受験対策

受験勉強の集中力を出す
30の方法

読んだ お気に入り9
3

やる気を求めて遊牧せよ。

やる気を求めて遊牧せよ。 | 受験勉強の集中力を出す30の方法

遊牧民族をご存知ですか。

1つの場所に定住せずに、牛や馬などを連れて豊かな牧草地を求めて移動しながら生活を送る人々のことをいいます。

同じ場所で狩りを続けると、獲物の絶対数が少なくなります。

悪天候のため土壌が荒れて、移動せざるを得ないこともあるでしょう。

より獲物の多く、土壌も豊かなところへ移動し、生活をつないでいます。

移動ばかりの遊牧民は、意外な強さを発揮しています。

腹が減っても、天候が荒れても、ほかの土地に移動すればいいですから、あらゆる変化に強いです。

遊牧民が繁栄した理由は、この「柔軟性」にあります。

受験においても、遊牧生活は強い。

あなたのそばには、勉強熱心な人はいますか。

やる気のある人の近くにいると、さまざまな好影響を受けます。

勉強に役立つ情報を教えてもらったり、ためになる参考書などを見せてもらったり、いろいろ影響を受けることでしょう。

あなたにやる気がなくても大丈夫です。

やる気のある人に近づけばいい。

勉強のやる気になっている人に近づけば、自然と熱意が伝わってやる気が出てきます。

その人が落ち込んだり、やる気のないときがあったりすれば、ほかにやる気のある人を探しましょう。

周りに1人くらいは、いるはずです。

やる気のある人の間を渡り歩く遊牧民になれば、環境を問わず、やる気を維持したまま勉強に打ち込むことができるようになります。

さまざまな友達に触れて、さまざまな価値観を知るチャンスにもなるでしょう。

やる気を出さなくても、ある人から移してもらえばいいのです。

まとめ

受験勉強の集中力を出す方法 その3
  • やる気ある友達へ、渡り歩く。
うるさい親や先生を黙らせるなら、勉強しろ。

もくじ
受験勉強の集中力を出す30の方法
やる気を求めて遊牧せよ。 | 受験勉強の集中力を出す30の方法

  1. 「勉強時間×集中力×勉強法=成績」
  2. 勉強時間は短くてもいいから、続ける。
  3. やる気を求めて遊牧せよ。
  4. うるさい親や先生を黙らせるなら、勉強しろ。
  5. なぜ集中力のある人の机は、シンプルなのか。
  6. 音楽からやる気をもらっても、勉強中にはかけないほうがいい。
  7. 勉強中にどうしても音楽を聴きたければ、歌詞のない音楽がいい。
  8. 大きすぎると、感覚がつかめなくなる。
    目標は、小さいほうが集中しやすい。
  9. 「もう少ししたら勉強」ではなく「今すぐ勉強」がいい。
  10. 図書館が勉強に適している、3つの理由。
  11. 好きな科目から始めれば、重い腰も上がりやすくなる。
  12. 「短い締め切り」があるから、やる気と集中力が生まれる。
  13. 目覚まし時計が鳴ったら、すぐ起きる習慣をつける。
  14. 自分に嘘をついて、いい意味で自分を騙す。
  15. 勉強の調子を上げるなら、部活は続けたほうがいい。
  16. 常に全力を心がければ、すべてがうまくいく。
  17. 「成功像を想像して奮起」と「失敗像を想像して奮起」。
  18. なぜ、時間がある土日に限って、思うように勉強できないのか。
  19. 分からない問題をその日のうちに解決できれば、記憶にも深く残り続ける。
  20. 予習をするから、勉強が面白くなる。
  21. 予習をするから感動できる。
    感動するから人生が変わる。
  22. テストを見せ合う約束をすれば、お互いが向上できる。
  23. 「集中の儀式」がある人は、勉強に強い。
  24. 小腹がすいたときスナック菓子を食べると、集中力が低下する。
  25. ダイエット中に勉強をしても、失敗する。
  26. 10回音読して10回書けば、嫌でも覚える。
  27. クラシック音楽と勉強には、深いつながりがある。
  28. 区切りのいいところまでは、手を止めない。
  29. 姿勢を正すと、集中力が出る。
  30. 落ち込みをパワーに変える人は、必ず試験に強くなる。

同じカテゴリーの作品