執筆者:水口貴博

まとめ
(テーブルマナーのすすめ)
テーブルマナーのすすめ

  • テーブルマナーのかっこいい人を見て、憧れる。
  • フォーマルなレストランで、男女の距離を縮める。
  • 彼女とデート前に「行きつけのレストラン」と「顔なじみの給仕やソムリエ」を作っておく。
  • 愚直に、マナーを学ぶ。
  • 給仕やソムリエに喜ばれる客人になる。
  • ルールを守れる人になる。
  • マナーをマナーと思えなくなるまで、慣れ親しむ。
  • 歯磨きと同じように、しないと落ち着かないくらい、日常の一部にする。
  • 「落ち着く」という癖より「慌てない」という癖をつけておく。
  • 下心のために、おごるのはやめる。
  • 「楽な食べ方」を中心ではなく「品性のある食べ方」を中心に考える。
  • アジア人だからこそ、テーブルマナーを学ぶ。
  • テーブルマナーを、生活レベルを上げる魔法として考える。
  • 盗まれることも忘れることもない財産を、身につける。
  • 子どもと孫のために、マナーを磨く。
  • クレームを言った後は、後日再訪問する。
  • 給仕が元気になるような言葉をかける。
  • マナーの意味を考えながら、食事をする。
  • 最終的には、体に覚えさせる。
  • 相手のことをよく知るために、一度フォーマルレストランで食事をする。
  • 悪い点を指摘して、通のふりをするのはやめる。
  • 気になる点があれば、こっそり給仕にクレームを言う。
  • テーブルマナーを身につけて、可能性を広げる。
  • 美しいテーブルマナーを身につけて、相手を魅了させる。
  • 海外の食事マナーを身につけて、異文化を学ぶ。
  • 変わらない「かっこいい」を、身につける。
  • 外見に恵まれない人は、テーブルマナーで大逆転する。
  • 骨を取る練習を重ねて、魚に対する苦手意識を克服する。
  • 真面目な気持ちを伝えるときに、フォーマルなレストランを利用する。
  • サーブされる側ではなく、する側になり、マナーの根本的な大切さに気づく。

同じカテゴリーの作品

食事マナー」の人気記事

1
「いただきます」と「ごちそうさま」が、一番大切な食事のマナー。
食事マナー
「いただきます」と「ごちそうさま」が、一番大切な食事のマナー。
食事の作法とマナーの30の基本
2
オーダーの際は、友人の分までオーダーできるとかっこいい。
食事マナー
オーダーの際は、友人の分までオーダーできるとかっこいい。
食事の作法とマナーの30の基本
3
オーダーするときには、メニューばかりを見ない。店員の顔を見て、オーダーすることが大切。
食事マナー
オーダーするときには、メニューばかりを見ない。
店員の顔を見て、オーダーすることが大切。
食事の作法とマナーの30の基本
4
食事が済んだら、しっかり椅子を戻す。
食事マナー
食事が済んだら、しっかり椅子を戻す。
食事の作法とマナーの30の基本
5
「何だかこの人と一緒にいると話しやすい」そんな人が心がけている、見えない気遣い。
食事マナー
「何だかこの人と一緒にいると話しやすい」そんな人が心がけている、見えない気遣い。
テーブルマナーの達人が心がける30の心得
6
「いただきます」とは「命をいただきます」という意味。
食事マナー
「いただきます」とは「命をいただきます」という意味。
食事の作法とマナーの30の基本
7
フォーマルなレストランで、1人で食事ができるなら、何でもできるはずだ。
食事マナー
フォーマルなレストランで、1人で食事ができるなら、何でもできるはずだ。
給仕や料理人に喜ばれる30のテーブルマナー
8
フランス料理の一般的なフルコースメニューの順番と意味。
食事マナー
フランス料理の一般的なフルコースメニューの順番と意味。
洋食フルコースで心がけたい30のテーブルマナー
9
「お金を払ってやる」ではなく「お金を払わせていただく」という人が、かっこいい人。
食事マナー
「お金を払ってやる」ではなく「お金を払わせていただく」という人が、かっこいい人。
食事の作法とマナーの30の基本
10
寿司の軍艦巻き。あなたなら、どう醤油をつけますか。
食事マナー
寿司の軍艦巻き。
あなたなら、どう醤油をつけますか。
握り寿司の30の食事マナー
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION