場を盛り上げる
30の会話術

28
19

会話に、
正論を持ち込まない。

会話に、正論を持ち込まない。 | 場を盛り上げる30の会話術

「水口さんは、よくそれだけ話が書けますね」

よくこういうお便りをいただきます。

それは正論を持ち込んでいないからだと思います。

正しい、間違っているという考えは、あまり好きではありません。

何だかそう考えると、夢がありません。

それ以上がないからです。

固定されています。

「正しい」「間違っている」を会話に持ち込むと、話の流れは悪くなります。

話がしづらくなります。

何が正しいのか、何が間違っているのかは、状況や人によって違うからです。

自分が正しいと思い込んでいることを言えば、さりげなく、誰かを否定することにもなりかねません。

「失恋はしないほうがいいよね」という会話をすれば、失恋中の人を傷つけます。

何が正しいのか、何が間違っているのかは、状況や人によって違います。

私は、正論は作るものだと思っています。

状況によって、どんな事柄も明るい話になります。

それに気づきました。

「こういう見方をすれば明るくなるよ」という話をしています。

もし暗い話が出たとき、うきうきします。

「さあ、この暗い話をどうやって明るい話に変えてやろうか」

課題を与えられたかのように思え、やる気が出るのです。

そういう課題を解こうとすると、自分も元気になります。

暗い話を明るい話に転化すると、聞いてくれた人も元気になります。

そういう考え、そういう話は、私に限ったことではありません。

世の中にある、あらゆる出来事が前向きになります。

会話でも同じです。

「これは正しい」

「これは間違っている」

正否を求める話をしていませんか。

「正しい話をすれば明るくなる。間違っている話をすれば暗くなる」と思います。

しかし、どちらも大差はありません。

正しい話も間違っている話も、どちらも息苦しさがありませんか。

縛られているような気がするからです。

人間が考え方に縛られている。

そうではないのです。

人間が、考えを自在に操るのです。

正しい、間違っているという話をするくらいなら「こうすれば、明るい話になるよ」という話をしましょう。

それは自分で考え方を広げたり、変化させたりしている状態です。

人間が、考え方を操っています。

見方によっては、どんな話も「これはいいね」という話になります。

そういう話を見つけるのではありません。

そういう見方をしましょう。

だから、次々と話が出てきます。

私の目の前にあるすべてが、ネタになります。

すべてが、明るい話になるのです。

場を盛り上げる会話術(28)
  • 会話に正論を持ち込まず、すべてを前向きに考える。
意外な発言を聞いても、どん引きした表情を表に出さない。

場を盛り上げる30の会話術
場を盛り上げる30の会話術

  1. 嫌いな話で盛り上げるより、好きな話で盛り上げる。<br>これが気持ちのいい会話の鉄則。
    嫌いな話で盛り上げるより、好きな話で盛り上げる。
    これが気持ちのいい会話の鉄則。
  2. 大きな反応を心がけると、会話のテンポは、どんどんよくなる。
    大きな反応を心がけると、会話のテンポは、どんどんよくなる。
  3. 会話の反応は、言葉より表情に力を入れる。
    会話の反応は、言葉より表情に力を入れる。
  4. 「うん。<br>そうだね」より「うん。<br>うん。<br>そうだね」。
    「うん。
    そうだね」より「うん。
    うん。
    そうだね」。
  5. 「どうせ誰にでも言っているんでしょ」は禁句。
    「どうせ誰にでも言っているんでしょ」は禁句。
  6. わからない話が出たとき、相手を褒めるチャンスでもある。
    わからない話が出たとき、相手を褒めるチャンスでもある。
  7. 会話の乗りがいい人は、負けるとわかっている喧嘩を売ってくる。
    会話の乗りがいい人は、負けるとわかっている喧嘩を売ってくる。
  8. お互いの共通点は、会話が盛り上がりやすい。
    お互いの共通点は、会話が盛り上がりやすい。
  9. 質問しながら、相手をさらりと褒める方法。
    質問しながら、相手をさらりと褒める方法。
  10. 歓迎するフレーズを言えば、会話の乗りが自然とよくなる。
    歓迎するフレーズを言えば、会話の乗りが自然とよくなる。
  11. 返事をあと0.1秒早くするだけで、会話のテンポは変わる。
    返事をあと0.1秒早くするだけで、会話のテンポは変わる。
  12. リラックスできるとはいえ、椅子の背にもたれたままの会話はよくない。
    リラックスできるとはいえ、椅子の背にもたれたままの会話はよくない。
  13. 経験がなくても会話を続けられる、上手な返事の仕方。
    経験がなくても会話を続けられる、上手な返事の仕方。
  14. 大まかに話すと、会話のテンポがよくなる。
    大まかに話すと、会話のテンポがよくなる。
  15. 「感謝」だけの表現から「感謝+褒める」の表現へと変える。
    「感謝」だけの表現から「感謝+褒める」の表現へと変える。
  16. 嫌いなことの話をすると、なぜか大笑いする。<br>そんな相手の本当の心理に、気づいていますか。
    嫌いなことの話をすると、なぜか大笑いする。
    そんな相手の本当の心理に、気づいていますか。
  17. 会話中、一瞬時計に視線が動くだけで、会話のテンポが悪くなる。
    会話中、一瞬時計に視線が動くだけで、会話のテンポが悪くなる。
  18. 会話を、会話だけで、終わらせない。
    会話を、会話だけで、終わらせない。
  19. 「少し違う」と思うくらいでは、あえて反論しない。
    「少し違う」と思うくらいでは、あえて反論しない。
  20. テーマについて知っていることを聞かれる前に話すと、盛り上がる。
    テーマについて知っていることを聞かれる前に話すと、盛り上がる。
  21. 会話上手な人は、いざというときのために、飴玉を持っている。
    会話上手な人は、いざというときのために、飴玉を持っている。
  22. 誰かと一緒に飲むお酒は、適量を守りにくい。
    誰かと一緒に飲むお酒は、適量を守りにくい。
  23. 同じ会話は二度とできない意識を持つ。
    同じ会話は二度とできない意識を持つ。
  24. 自分の話した好物の話が、相手の人生を豊かにする。
    自分の話した好物の話が、相手の人生を豊かにする。
  25. 相手を元気にさせる魔法の言葉。<br>「その魅力は何?」
    相手を元気にさせる魔法の言葉。
    「その魅力は何?」
  26. 「その気持ちわかる」より「似たような経験がある」のほうがいい。
    「その気持ちわかる」より「似たような経験がある」のほうがいい。
  27. 気の利いた返事をされると、いくら話をしても、疲れない。
    気の利いた返事をされると、いくら話をしても、疲れない。
  28. 会話に、正論を持ち込まない。
    会話に、正論を持ち込まない。
  29. 意外な発言を聞いても、どん引きした表情を表に出さない。
    意外な発言を聞いても、どん引きした表情を表に出さない。
  30. いずれにせよは、言わないほうがいい。
    いずれにせよは、言わないほうがいい。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION