会話

聞き上手になる
30の方法

お気に入り15 読んだ
20

相手の話を否定しないだけで、
あなたの好感度は大幅に向上する。

相手の話を否定しないだけで、あなたの好感度は大幅に向上する。 | 聞き上手になる30の方法

話を聞くときには、相手の話を否定しないことです。

否定をしてしまうと、相手はそれ以上話をしてくれなくなります。

それどころか、あなたに対して嫌悪感を持つことさえあります。

嫌われる人は、決まって話を否定する人です。

「あれでもない。これでもない。きみは分かっていない。違う違う」と言って、話を否定ばかりしていると嫌な顔をされます。

「何を話しても分かってくれないな。なんて理解力のない人なんだろう」と嫌われます。

逆を言えば、あなたが相手の話を否定しないようにするだけで、あなたの好感度は大幅に向上することは間違いありません。

「それもあり得る。これもあり得る。なるほど。たしかにそうだね」

否定ではなく肯定することで「理解のある人」と思われるようになります。

実際に間違った考えなんてありません。

相手の考えに同意できないことでも、相手がそう思ったことなら、それで正しいのです。

あなたと相手は別の人間ですから、自分の価値観を相手に押し付けるようなことをしてはいけません。

むしろ自分とは全然違う相手の話をとことん聞かせてもらう態度でいるほうが、よほど人間関係を向上させることができるのです。

まとめ

聞き上手になる方法 その20
  • 相手の話を否定しないようにする。
すべての人の、すべての会話は、挨拶から始めるだけでいい。

もくじ
聞き上手になる30の方法
相手の話を否定しないだけで、あなたの好感度は大幅に向上する。 | 聞き上手になる30の方法

  1. 人間関係を向上させる一番のコツは、聞き上手になること。
  2. 話をしすぎて嫌われることはあっても、話を聞きすぎて嫌われることはない。
  3. 理解する人が、理解される。
  4. 話が「聞こえる」ではなく、話を「聞く」という態度を取る。
  5. 「聞く」という態度には、相槌を打てばいい。
  6. バリエーションのある相槌を打とう。
  7. 「面白いですね」と言えば、どんどん話が進んでいく。
  8. 自分に置き換えて考えてみると、どんな話にもついていけるようになる。
  9. 「苦しそうですね」を「元気にいきましょうよ」に言い換えよう。
  10. 相手の話を、折らない。
  11. メモを取りながら聞くことで、よい印象を持ってもらえる。
  12. 話は「耳」で聞く。
    理解は「心」で感じる。
  13. 話のしっぽを繰り返すだけで、聞き上手になれる。
  14. あなたの理解力は、あなたの傷ついた経験に比例する。
  15. 話す人は、成長させる人。
    聞く人は、成長する人。
  16. 相手の年齢は聞かない。
  17. 話を聞けば聞くほど、人生の失敗を未然に防ぐことができる。
  18. 悪口を言う人とは、付き合わないようにする。
  19. 話の内容に応じた表情で、話を聞く。
  20. 相手の話を否定しないだけで、あなたの好感度は大幅に向上する。
  21. すべての人の、すべての会話は、挨拶から始めるだけでいい。
  22. 聞くことは、癒すこと。
  23. 「大変だったでしょう」と同感されると、心から軽くなれる。
  24. 質問をすることで、話を盛り上げることができる。
  25. 言葉になったメッセージ、言葉にならないメッセージまで感じ取る。
  26. 口うるさい人へは、聞き手に回ればいい。
  27. 価値観の違う人の話ほど、しっかり話を聞く。
  28. 目には、言葉以上に強い印象がある。
  29. 何でも「Yes」と答えると信用を失う。
    嫌なことは「No」と言える人が信用される。
  30. 本を読める人は、人の話も聞ける人。

同じカテゴリーの作品