    強い意志を持っている人が、きれいな肌を保つことができる。
  6. 目の下のくまには、3種類ある。
    目の下のくまには、3種類ある。
  7. 目の下にできる3種類のくまを、上手に見分ける方法と対処法。
    目の下にできる3種類のくまを、上手に見分ける方法と対処法。
  8. 寝る前のアロマセラピーとマッサージは、美肌にも効く。
    寝る前のアロマセラピーとマッサージは、美肌にも効く。
  9. 小じわやしみが目立ちやすい目元には、目元専用クリームで対処する。
    小じわやしみが目立ちやすい目元には、目元専用クリームで対処する。
  10. ツボ押しとマッサージ。<br>効果が高いのはどちら?
    ツボ押しとマッサージ。
    効果が高いのはどちら?
  11. バスタイムの長さは、美肌にも影響する。
    バスタイムの長さは、美肌にも影響する。
  12. バランスのよい食事にかかるお金は、美肌のための材料費と考える。
    バランスのよい食事にかかるお金は、美肌のための材料費と考える。
  13. 保湿クリームは、必要に応じて使おう。
    保湿クリームは、必要に応じて使おう。
  14. 栄養ドリンクを飲んだ後、真っ黄色の尿を見て、気づくことはありませんか。
    栄養ドリンクを飲んだ後、真っ黄色の尿を見て、気づくことはありませんか。
  15. あなたの周りに、年齢より若く見える人はいませんか。
    あなたの周りに、年齢より若く見える人はいませんか。
  16. 巧みにうわべを美しく飾った宣伝に、躍らされていませんか。
    巧みにうわべを美しく飾った宣伝に、躍らされていませんか。
  17. 週末にたっぷり寝れば、平日は睡眠不足でもいいのではないか?
    週末にたっぷり寝れば、平日は睡眠不足でもいいのではないか?
  18. 美容液は、予防として普段から使うほうがいい。
    美容液は、予防として普段から使うほうがいい。
  19. 夜10時から朝2時までは、美肌のゴールデンタイム。
    夜10時から朝2時までは、美肌のゴールデンタイム。
  20. 肌を表情としてみると、肌が思っている気持ちが伝わってくる。
    肌を表情としてみると、肌が思っている気持ちが伝わってくる。
  21. 寝たら損だと考える人は、余計に損をする。
    寝たら損だと考える人は、余計に損をする。
  22. 10代と20代は、守りのスキンケア。<br>30代からは、攻めのスキンケア。
    10代と20代は、守りのスキンケア。
    30代からは、攻めのスキンケア。
  23. 若いうちは、無理に高額化粧品を使わなくていい。
    若いうちは、無理に高額化粧品を使わなくていい。
  24. 極論を言えば、若いうちは「保湿」と「紫外線対策」だけで十分。
    極論を言えば、若いうちは「保湿」と「紫外線対策」だけで十分。
  25. 年を重ねてもしわのない女性に隠された、笑い方の秘密とは。
    年を重ねてもしわのない女性に隠された、笑い方の秘密とは。
  26. 30歳を超えてから購入する美容器具は「イオン導入」がキーワード。
    30歳を超えてから購入する美容器具は「イオン導入」がキーワード。
  27. 美肌に有効なホルモン注射は、美肌にどのくらい効果があるの?
    美肌に有効なホルモン注射は、美肌にどのくらい効果があるの?
  28. 成長ホルモンの分泌を促す方法は、こんなにも簡単だった。
    成長ホルモンの分泌を促す方法は、こんなにも簡単だった。
  29. 喉が渇いたとき、何を飲むかが大切。
    喉が渇いたとき、何を飲むかが大切。
  30. 異なる効果のある美容液を重ね塗りすれば、それだけ効果はあるの?
    異なる効果のある美容液を重ね塗りすれば、それだけ効果はあるの?

同じカテゴリーの作品