投資

上手にお金を使う
30の方法

読んだ お気に入り7
15

子供のころから、
お金を持たせることで、
金銭感覚を磨くことができる。

子供のころから、お金を持たせることで、金銭感覚を磨くことができる。 | 上手にお金を使う30の方法

お金は、稼ぐより使うほうが難しいのです。

お金を稼ぐためには、ただ働いていれば、生きていくだけの最低限のお金は手に入ります。

 

しかし、お金の使い方は、使い方しだいで薬にもなり毒にもなります。

あるときは、人の人生を明るくさせ、あるときは人生をダメにさせてしまう諸刃の剣なのです。

車の運転と同じように、使い方には、練習が必要です。

親は、子供に小さいころから、その練習をさせてあげなければなりません。

お年玉を、すぐ取り上げてしまう親がいます。

「子供がそんな大金を手にするものではありません。お母さんが預かっておきます」と言うのです。

親が、奪ってはいけません。

子供は、小さいころから、金額は少なくていいですから「本物のお金」を持たせることが大切です。

子供ですから、使い方がめちゃくちゃになるでしょう。

金銭感覚が分かっていないため、とんでもないところにとんでもないお金を使ってしまうはずです。

苦しい経験をするのは、本人です。

親は、子供がお金で苦しむ様子を、黙って見ていることです。

苦しむ経験が、本人の金銭感覚を磨きます。

私は子供のころから「お金は、自分の力で管理しなさい」と親に言われていました。

特にお年玉はやはり大金が突然財布の中に飛び込んできます。

私の親は、それでも決して、お金を取り上げることはしませんでした。

私は大金の管理に困り、一時期、通信販売やゲームにお金を使ってしまいました。

私には、貴重な「金銭感覚を磨く機会」です。

小さいころから、お金では損をしたり得をしたりと経験を積んでいますから、今はお金に大失敗ということはありません。

子供には、金銭感覚を磨かせる機会を与えましょう。

金額は小さくてもかまいません。

「お金を使う」ことがどういうことなのか、小さいころから練習しておけば、大人になって間違いを起こすことはなくなります。

まとめ

上手にお金を使う方法 その15
  • 子供から、お金を取り上げないようにする。
お金の使い方が上手になると、お金持ちになれる。

もくじ
上手にお金を使う30の方法
子供のころから、お金を持たせることで、金銭感覚を磨くことができる。 | 上手にお金を使う30の方法

  1. 使ったらなくなるお金を、使ってもなくならない財産に変えることが、上手なお金の使い方。
  2. お金を自分に投資することで、人生を明るくすることができる。
    自己投資するだけでいい。
  3. 友達のために、お金を使う。
  4. お金で騙されたら「勉強になった」と考え、次から生かすことが大切。
  5. 「お金持ち」が、幸せだとは限らない。
    「心持ち」の人が、本当に幸せな人だ。
  6. お金は「生き金」として使うことが大切。
    「好きなこと」に使うと、お金が生きてくる。
  7. 社会全体のお金の流れは、体全体の血液の流れと同じ。
    流れを止めないことが大切。
  8. 「ありがとうございました」で、お金に気持ちを込めることができる。
  9. お金を支払うときは「笑顔」になるとかっこいい。
  10. 自分のお金で支払うと、お金の価値が分かる。
    お金の重みを知ることが、勉強になる。
  11. 身銭を切ると、何でも勉強になる。
  12. お金は、アンバランスな使い方で正常。
    お金をよく使うところに才能が隠れている。
  13. 「お金を払ってやる」という考え方では、偉そうになる。
    かっこいいお金の払い方。
  14. お金は、あの世にまでは持っていくことができない。
    生きているうちに、使い切ることが大切。
  15. 子供のころから、お金を持たせることで、金銭感覚を磨くことができる。
  16. お金の使い方が上手になると、お金持ちになれる。
  17. 自分と周りの人を楽しませるためにお金を使うと、効果が倍になる。
  18. お金に、くよくよしない。
  19. お金のやりとりは、両手を使うのが、かっこいいマナー。
  20. お金のやりとりでは、早いほうが信用される。
  21. 値段を値切ると、気持ちまで値切られる。
    「おまけ」をしてもらえばいい。
  22. お金より大切なことは「友達」だ。
    お金ではできないことが、友達にはできる。
  23. カードより、現金を持つと、金銭感覚が磨かれる。
  24. 自分が楽しめるお金の使い方なら、すべて正解。
    どれだけ自分が楽しめるかが大切。
  25. カードを投げる人は、お金に対して感謝がない。
  26. 金額は、相手が決める。
    価値は、自分が決める。
  27. 割り勘をやめると「お金のやりとり」から「気持ちのやりとり」ができるようになる。
  28. 金銭感覚は、比べることで身につく。
  29. お金があるときに限ってやってくる人には、気をつけよう。
    お金に引き寄せられた人かもしれない。
  30. 使ったお金で「消えない財産」に変える。
    「消えない財産」で「死んでも消えない財産」に変える。

同じカテゴリーの作品