自立できる子供に育てる
30の教育法

11
5

育て上手な親は、
子供と
「つかず離れずの距離」を取る。

育て上手な親は、子供と「つかず離れずの距離」を取る。 | 自立できる子供に育てる30の教育法

子供とくっつきすぎている親を「過保護」と呼びます。

子供と離れすぎている親を「放任」と言います。

子供を自立させる親は、くっつきすぎず離れすぎず、うまい具合に子供との距離を保っています。

「つかず離れず」の距離です。

べったりくっつきすぎても居心地が悪いし、だからとはいえ離れすぎていても悲しくなります。

お互いが最も心地よい距離を確保できることが、お互いにとって一番理想的です。

これを心理学では「ヤマアラシ・ジレンマ」と言います。

ヤマアラシは、寒い冬の中、体温を逃がさないために体同士を寄せ合います。

しかし、体を寄せ合うと、お互いのとげが刺さって、傷つけ合うことになります。

とげが刺さらず、なおかつ体温を逃がさないためのちょうどよい距離が、一番理想的な「つかず離れず」の距離です。

このつかず離れずの距離を、子育てにもうまく活用してみましょう。

子供と親との距離は、難しい定義と思われがちですが、簡単に見つける方法があります。

さっきのヤマアラシと同じように、まず近づきすぎてみましょう。

思春期の子供なら、すぐ嫌な顔をします。

そうしたら、少し離れて見るのです。

実際の人と人同士の距離ではありません。

「心と心の距離」です。

離れすぎていると感じれば、心が冷たく感じます。

そのときに、再び少し近づいてみるのです。

そうすることで、だんだんお互いの理想的な距離がつかめてきます。

特に子供を自立させるためには、この距離がキーポイントです。

今は亡き、長谷川町子の有名な漫画『サザエさん』では、1つ屋根の下で、お互いの距離をうまく取っています。

『サザエさん』の家族は、お互い同士がちょうどよい距離を取っているのです。

いつもカツオはテストで悪い点を取って、サザエさんに叱られます。

それでも、サザエさんの目を盗んで、野球をするためにこっそり家を抜け出そうとします。

そんなときに「待ちなさい」とサザエさんにいつも見つかる、という話の流れがあります。

カツオが何とか野球をするために家を抜け出そうとする姿は、自立しようとする姿です。

カツオは何だかんだ叱られても、それでもやりたいこと(野球)のために一生懸命抜け出そうとします。

しかし、しっかりカツオは家に帰ってきます。

テストで悪い点を取って、ワカメちゃんには笑われ、お父さんにも叱られます。

カツオは叱られることがわかっていても、しっかり帰ってくるのは、やはり家族の輪の中が一番居心地いいからです。

「つかず離れず」の距離でお互いが温め合い、1つの輪を構成しているのが「家族」です。

漫画『サザエさん』では、そんな理想的な家族を描いている手本だったのです。

自立できる子供に育てる教育法(11)
  • つかず離れずの距離を、漫画『サザエさん』から、学ぶ。
「ダメな子」と言うと、子供がダメになる。
「それでいいんだよ」と言うと、成長する。

自立できる子供に育てる30の教育法
自立できる子供に育てる30の教育法

  1. 子供は、自分から自立していく。
    子供は、自分から自立していく。
  2. 勉強は、学校で学ぶ。<br>感情は、家庭で学ぶ。
    勉強は、学校で学ぶ。
    感情は、家庭で学ぶ。
  3. 甘えさせてもいい。<br>ただし、甘やかしてはならない。
    甘えさせてもいい。
    ただし、甘やかしてはならない。
  4. 「難しい」と答えると、子供は自立できない。<br>「簡単」と答えると、子供は自立する。
    「難しい」と答えると、子供は自立できない。
    「簡単」と答えると、子供は自立する。
  5. 子供は、親の真似をする。<br>自立した親からは、自立さえも真似をする。
    子供は、親の真似をする。
    自立した親からは、自立さえも真似をする。
  6. 「痛み」を経験することで、免疫ができる。
    「痛み」を経験することで、免疫ができる。
  7. 親が笑うと、子供は安心する。
    親が笑うと、子供は安心する。
  8. 子供の経験を、親が横取りをしない。<br>自分のことは、自分でさせるだけでいい。
    子供の経験を、親が横取りをしない。
    自分のことは、自分でさせるだけでいい。
  9. 子供に押し付ける親は、失敗する。<br>子供に任せる親が、慕われる。
    子供に押し付ける親は、失敗する。
    子供に任せる親が、慕われる。
  10. 「子供を理解する親」が、愛される。
    「子供を理解する親」が、愛される。
  11. 育て上手な親は、子供と「つかず離れずの距離」を取る。
    育て上手な親は、子供と「つかず離れずの距離」を取る。
  12. 「ダメな子」と言うと、子供がダメになる。<br>「それでいいんだよ」と言うと、成長する。
    「ダメな子」と言うと、子供がダメになる。
    「それでいいんだよ」と言うと、成長する。
  13. 親の口癖は、人生の教訓。
    親の口癖は、人生の教訓。
  14. 働く姿を見せると、子供は自立できる。
    働く姿を見せると、子供は自立できる。
  15. 自分の部屋を持つことで「管理能力」を養うことができる。
    自分の部屋を持つことで「管理能力」を養うことができる。
  16. 自立するために必要なのは、親離れより子離れ。
    自立するために必要なのは、親離れより子離れ。
  17. 子供にあえてお金を持たせることで、金銭感覚を磨かせることができる。
    子供にあえてお金を持たせることで、金銭感覚を磨かせることができる。
  18. 「叱る教育」ではなく「褒める教育」をする。
    「叱る教育」ではなく「褒める教育」をする。
  19. 聞くは一時の恥。<br>聞かぬは一生の恥。
    聞くは一時の恥。
    聞かぬは一生の恥。
  20. 大事な場面での沈黙が、子を育てる。
    大事な場面での沈黙が、子を育てる。
  21. 勝ち負けより、全力を出し切ったかどうかが大切。
    勝ち負けより、全力を出し切ったかどうかが大切。
  22. 「大丈夫」と言うだけで、子供の可能性は広がっていく。
    「大丈夫」と言うだけで、子供の可能性は広がっていく。
  23. 自分のことを教えてくれる一番の先生は、自分だ。
    自分のことを教えてくれる一番の先生は、自分だ。
  24. 学生の仕事は「勉強」だ。
    学生の仕事は「勉強」だ。
  25. 子供の長所は、好きなだけやらせるときに、大きくなる。
    子供の長所は、好きなだけやらせるときに、大きくなる。
  26. 「何になりたいか」より「何がしたいのか」。
    「何になりたいか」より「何がしたいのか」。
  27. 家族旅行で、親の自立した姿を見せることができる。
    家族旅行で、親の自立した姿を見せることができる。
  28. 「自問自答」できる人が、自立する。
    「自問自答」できる人が、自立する。
  29. 「かわいい子には、旅をさせよ」
    「かわいい子には、旅をさせよ」
  30. 泣きたいときには、泣かせてあげよう。<br>泣くことで、子供は強くなる。
    泣きたいときには、泣かせてあげよう。
    泣くことで、子供は強くなる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION