受験対策

受験勉強の集中力を出す
30の方法

読んだ お気に入り6
29

姿勢を正すと、
集中力が出る。

姿勢を正すと、集中力が出る。 | 受験勉強の集中力を出す30の方法

「成績が悪い子は、姿勢の悪い子が多い」

「成績がいい子は、姿勢のいい子が多い」

こうした話をご存知ですか。

有名な法則なので、すでにご存知かもしれませんね。

姿勢と成績には、深い相関関係があります。

なぜ関係するのか、あらためて整理したいと思います。

まず腰が曲がっていると、呼吸が自然と浅くなります。

椅子にもたれ掛かったり猫背になっていたりすると、胸の辺りが圧迫されて、自然と呼吸が浅くなってしまいます。

体の血液循環も悪化して、体や脳に行き渡る酸素も不足します。

その結果、ぼうっとして集中力が低下します。

また、疲れやすさにも影響します。

一見、楽に思える猫背ですが、背骨には大きな力が入り、負担になっています。

姿勢が悪いと疲れやすくなり、勉強も長く集中できなくなってしまいます。

集中力をつけるために必要なのは、姿勢をよくすることです。

姿勢がよくなるだけで、自然と集中力が向上すると言っても過言ではありません。

腰が伸びることで、呼吸が深くなり、血液循環が正常になり、酸素も十分に供給されます。

また胸を圧迫することもないので、血液の循環がよくなって、酸素が体に十分に行き渡ります。

もちろん脳へも供給される酸素も増え、集中力が向上します。

腰を伸ばすとき、ほんの少し腰に力を入れますが、椅子にもたれ掛かる姿勢に比べればはるかに小さな力ですみます。

大きな大木は、まっすぐ伸びているからこそ安定します。

少しでも木が斜めに傾くと、付け根の辺りで強い力が加わり、木がダメになってしまいます。

しかも「腰が伸びていれば疲れにくい」というメリットもあります。

ぴんとまっすぐ伸びていると、腰周りに入れる力が小さくて済み、長時間姿勢と集中力を維持することができるのです。

まとめ

受験勉強の集中力を出す方法 その29
  • 背筋を伸ばして、集中力を高める。
落ち込みをパワーに変える人は、必ず試験に強くなる。

もくじ
受験勉強の集中力を出す30の方法
姿勢を正すと、集中力が出る。 | 受験勉強の集中力を出す30の方法

  1. 「勉強時間×集中力×勉強法=成績」
  2. 勉強時間は短くてもいいから、続ける。
  3. やる気を求めて遊牧せよ。
  4. うるさい親や先生を黙らせるなら、勉強しろ。
  5. なぜ集中力のある人の机は、シンプルなのか。
  6. 音楽からやる気をもらっても、勉強中にはかけないほうがいい。
  7. 勉強中にどうしても音楽を聴きたければ、歌詞のない音楽がいい。
  8. 大きすぎると、感覚がつかめなくなる。
    目標は、小さいほうが集中しやすい。
  9. 「もう少ししたら勉強」ではなく「今すぐ勉強」がいい。
  10. 図書館が勉強に適している、3つの理由。
  11. 好きな科目から始めれば、重い腰も上がりやすくなる。
  12. 「短い締め切り」があるから、やる気と集中力が生まれる。
  13. 目覚まし時計が鳴ったら、すぐ起きる習慣をつける。
  14. 自分に嘘をついて、いい意味で自分を騙す。
  15. 勉強の調子を上げるなら、部活は続けたほうがいい。
  16. 常に全力を心がければ、すべてがうまくいく。
  17. 「成功像を想像して奮起」と「失敗像を想像して奮起」。
  18. なぜ、時間がある土日に限って、思うように勉強できないのか。
  19. 分からない問題をその日のうちに解決できれば、記憶にも深く残り続ける。
  20. 予習をするから、勉強が面白くなる。
  21. 予習をするから感動できる。
    感動するから人生が変わる。
  22. テストを見せ合う約束をすれば、お互いが向上できる。
  23. 「集中の儀式」がある人は、勉強に強い。
  24. 小腹がすいたときスナック菓子を食べると、集中力が低下する。
  25. ダイエット中に勉強をしても、失敗する。
  26. 10回音読して10回書けば、嫌でも覚える。
  27. クラシック音楽と勉強には、深いつながりがある。
  28. 区切りのいいところまでは、手を止めない。
  29. 姿勢を正すと、集中力が出る。
  30. 落ち込みをパワーに変える人は、必ず試験に強くなる。

同じカテゴリーの作品