自立できる子供に育てる
30の教育法

15
4

自分の部屋を持つことで
「管理能力」を養うことができる。

自分の部屋を持つことで「管理能力」を養うことができる。 | 自立できる子供に育てる30の教育法

私が生まれて初めて自分の部屋を持ったのは、小学校の高学年になったときでした。

それまでは、ずっと妹と同じ部屋で勉強をしていました。

寝るときも、両親と妹と私とで寝る形でした。

1人だけの空間は、まだありませんでした。

子供はまだ幼いころは親と一緒にいたがりますが、思春期あたりから1人の時間を持ちたがります。

これを世間では「プライベート」と呼びます。

今まで親と一緒にいたがっていた子供が、思春期を迎えたくらいから手のひらを返したかのように1人になりたがります。

私の場合、小学校の高学年ごろから「プライベート」を持ちたくなりました。

親と相談した結果、親は自分の部屋を持つことを許してくれました。

妹は1階にある1室を与えられ、私は2階にある1室を与えられました。

今まで妹と一緒に使っていた2段ベッドを上下切り離して、上側は妹に与えられ、下側は私に与えられました。

私1人だけの部屋を持つようになってから、部屋の管理はすべて自分でさせられるようになりました。

私にとって、今の自己管理能力が備わってきた原点は、ここにあります。

何を、どこに、どう置くか。

自分にとって快適な空間を作り上げるために、私は知恵を振り絞ります。

最初は、部屋がめちゃめちゃに散らかっていました。

今まで、ずっと親がやってきた部屋の管理を、これから自分一人で任せられると、最初はなかなかうまくいかないのです。

自立するために子供にしてもらいたい経験は、この「知恵を絞り出す経験」です。

最初はうまくいかなくても、子供本人にやらせてみることで、子供は自分の部屋のために、知恵を絞り出そうとします。

「どうすればいいのかな」と、自問自答するのです。

自己管理能力は、才能ではありません。

自分で養うものなのです。

子供のころに与えられた部屋が、子供の自己管理能力を鍛え上げるのです。

自立できる子供に育てる教育法(15)
  • 子供に、1人部屋を与える。
自立するために必要なのは、親離れより子離れ。

自立できる子供に育てる30の教育法
自立できる子供に育てる30の教育法

  1. 子供は、自分から自立していく。
    子供は、自分から自立していく。
  2. 勉強は、学校で学ぶ。<br>感情は、家庭で学ぶ。
    勉強は、学校で学ぶ。
    感情は、家庭で学ぶ。
  3. 甘えさせてもいい。<br>ただし、甘やかしてはならない。
    甘えさせてもいい。
    ただし、甘やかしてはならない。
  4. 「難しい」と答えると、子供は自立できない。<br>「簡単」と答えると、子供は自立する。
    「難しい」と答えると、子供は自立できない。
    「簡単」と答えると、子供は自立する。
  5. 子供は、親の真似をする。<br>自立した親からは、自立さえも真似をする。
    子供は、親の真似をする。
    自立した親からは、自立さえも真似をする。
  6. 「痛み」を経験することで、免疫ができる。
    「痛み」を経験することで、免疫ができる。
  7. 親が笑うと、子供は安心する。
    親が笑うと、子供は安心する。
  8. 子供の経験を、親が横取りをしない。<br>自分のことは、自分でさせるだけでいい。
    子供の経験を、親が横取りをしない。
    自分のことは、自分でさせるだけでいい。
  9. 子供に押し付ける親は、失敗する。<br>子供に任せる親が、慕われる。
    子供に押し付ける親は、失敗する。
    子供に任せる親が、慕われる。
  10. 「子供を理解する親」が、愛される。
    「子供を理解する親」が、愛される。
  11. 育て上手な親は、子供と「つかず離れずの距離」を取る。
    育て上手な親は、子供と「つかず離れずの距離」を取る。
  12. 「ダメな子」と言うと、子供がダメになる。<br>「それでいいんだよ」と言うと、成長する。
    「ダメな子」と言うと、子供がダメになる。
    「それでいいんだよ」と言うと、成長する。
  13. 親の口癖は、人生の教訓。
    親の口癖は、人生の教訓。
  14. 働く姿を見せると、子供は自立できる。
    働く姿を見せると、子供は自立できる。
  15. 自分の部屋を持つことで「管理能力」を養うことができる。
    自分の部屋を持つことで「管理能力」を養うことができる。
  16. 自立するために必要なのは、親離れより子離れ。
    自立するために必要なのは、親離れより子離れ。
  17. 子供にあえてお金を持たせることで、金銭感覚を磨かせることができる。
    子供にあえてお金を持たせることで、金銭感覚を磨かせることができる。
  18. 「叱る教育」ではなく「褒める教育」をする。
    「叱る教育」ではなく「褒める教育」をする。
  19. 聞くは一時の恥。<br>聞かぬは一生の恥。
    聞くは一時の恥。
    聞かぬは一生の恥。
  20. 大事な場面での沈黙が、子を育てる。
    大事な場面での沈黙が、子を育てる。
  21. 勝ち負けより、全力を出し切ったかどうかが大切。
    勝ち負けより、全力を出し切ったかどうかが大切。
  22. 「大丈夫」と言うだけで、子供の可能性は広がっていく。
    「大丈夫」と言うだけで、子供の可能性は広がっていく。
  23. 自分のことを教えてくれる一番の先生は、自分だ。
    自分のことを教えてくれる一番の先生は、自分だ。
  24. 学生の仕事は「勉強」だ。
    学生の仕事は「勉強」だ。
  25. 子供の長所は、好きなだけやらせるときに、大きくなる。
    子供の長所は、好きなだけやらせるときに、大きくなる。
  26. 「何になりたいか」より「何がしたいのか」。
    「何になりたいか」より「何がしたいのか」。
  27. 家族旅行で、親の自立した姿を見せることができる。
    家族旅行で、親の自立した姿を見せることができる。
  28. 「自問自答」できる人が、自立する。
    「自問自答」できる人が、自立する。
  29. 「かわいい子には、旅をさせよ」
    「かわいい子には、旅をさせよ」
  30. 泣きたいときには、泣かせてあげよう。<br>泣くことで、子供は強くなる。
    泣きたいときには、泣かせてあげよう。
    泣くことで、子供は強くなる。

同じカテゴリーの作品

2:40
related

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION