自立できる子供に育てる
30の教育法

12
21

「ダメな子」と言うと、
子供がダメになる。
「それでいいんだよ」と言うと、
成長する。

「ダメな子」と言うと、子供がダメになる。「それでいいんだよ」と言うと、成長する。 | 自立できる子供に育てる30の教育法

子育てには、子供に言ってはいけない禁句があります。

「ダメな子」です。

子供が失敗をしたときに「何てことをするの! ダメな子ね」とひどく叱る親がいます。

ダメな子という言い方をされると、子供は自分の人格を否定された気分になります。

最初は誰でもわからないことだらけです。

失敗しない子供なんて、聞いたことがありません。

子供は、失敗のプロです。

親は子供の失敗に対して、寛容になる姿勢が求められます。

子供には「ダメな子」とだけは、言わないようにしましょう。

「ダメな子」では、子供の人格を否定してしまうことになります。

代わりに「それでいいんだよ」と言えばいいのです。

「それでいいんだよ」という言葉は、肯定する言葉です。

失敗しても「それでいいんだよ」と一言言われるだけで、許された気持ちになれるのです。

私は、車の免許を取るときに、最後の卒業検定の実技で落ちてしまいました。

それまでは、ずっとストレートで車の試験に合格していたのに、最後の最後で落ちてしまいました。

一生懸命に勉強し、それも真面目にやっていただけに、大きなショックを受けて落ち込んでいました。

私が落ち込んだ様子で、実技で落ちてしまったことを母に話すと「そうそう、それでいいんだよ」と言われました。

母は優しい顔で、こう続けて言いました。

「ストレートで合格したら、調子に乗って車を運転してしまう。何回も失敗を味わいながら、練習するほうがいい」と言いました。

私ははっとしました。

この一言に、私は一気に救われました。

母は、車を運転するのが苦手な人です。

母も私と同じように、免許を取るときに苦労した分、私の気持ちがわかるのでしょう。

母は私のことを理解しているだけでなく、私の失敗をも受け入れてくれます。

そんな母を、私はさらに尊敬してしまいます。

私の母の哲学は「失敗をしなさい」ということです。

私は小さいころから、たくさん失敗をしましたが、いつも母の失敗を受け入れる優しさに何度も救われてきました。

失敗して、叱られてやる気はなくなっても、許されてやる気がなくなることはありません。

「それでいい」という母の前向きな失敗を受け入れる姿勢が、いつの間にか私にも移ってしまったようです。

その後、私は無事に、実技にも合格し、今は運転免許を持っています。

車の免許を取るときの失敗は、今となっては母の優しさを知った思い出の1つになっています。

自立できる子供に育てる教育法(12)
  • 「ダメな子」と言うのではなく「それでいいんだよ」と言う。
親の口癖は、人生の教訓。

自立できる子供に育てる30の教育法
自立できる子供に育てる30の教育法

  1. 子供は、自分から自立していく。
    子供は、自分から自立していく。
  2. 勉強は、学校で学ぶ。<br>感情は、家庭で学ぶ。
    勉強は、学校で学ぶ。
    感情は、家庭で学ぶ。
  3. 甘えさせてもいい。<br>ただし、甘やかしてはならない。
    甘えさせてもいい。
    ただし、甘やかしてはならない。
  4. 「難しい」と答えると、子供は自立できない。<br>「簡単」と答えると、子供は自立する。
    「難しい」と答えると、子供は自立できない。
    「簡単」と答えると、子供は自立する。
  5. 子供は、親の真似をする。<br>自立した親からは、自立さえも真似をする。
    子供は、親の真似をする。
    自立した親からは、自立さえも真似をする。
  6. 「痛み」を経験することで、免疫ができる。
    「痛み」を経験することで、免疫ができる。
  7. 親が笑うと、子供は安心する。
    親が笑うと、子供は安心する。
  8. 子供の経験を、親が横取りをしない。<br>自分のことは、自分でさせるだけでいい。
    子供の経験を、親が横取りをしない。
    自分のことは、自分でさせるだけでいい。
  9. 子供に押し付ける親は、失敗する。<br>子供に任せる親が、慕われる。
    子供に押し付ける親は、失敗する。
    子供に任せる親が、慕われる。
  10. 「子供を理解する親」が、愛される。
    「子供を理解する親」が、愛される。
  11. 育て上手な親は、子供と「つかず離れずの距離」を取る。
    育て上手な親は、子供と「つかず離れずの距離」を取る。
  12. 「ダメな子」と言うと、子供がダメになる。<br>「それでいいんだよ」と言うと、成長する。
    「ダメな子」と言うと、子供がダメになる。
    「それでいいんだよ」と言うと、成長する。
  13. 親の口癖は、人生の教訓。
    親の口癖は、人生の教訓。
  14. 働く姿を見せると、子供は自立できる。
    働く姿を見せると、子供は自立できる。
  15. 自分の部屋を持つことで「管理能力」を養うことができる。
    自分の部屋を持つことで「管理能力」を養うことができる。
  16. 自立するために必要なのは、親離れより子離れ。
    自立するために必要なのは、親離れより子離れ。
  17. 子供にあえてお金を持たせることで、金銭感覚を磨かせることができる。
    子供にあえてお金を持たせることで、金銭感覚を磨かせることができる。
  18. 「叱る教育」ではなく「褒める教育」をする。
    「叱る教育」ではなく「褒める教育」をする。
  19. 聞くは一時の恥。<br>聞かぬは一生の恥。
    聞くは一時の恥。
    聞かぬは一生の恥。
  20. 大事な場面での沈黙が、子を育てる。
    大事な場面での沈黙が、子を育てる。
  21. 勝ち負けより、全力を出し切ったかどうかが大切。
    勝ち負けより、全力を出し切ったかどうかが大切。
  22. 「大丈夫」と言うだけで、子供の可能性は広がっていく。
    「大丈夫」と言うだけで、子供の可能性は広がっていく。
  23. 自分のことを教えてくれる一番の先生は、自分だ。
    自分のことを教えてくれる一番の先生は、自分だ。
  24. 学生の仕事は「勉強」だ。
    学生の仕事は「勉強」だ。
  25. 子供の長所は、好きなだけやらせるときに、大きくなる。
    子供の長所は、好きなだけやらせるときに、大きくなる。
  26. 「何になりたいか」より「何がしたいのか」。
    「何になりたいか」より「何がしたいのか」。
  27. 家族旅行で、親の自立した姿を見せることができる。
    家族旅行で、親の自立した姿を見せることができる。
  28. 「自問自答」できる人が、自立する。
    「自問自答」できる人が、自立する。
  29. 「かわいい子には、旅をさせよ」
    「かわいい子には、旅をさせよ」
  30. 泣きたいときには、泣かせてあげよう。<br>泣くことで、子供は強くなる。
    泣きたいときには、泣かせてあげよう。
    泣くことで、子供は強くなる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION